「フードテック・代替タンパク市場の中核を成す代替肉/代替シーフード業界の事業環境と展望」と題したセミナーを9月14日(火)SSKセミナールームにて開催!!

新社会システム総合研究所(東京都港区 代表取締役 小田中久敏 以下SSK)は、2021年9月14日(火)にSSKセミナールーム(港区)にて下記セミナーを開催します。

───────────────────────────────
■会場受講
■ライブ配信
■アーカイブ配信(2週間、何度でもご都合の良い時間にご視聴可)
───────────────────────────────
フードテック・代替タンパク市場の中核を成す
代替肉/代替シーフード業界の事業環境と展望
~30社のグローバル先進事例を考察して新規参入・事業化のポイントを探る~
【セミナー詳細】
https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?gpage=21407

【開催日時】
2021年9月14日(火) 午後2時~5時

【会場】
SSKセミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F

【講師】
野村アグリプランニング&アドバイザリー株式会社
調査部長 佐藤 光泰 氏

【重点講義内容】
植物肉や培養肉などの代替肉は、昨今、国内外で大きな注目を集めている分野であるが、いわゆる“代替食品”と言われる市場は日本でも古くから存在した。マーガリンやカニカマ、大豆ミート、米粉、発泡酒などがそうであり、主に価格面(一部、アレルギーや健康などの機能面)に着目した商品開発が行われてきた。欧米や中国などの他国でも、大豆ミートなどの代替食品はだいぶ前から発売されていた。
2010年代後半から欧米を中心にこの分野に注目が集まり始めた理由として大きく3つが考えられる。一つ目は、消費者の健康への意識の高まりである。2010年以降、米国でも健康への意識の高まりによるベジタリアンやビーガンが増加している。実際、2009年には全人口の1%程度(約300万人)であった米国のベジタリアンやビーガン層は、2020年にはおよそ10%(約3,000万人弱)に増加したと推計しており、市場のすそ野が拡がっている。二つ目は米国の若者を中心としたリベラル層による環境や動物福祉などの社会問題への関心の高まりである。いわゆる「ミレニアル世代」の増加である。背景には2015年9月の国連サミットで採択されたSDGs(持続可能な開発目標)の影響が大きい。実際、畜産業が地球環境に与える影響は小さくない。FAO(国連食糧農業機関)によると、人為的に排出されている温室効果ガスの14.5%が畜産業に由来し、毎年、家畜から放出されるメタンガスは、石油に換算すると南アフリカ国に電力を供給する量に匹敵するという。植物性由来の代替肉を通常の畜産と比較すると、温室効果ガスは90%程度、必要な水は99%それぞれ削減できると言われている。また、昨今、欧米の消費者において、健康や環境問題以上に高い関心を持つのが「動物福祉」である。2015年以降、躍進を続ける植物肉や培養肉のスタートアップには、ビル・ゲイツ氏やレオナルド・ディカプリオ氏などの米国の著名人が多く投資を行っているが、彼らの関心は環境や動物福祉の問題解決であり、言い換えると持続可能な畜産製品の生産システムの構築に期待を寄せている。
この分野が注目を集める三つ目の理由は、テクノロジーの向上による「味」の劇的な改善である。昨今の植物肉のブームを巻き起こした米国のスタートアップであるビヨンド・ミート社やインポッシブル・フーズ社の製品が消費者の支持を集めた最大の理由でもある。これまでの大豆ミート製品は食品スーパーの売り場の隅にある“もどき食品コーナー”で売られていたが、ビヨンド・ミート社の植物肉は全米スーパーとして初めて、ホールフーズ・マーケットの「精肉売り場」で販売された。これまであった大豆ミートなどの“もどき肉”とは一線を画した商品性であることが伺える。また、味の改善だけでなく、同社の製品は精肉売り場で「生」の状態で販売されている点も画期的と言える。消費者へ本物の肉と同様に、家のフライパンなどで焼く一連の調理体験までを再現しているからだ。このような代替肉の登場は、もともと健康や環境、動物福祉などに高い意識や関心を持つ消費者の食生活を転換させる大きな契機となった。
このような理由から、代替肉市場は今後も大きな盛り上がりを見せることが確実視されるが、同様に、代替肉の「魚」版である代替シーフードへの期待も高まりはじめている。代替シーフードは、植物原料のみで製造された植物性シーフードと魚から採取した細胞を培養した製造される培養シーフードから構成されるが、今後、代替肉と同様な理由で注目を集めよう。
演者は、代替肉を中心とする代替タンパク市場の2020年のグローバル市場を約1兆円(105円/米ドル前提)と推計しているが、今後、43%の年平均成長率(CAGR)で成長し、2030年には約36兆円に達するものと予想している。
本セミナーでは、まず、市場規模の面で、フード&アグリテック業界の中核を成す代替タンパク市場の事業環境や構成テーマを説明する。次に、代替タンパク市場で高い成長が期待される代替肉(植物肉・培養肉)と代替シーフード(植物魚・培養魚)について、グローバル先進事例を解説し、同市場の事業動向と展望を俯瞰する。最後に、新たに同市場に参入する際のポイントや有望シーズ、基本構想・戦略設計の方法について述べる。

1.フードテック最注目の代替タンパク市場(フード&アグリ分野の市場環境と構成テーマ)
2.代替肉(植物肉・培養肉)のグローバル先進事例(20社)
3.代替シーフード(植物魚・培養魚)のグローバル先進事例(10社)
4.代替肉・代替シーフード分野の新規参入・事業化のポイント
5.質疑応答/名刺交換
 


【お問い合わせ先】
新社会システム総合研究所
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
Email: info@SSK21.co.jp
 TEL: 03-5532-8850
 FAX: 03-5532-8851
 URL: http://www.ssk21.co.jp

【新社会システム総合研究所(SSK)について】
新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来20年以上 法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
SSKセミナーは、多様化するビジネス環境下で、ハイレベルな経営戦略情報、マーケティング情報、
テクノロジー情報等をスピーディーに提供し、事業機会の創出に貢献することを目的としております。
また、セミナー事業を軸に多様なビジネスを展開しており、
セミナー企画運営代行サービス・講師派遣、BtoB広告・受託調査・市場調査レポート販売・セミナーDVD販売等
お客様の事業の成功・拡大に必要な情報、サービスを提供しております。
SSKは常に最先端の情報を発信し、お客様の戦略パートナーであり続けます。 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 新社会システム総合研究所 >
  3. 「フードテック・代替タンパク市場の中核を成す代替肉/代替シーフード業界の事業環境と展望」と題したセミナーを9月14日(火)SSKセミナールームにて開催!!