ジーニー『第9回Web&デジタルマーケティングEXPO【秋】』に出展 ~CRM/SFA・MA・チャットボットを活用したBtoBの受注率UPとBtoCのCVR改善事例をご紹介~

株式会社ジーニー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:工藤智昭)は、2019年10月23日(水)~25日(金)に幕張メッセで開催される『 第10回 Japan IT Week【秋】 』内の『第9回Web&デジタルマーケティングEXPO【秋】』に出展いたします。

今回の展示会では、顧客管理/営業管理システム「ちきゅう」・マーケティングオートメーション「MAJIN」・チャットボットツール「Chamo」の3サービスを展示し、来場者の皆さまのビジネスモデルに応じたソリューションをご提案いたします。


公式サイト:https://d.japan-it.jp/ja/Expo/6330424

開催概要
日時:2019年10月23日(水) ~10月25日(金) 10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)
場所:幕張メッセ(千葉市美浜区中瀬2-1)
ブース:6ホール 小間番号16-50
申込方法:リンク先の専用フォームより「無料招待券」をお申込みください。
https://www.japan-it-autumn.jp/ja-jp/contents/inv-gate.html
展示内容:
・MAとCRM/SFAを活用し効率的に受注率UPとなった事例紹介
・MAによるOne to One配信でリピート率UPとなったシナリオ運用方法
・サイト上のチャット自動対話でCVRを改善する手法
お問い合わせ:
​株式会社ジーニー 営業統括本部 マーケティング担当 
TEL : 03-5909-8174  Email : mkt@geniee.co.jp

顧客管理/営業管理システム「ちきゅう」 

「ちきゅう」は顧客管理・商談管理・データ分析等が一体となったクラウドベースのサービスです。シンプルで使いやすく、営業部門だけでも使いこなせるため、専門家いらずでレポート設計などを活用でき、ビジネスのPDCAが実現しやすいことが特徴です。従業員10名のスタートアップ企業様から、従業員1,000人規模の創業100年の企業様、中堅企業様まで、幅広いお客様にご利用いただいています。
URL:https://chikyu.net/

マーケティングオートメーション「MAJIN」

「MAJIN(マジン)」は、ジーニーが自社開発したマーケティングオートメーション(MA)です。外部広告データ、見込み客の属性情報、Webサイト行動や配信反応などの各種データを統合/分類し、顧客状況に応じたパーソナライズド・コミュニケーションを実現。見込み客獲得~購買・成約までのマーケティング&セールスプロセスを自動化し、効果的なパターンを可視化します。
URL:https://ma-jin.jp/

チャットボット「Chamo

「Chamo」は累計導入社数4,500社を誇る、国産No.1(※)チャットボットツールです。サイト訪問者のフォローによる問い合わせ率向上、チャットを用いたカスタマーサクセス活動による解約防止、アップセル活動など、幅広くご活用いただいております。Chamoはコミュニケーションを最適化することで売上向上、工数削減を実現します。
(※)2018年10月15日時点、株式会社インターアローズ調べ(Datanyze “Live Chat” Category, October 15, 2018, Japan)。
URL:https://chamo-chat.com/

ジーニーについて

ジーニーは、「テクノロジーで新しい価値を創造し、クライアントの成功を共に創る」というミッションのもと、企業の収益拡大・生産性向上など様々な課題解決につながるソリューションを開発・提供するマーケティングテクノロジーカンパニーです。

 



<会社概要>

代表者:代表取締役社長 工藤 智昭

本社:東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー6階
設立:2010年4月
資本金:1,539百万円(2019年3月末現在)
従業員数:258名(連結、2019年3月末現在)
海外拠点:シンガポール、ベトナム、インドネシア、タイ、インド
事業内容:マーケティングテクノロジー事業
コーポレートサイト:https://geniee.co.jp/



 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ジーニー >
  3. ジーニー『第9回Web&デジタルマーケティングEXPO【秋】』に出展 ~CRM/SFA・MA・チャットボットを活用したBtoBの受注率UPとBtoCのCVR改善事例をご紹介~