パパの子育てから、家族に笑顔を。10万人に一人の病気をきっかけにした、“パパ専用” 子育てブランド「papakoso(パパコソ)」の誕生

#開発の裏側  #誕生秘話  #創業エピソード

2021年7月5日 13時00分 株式会社ワンスレッド

  • ストーリーをシェアする

プロフィール
半田 真哉
株式会社ワンスレッド代表取締役、子育て応援ブランドpapakoso運営。 1973年神奈川県生まれ。タオルソムリエ(No.2066)、睡眠環境・寝具指導士(No.190104)。 大学卒業後、アパレルメーカーを経て、メディア通販会社にて商品企画、原稿作成を担当。 2010年に株式会社ワンスレッド設立。 2017年より子育て応援ブランドpapakoso(パパコソ)をスタート。 平成29年度横浜市SBIR認定、第12回キッズデザイン賞、第13回キッズデザイン賞受賞。 2019年「papakoso家族の時間プロジェクト」スタート。 家族と過ごす時間を大切にし、家族から笑顔が広がるサービス、商品を企画・製造・販売。
商品・サービス情報
papakoso(パパコソ)パパ&ママ140人と考えた理想のパパバッグ
父親が乳幼児とのお出かけする際に必要となる哺乳瓶や水筒などの容器を固定収納でき、おむつやおしり拭きまも重ねずに収納できる。また、抱っこの補助としても使える強度も備えている。 シリーズ7型13カラー、2021年には進化した最新モデル「キャリアアーモデル」を発表。 2018年 キッズデザイン賞受賞 2020年 日本子育て支援大賞受賞
papakoso(パパコソ)パパ専用簡易抱っこひもpapa-dakko(パパダッコ)
日本人男性が使うことを前提に、メンズサイズでデザイン。また、男性に人気の高い生地や柄を採用。畳めば手のひらサイズのコンパクトさも特長で、留め具やサイズ調整の必要もなく、かぶるだけで使える。 シリーズ全12カラー。 2019年 キッズデザイン賞 奨励賞受賞
ストーリー素材ダウンロード

このストーリー内で使われている画像ファイルと報道用素材がダウンロードできます。
掲載内容や画像等は各媒体の報道にご利用いただけます。