【グランドニッコー東京 台場】『talkappiボット』11月1日(木)より導入開始のお知らせ

24時間対応の多言語AIチャットボットで旅行前から快適な旅が可能!

「東京を楽しむ 東京をくつろぐ」ひとときをお届けするグランドニッコー東京 台場(住所:東京都港区 代表取締役社長 総支配人:塚田 忠保)では、当ホテルのご利用前後を含めたお問い合わせなどに24時間5言語で対応する株式会社アクティバリューズ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:陳適)が開発した多言語コミュニケーションツール、AIチャットボット「talkappiボット」の導入を11月1日(木)より開始いたします。

 

 

  
 「talkappiボット」は、言葉の微妙なニュアンスや表現もAIが読み取り回答する、観光分野において日本語、英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語の5言語を搭載し、世界で初めてLINE、FacebookMessenger、WeChatに対応することが可能になったAI(人工知能)チャットボットです。
 お客様が普段ご利用のパソコンやスマートフォンから、チェックイン時間やホテルまでのアクセス、駐車場の有無といった旅行前のご案内、滞在中の周辺観光案内やホテル客室の備品・設備についてのお問い合わせなど、お客様が安心かつ満足度の高い旅をお楽しみいただけるサービスです。今回の「talkappiボット」の導入によって、当ホテルをご利用いただくお客様は滞在前から時間や場所を問わず、いつでも対応することが可能になります。

 現在、当ホテルの外国人ゲストの占有率は平均40%となりますが、来る2019年度は、平均55%を目標としており、これまでにモバイル決済システムの「支付宝(アリペイ)」や「WeChat Pay」を導入しました。このたびの「talkappiボット」の導入により、外国人ゲストにとってさらに利便性の優れたサービスを提供することが可能となります。今後は、宿泊予約やレストラン予約などさらにサービス範囲を拡大していく予定です。

 今後も、グランドニッコー東京 台場は当ホテルをご利用いただく外国からのゲストも含めた全てのお客様に、滞在中だけでなく滞在前・滞在後も含めて、快適なご旅行をサポートできるサービスの強化・向上に努めてまいります。

グランドニッコー東京 台場 「talkappiボット」導入詳細
■導入開始日:2018年11月1日(木)
■サービス内容:AIチャットボット「talkappiボット」が、ホテルのホームページを経由してお問い合わせ、リクエストに24時間日本語、英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語の5言語で対応いたします。また、Webブラウザーを経由しなくてもLINEやFacebookMessenger、WeChatといったSNSに対応しており、専用のアプリをダウンロードすることなくご利用いただけます。


グランドニッコー東京 台場の施設概要】


所 在 地: 東京都港区台場2丁目6-1 
敷地面積: 20,870㎡(6,313坪)
ホテル: 地下3階 地上30階
延床面積: 123,775㎡(37,507坪)
施設構成: 客室数882室、宴会場17室、レストラン・バー11ケ所、      ウエディングチャペル2ケ所
神殿、フィットネスクラブ、屋外プール、エステ、ギャラリー、他
アクセス: 新交通ゆりかもめ 台場駅に直結 / りんかい線 東京テレポート駅 徒歩約10分
電話番号  : 03-5500- 6711(代表)

グランドニッコー東京 台場 ブランドメッセージ
東京を楽しむ 東京をくつろぐ
レインボーブリッジを越えればそこは日常を離れた別世界。陽の光に輝く水面と青く澄みわたる風、心弾む特別な時がはじまります。高層階のレストラン、ゲストルームからは東京湾のパノラマビューが見渡せ、海の向こうには表情豊かな東京の街が広がります。大切にしたのは「晴れやかな気持ちで笑顔あふれるひとときを」という思い。心がほどけていくような喜びに満ちた体験をお届けします。


https://prtimes.jp/a/?f=d2213-20181024-7598.pdf
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ニッコー・ホテルズ・インターナショナル >
  3. 【グランドニッコー東京 台場】『talkappiボット』11月1日(木)より導入開始のお知らせ