後工程向け半導体露光装置“FPA-5520iV LFオプション”を発売 先端パッケージングの大型化に対応する広画角での露光を実現

キヤノンは、後工程向け半導体露光装置の新製品として、先端パッケージング(※1)向けに52×68mmの広画角を実現した解像力1.5µm(マイクロメートル(※2))のi線ステッパー(※3) “FPA-5520iV LFオプション”を2021年4月上旬に発売します。

 FPA-5520iV LFオプション FPA-5520iV LFオプション

半導体チップの高性能化においては、半導体製造の前工程での回路の微細化だけでなく、後工程で行われるパッケージングでの高密度化が注目されています。高性能化を実現する先端パッケージングには、微細な再配線(※4)が必要で、近年では半導体露光装置が使用されるようになっています。新製品は、先端パッケージング向けの「FPA-5520iV」(2016年7月発売)の基本性能を継承しつつ、広い画角での回路パターンの露光を実現したことで、ヘテロジニアスインテグレーション(※5)などの幅広い先端パッケージングのニーズに応えます。

■ 新投影光学系の搭載により広画角の一括露光を実現
新投影光学系の搭載により、前工程での露光装置の標準画角である26×33mmの4倍以上となる、52×68mmの広い画角を一括で露光することが可能です。これにより、複数の大型半導体チップを接合するヘテロジニアスインテグレーションへの対応が可能となります。また、1.5µmの高い解像力で、微細な再配線パターンの露光が可能で、さまざまな先端パッケージングに対応することができます。さらに、高解像力オプションを使用することで、1.0µmの高解像力で再配線パターンを露光できます。

■ 「FPA-5520iV」の基本性能を継承
パッケージング工程での量産課題である再構成基板(※6)の反った形状に対する柔軟な対応力や、チップ配列のばらつきが大きい再構成基板でもアライメントマークを検出し稼働率を向上させる高い生産性などで好評を得ている「FPA-5520iV」で実現した基本性能を継承しています。

※1 繊細な半導体チップを外部環境から保護し、実装する際に外部との電気接続を可能にすること。
※2 1µm(マイクロメートル)は、100万分の1メートル(=1000分の1mm)。
※3 i線(水銀ランプ波長365nm)の光源を利用した半導体露光装置。1nm(ナノメートル)は10億分の1メートル。
※4 半導体チップ間または半導体チップとバンプ(突起状の接続電極)の間をつなげる配線。
※5 CPUとDRAM、CPUとGPUなど異種チップを一つにするパッケージング。それぞれのチップを近くに置き、多くの回路でつなぎ一体化することで、処理能力を上げることができる。
※6 半導体露光装置の前工程で製造されたウエハーから個片化された複数の半導体チップを配列し、樹脂でウエハー形状に固めた基板。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キヤノン株式会社 >
  3. 後工程向け半導体露光装置“FPA-5520iV LFオプション”を発売 先端パッケージングの大型化に対応する広画角での露光を実現