【CROSS OSAKI誕生秘話 その4】コロナ禍からの再起!過去最高売上を出した秘訣と、今後の事業展開について

#レンタルスペース  #撮影  #グランピング

2020年9月16日 11時00分 株式会社Switch



関連プレスリリースはこちら。

×


前回のストーリーはこちら。

×



CROSS OSAKIオーナーの吉川からレンタルスペース誕生秘話を伺いました。

前回はオープン初月で40組以上の方が利用された秘訣、物件選びのこだわりなどを中心にお伺いしました。

今回は、CROSS OSAKIでの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策と緊急事態宣言解除後に記録した最高売上の秘訣と、今後の事業展開についてお伺いしました。



緊急事態宣言による休業を乗り越えた今

―――― コロナウィルスによる影響で利用はどう変わりましたか?


吉川: 当初はコロナ対策をして営業をしていましたが、東京都の緊急事態宣言の発令に伴い営業を休止しました。

緊急事態宣言の最中は、クッションやスピーカーなどをリニューアルし、より良い状態で再オープンできるように整えました。


そして緊急事態宣言が開けた6月は、過去最高の売上げを記録しました。

主な利用用途は撮影です。緊急事態宣言発令により4月、5月の利用を断念された方の予約が多く、その需要により利用組数が増えたためと考えています。


7月以降も3密を回避するために利用可能な人数を制限しつつ、営業をしています。

緊急事態宣言が発令される前よりも撮影の利用者が増えており、また飲み会などの利用組数も戻りつつあります。



―――― 今だからこそお伝えしたいCROSS OSAKIのおすすめポイントを教えていただきたいです。


吉川: WEB会議などの利用がおすすめです。

新型コロナウィルスにより我々の生活模様が変わり、特に働き方が従来と比べて大きく変化していると思います。


CROSS OSAKIでは大画面のテレビ、ホワイトボード、Wi-Fiが利用できるので、単純なレンタルスペースとしての活用だけではなく、WEB会議のサテライト会場やコワーキングスペースとしても利用しやすいと思います。



―――― 最後に、今後の事業展開について教えていただきたいです。


吉川: 目黒近辺にオーガニック雑貨を扱うセレクトショップを出店する予定です。

路面店でのイートインスペース併設を考えており、その場で購入した食品などを楽しめたり、小さなイベントスペースとして地域の方の交流や憩いの場にできたらと思っております。



3回にわたり、CROSS OSAKIオーナーの吉川より、コロナによる緊急事態宣言解除後に記録した最高売上の秘訣やこれからの事業展開についてお聞きしました。


次回は、9月下旬にCROSS OSAKIのデザイナー担当より、CROSS OSAKIのデザインの秘話などをお伺いします。


・CROSS OSAKI(クロス大崎)

■ 住所: 〒141-0032 東京都品川区大崎5丁目6番12号 大崎MPビル 3階

■ ご利用可能時間: 7時〜22時

■ 収容可能人数: 〜25人

■ mail:contact@cross-osaki.com

■ WEB:https://cross-osaki.com/