プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社FABRIC TOKYO
会社概要

FABRIC TOKYOのサステナブルアップデート #10 オーダーメイドのコートの生地を活用しブランケットをハンドメイド 店舗でのおもてなし、防寒対策に使用

株式会社FABRIC TOKYO

株式会社FABRIC TOKYOは、アパレル業界から持続可能な社会の実現を目指すための取り組み「サステナブルアップデート」の一環として、オーダーメイドのコートを制作する際に生まれる残布を利用したブランケットを制作し、店舗での使用を開始しました。

ブランケットは、社内で1点1点、ハンドメイドで制作しており、ご来店いただいたお客さまへのおもてなしや、店舗スタッフの防寒対策として使用されています。

アパレル業界の大量生産、大量廃棄は、環境問題における深刻な課題の一つです。リサイクル、リユースやリメイクを積極的に行い、循環型モデルで廃棄を減らしていくことが必要です。小さなことでもクリエイティブな発想でアイデアを生み出し、お客さまにも喜んでいただけるような取り組みとして形にしていくことを目指します。

  • FABRIC TOKYOのサステナブルアップデートとは
株式会社FABRIC TOKYOは、「Lifestyle Design for All」をミッションに掲げ、カスタムウェアの民主化を通じて人生や世界を楽しくすることを目指し、オーダービジネスウェアブランド「FABRIC TOKYO」、働く女性のためのオーダーウェアブランド「INCEIN」を展開しています。

サービスを作っていく上でFABRIC TOKYOが大切にしている「HI-3(※)」と呼ぶ3つのフィロソフィーのひとつに、「HI-SUSTAINABILITY」があります。
 

労働者の搾取、多様性の欠如、環境破壊など、サステナビリティの観点からアパレル業界全体で取り組まなければいけない課題は多岐にわたります。そのような状況の中で、クリエイティブな発想で今の私たちにできることからサステナビリティの実現に取り組むチャレンジを「サステナブルアップデート」と呼んでいます。

※  PHILOSOPHY FABRIC TOKYOが大切にしている3つのこと
https://fabric-tokyo.com/pages/concept
 
  • ブランケット制作の背景
FABRIC TOKYOでは、オーダースーツの他、ジャケット、シャツ、パンツなどのビジネスカジュアルアイテムに加え、コートもオーダーメイドでお作りいただくことができます。オーダーコートを制作する際に、サイズによっては少しだけ布が余ってしまう場合があり、そのような生地を活用できないかと検討していました。

FABRIC TOKYOの店舗には、パートナーや小さなお子さまを連れたお客さまも多くいらっしゃいます。お客さまご自身はもちろん、お待ちいただくお連れさまが少しでも寒くないように、この冬、オーダーコートの生地を使ってブランケットを作り、膝掛けとしてお使いいただいてはどうかというアイデアが生まれました。現在は、商品開発チームのメンバーがミシンで手作りをしています。
 

お客さまからは「アイデアが素敵だと思いました」といった声や、軽くて暖かい上に、オーダーコートの生地を使用しているため見た目もスマートな印象なので「職場で使いたい、商品化してほしい」という声もいただいております。店舗スタッフも店内作業の際に防寒グッズとして活用しています。
 

 


通常であれば廃棄されてしまうこともある生地ですが、工夫することで新しい使い道が生まれました。また、取り組みを通じてお客さまに喜んでいただければとても嬉しく思います。

  • 無駄なものを作らない、オーダーメイドという選択
1人ひとりの体型や好み、ライフスタイルに合った服を、受注を受けた分だけ作るオーダーメイドは、それ自体が大量生産、大量消費の真逆をいくサステナブルな選択といえます。オーダーメイドという服の買い方を当たり前にすることで、現在アパレル業界が抱えている供給過多や大量廃棄などの課題解決に貢献できると私たちは考えています。

今後もFABRIC TOKYOは、アパレル業界から持続可能な社会をつくることを目指し、様々な取り組みへのチャレンジを続けてまいります。
 
  • これまでのサステナブルアップデート

#1 配送時のプラスチックの削減を目指し、梱包をリニューアル。ハンガーとガーメントカバーを選択式に
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000155.000013830.html

#2 オーダーアイテムのボタンを環境負荷軽減素材へ変更
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000156.000013830.html

#3 オーダーメイドのパンツをさらに長く着用するための最新オプションを追加
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000157.000013830.html

#4 「STORY OF OUR Craftmanship」の定期更新を開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000159.000013830.html

#5 ダイバーシティへの取り組みの一環として、アートライフスタイルブランド「HERALBONY」と初のコラボアイテムを販売
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000160.000013830.html

#6 兵庫・西脇市の播州織でオリジナル生地を共同開発 日本が世界に誇る伝統産業の魅力を発信
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000166.000013830.html

#7 廃棄される服の循環を目指し衣類の配送回収プログラムをスタート
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000167.000013830.html

#8 オーダーシャツをリメイクしたシューズバッグを社内で製作、オーダーシューズの付属品に採用
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000170.000013830.html

#9 ブランドネームタグの素材にペットボトルなどを再利用したサステナブルな再生ポリエステルを採用
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000175.000013830.html

※今後もサステナプルアップデートを継続してまいります。なお、2023年以降、サステナブルアップデートの情報はコーポーレートサイトにて掲載いたします。

https://corp.fabric-tokyo.com/news

 

  • FABRIC TOKYOとは
“Fit Your Life.”をブランドコンセプトに、体型だけでなく、お客さま一人一人の価値観やライフスタイルにフィットする、オーダーメイドのビジネスウェアを提供するブランドです。

一度、ご来店いただき、店舗で採寸した体型データがクラウドに保存されることで、以降はオンラインからオーダーメイドの1着を気軽に注文することができます。リアル店舗も自社で展開し、関東・関西・名古屋・福岡で合計13店舗を運営中。

公式サイト
https://fabric-tokyo.com/

 
  • 会社概要
・株式会社FABRIC TOKYO
・所在地:東京都渋谷区神宮前 2丁目 34-17 住友不動産原宿ビル 4F
・代表取締役CEO:森 雄一郎
・事業内容:カスタムオーダーサービス「FABRIC TOKYO」の開発・運営
・URL:https://corp.fabric-tokyo.com/
 

 






 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
その他
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社FABRIC TOKYO

954フォロワー

RSS
URL
https://corp.fabric-tokyo.com/
業種
サービス業
本社所在地
東京都 神宮前2丁目34-17 住友不動産原宿ビル4F
電話番号
03-6277-5536
代表者名
森雄一郎
上場
未上場
資本金
5000万円
設立
2012年04月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード