JCAオフィシャルアイウェア・アンバサダーインタビュー①

#スポーツ  #インタビュー  #サングラス

2020年5月18日 13時00分 一般社団法人 日本クリケット協会

日本クリケット協会(JCA)のオフィシャルアイウェア(SMITH Japan)のアンバサダーに、髙田剛史、常澤なお、野口柊の3選手が任命されました。小学生からクリケット一筋の野口選手、大学で野球・ソフトボールから転向した常澤選手、中学校の部活で始めた髙田選手、それぞれの選手を通してクリケット日本代表選手の素顔に迫ってみました。


<①常澤なお選手(JCAオフィシャルアイウェア・アンバサダー)>



<大学でクリケットに出会い、1年で日本代表に!>

常澤なお(ときざわ なお)選手は、慶應義塾大学に通う大学生。東京出身で、高校までは野球やソフトボールを経験しました。大学入学時に「これまでとは違うスポーツをやってみたい」と、大学のクリケットクラブに入会したそうです。野球で培った守備力や肩の強さを生かし、一躍学生選手権などで活躍。1年後の2018年には日本代表強化選手団に初選出されました。翌2019年にバヌアツで開催されたICC女子東アジア太平洋予選大会と韓国で開催された東アジアカップに出場すると、右打者の内側に切れ込む速球を武器に大活躍。女子日本代表の主力投手となりました。「序盤で守備のテンポを作って試合の流れを引き寄せるようなボーラー(投手)になりたい!」と守備の序盤で投げるオープニングボーラーとして更なる成長を目指しています。




そんな常澤選手に一問一答形式で聞いてみました:


<「クリケットはグローバルな話題」>

〇クリケットを始めて自分が変わったと思うことはありますか?

常澤選手:「さまざまな年齢、国籍の人と出会い、視野が広がったように感じます。また、海外遠征、ボランティアなど、初めての経験を多く積むことができました。」


〇クリケットが役に立ったことはありますか?

常澤選手:「ネイティブの(英語の)先生との会話に困らなくなりました。クリケットの話題で雑談することができるようになったからです。クリケットはグローバルな話題になりますね!」


〇クリケット日本代表として国際大会に出場するのはどんな経験ですか?

常澤選手:「素晴らしい経験であるとともに、緊張する瞬間でもあります。また、特にワールドカップ予選では、クリケットをしていなければ知らなかったような国の選手と交流できる貴重な機会だと思います。」


〇日本代表選手としての目標を教えてください?

常澤選手:「安定してチームに貢献すること。できるだけ長くプレーすることです!」


〇練習ができない今、心がけていることはありますか?

常澤選手:「クリケットの動画を多く見るようにしています。世界中で試合が中止となっているので、ICC(国際クリケット評議会)などのFacebookで過去のワールドカップの映像などが配信されています。多くの試合を見ることは今後のプレーにも活きると思います。」


〇外出できるようになったらやりたいことはありますか?

常澤選手:「いつも練習や試合でいっていた佐野市国際クリケット場に行きたいです!」




<サングラスはクリケット選手の「必需品」>

〇クリケット選手にとってサングラスはどのようなものですか?

常澤選手:「必需品ですね!守備でボーラーでない時は、フライキャッチが得意なので外野を守ることが多いですが、キャッチが取れるかどうかは勝敗に直結します。青い空と強い日差し、反射する緑の芝という環境で安定してフライを取るには、サングラスは欠かせないものです。」


〇お気に入りのサングラスはどんなモデルですか?

常澤選手:「SMITHのTakeFive SportsのWhiteです。フレームのカーブが自分の顔にあっているので、かけ心地がとても気に入っています。フレームの上の部分が大きめにできていて、顔とサングラスの間に隙間ができないのもいいですね。スポーツ選手だけでなく、アウトドア活動が多い方にはおすすめです!」


SMITH TakeFive Sports White:https://smithjapan.co.jp/product/takefive-sports-white/



<「誰もが主役になれる」>

〇最後に読者の皆様へのメッセージをお願いします。

「クリケットは、ボーリングやバッティングで様々な役割があるので、誰もが主役になれる場面があります。きっと自分が輝ける場所が見つかると思いますので、是非一度チャレンジしてみてください。」


関連リリース:

×


ストーリー素材ダウンロード

このストーリー内で使われている画像ファイルがダウンロードできます。