• ストーリーをシェアする

8月1日は歯が命の日。制定したのは「芸能人は歯が命!」で大ブレイクしたあの会社!

#歯が命の日  #アパガード  #サンギ

2020年8月1日 10時40分 株式会社サンギ

×


歯が命の日は、「歯(8)が命(1)」と読む語呂合わせから、健康的で美しい歯の大切さを改めて考える日として、株式会社サンギが制定した記念日です。


25年前の1995年(平成7年)、美白歯みがきアパガードは、「芸能人は歯が命」というCMでブレイク!

そのインパクトのあるキャッチコピーは、当時の話題になりました。


CMが放送されてから翌年には、年間売上げ140億円を記録し、一躍世間の注目を集めることとなります。「芸能人は歯が命」という言葉から、自分も芸能人のような白い歯になりたいと思う人が多かったのでしょう。

1年分の在庫である30万本が一週間で売り切れました。


しかし、それからCMはほとんど見かけません。

■サンギは、一体どのような事業を展開しているのか?



現在サンギは、リン酸カルシウムの一種で、歯と骨の主成分である「ハイドロキシアパタイト」の応用研究、開発を軸にアパタイトカンパニーとして事業を展開しています。


「ハイドロキシアパタイト」は身体の中で、水とたんぱく質などの有機物に次いで多く、骨の約60%、歯のエナメル質の97%、象牙質の70%を占めている成分です。アパガードが健康的な歯の白さを引き出す秘密は、この成分に秘められています。

「ハイドロキシアパタイト」の研究開発を進めていく中で、独自の製造技術により、歯のエナメル質へ直接働きかける成分「薬用ハイドロキシアパタイト」の開発に成功し、1993年(平成5年)にむし歯予防成分として認可を受けました。


「薬用ハイドロキシアパタイト」の特長は、歯垢を吸着除去、ナノレベルで歯の主成分であるハイドロキシアパタイトを補給し、ミネラルが溶け出したエナメル質の欠損部を修復・再石灰化。3つの作用でエナメル質を整えて、むし歯を予防します。



サンギの全ての歯みがき剤とOEM製品に、この「薬用ハイドロキシアパタイト」を配合しています。

■アパガードは発売35周年を迎えるロングセラー歯みがき剤


1985年の発売以来、アパガードは今年で35周年を迎えるロングセラー歯みがき剤。美白高機能歯みがき剤市場で販売シェアNo.1を誇るシリーズ※1です。シリーズの中でも人気No.1の「アパガードプレミオ」は、幅広い年代の女性から支持され、数々のビューティーアワードを受賞。「薬用ハイドロキシアパタイト」を高配合※2したプレミアムタイプです。

■人生100年時代。「歯のケア」がより重要に。


歯が健康だとおいしく食事ができ、良く噛むことで脳が活性化します。唾液は口の中を潤すだけはでなく、口内の細菌の増殖を抑え、口臭、むし歯、歯周病※3 などさまざまなトラブルから私たちを守ってくれるともいわれています。


人生100年時代と言われているなか、毎日をより充実したものにし、楽しめるよう、いつまでも歯を大切にしていただきたい。そんな思いから、歯が命の日を通じて歯やお口の健康も見直すきっかけにしていただきたいと考えています。

■歯が命アワードとは?


8月1日「歯が命の日」を記念して、健康で美しい歯を持ち、自身の活動や生き方においても輝いている方を年に1度表彰しているのが「歯が命アワード」。第6回目となる今年度の受賞者をチェック…!

×

▶歯が命の日特設サイトはこちら



※1 インテージSRI ’18-’19年累計美白高機能歯みがき市場売上金額アパガードMプラス・スモーキン・プレミオ合算

※2 Mプラス・スモーキン比

※3 歯周炎・歯周病の総称