JCB様、入電の7割の「ウェブで解決」ニーズに応えた正答率80%のAIチャットボット事例

チャットの強み“スピード”を活かしたVOC分析でトレンド把握、CS・CX向上と効率化を実現

株式会社KDDIエボルバ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:若槻肇、以下KDDIエボルバ)は、AIチャットボット「AIChat」を導入した「お問合せ自動応答サービス」でCS、CX向上とオペレータの業務効率化を実現した株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役会長兼執行役員社長:浜川一郎、以下JCB)様の導入事例を公開いたしました。
JCB様事例:https://www.k-evolva.com/case/finance/jcb.html

JCB様は、電話問合せをいただくお客さまの「ウェブで解決」ニーズ(※)に応えるため、Webサイト上のFAQの改善・統廃合や、カスタマージャーニーの痛点を踏まえたカテゴリーを再設計し、AIチャットボットをWebサイトの水先案内人として導入しました。金融・クレジットカード業界特有の複合的な質問をチャットで解決するための工夫や、VOC分析からWebサイト導線の問題点を解決して問合せ率・CS向上につなげたエピソードなどを交えた成果が語られたインタビュー事例です。(※約70%のお客さまがWebサイトで事前に調べてから電話で問合せ)


■正答率80%でCS・CX向上、オペレータの働き方・品質に効果
  • Webサイト上にAIチャットボットを導入。JCB様が取扱うクレジットカード、サービスに特化したAIチャットボットの会話構造や、表やイメージ図を自動回答に含める視認性の高い自動応答シナリオを設計
  • アセスメントから、設計・構築、正答率を高める導入前チューニング、自動学習テスト・検証までワンストップで提供し、社内POC後2か月でリリース
  • JCB様の個人のお客さまサイト内を回遊しているお客さまに「チャットでお問合せ」アイコンを表示して気軽に使える入口を設置し、VOCを活用したチューニングの結果、正答率80%、CS・CX向上とオペレータ効率化を実現
JCB様事例:https://www.k-evolva.com/case/finance/jcb.html


■動画で見るAIチャットボット「AIChat」
「AIChat」は、チャットボット専門チームがコミュニケーションプランニングからAIに学習させるシナリオ設計、システム提供、AIチューニング、各種チャネル対応の運用支援までワンストップで提供しているオムニチャネルソリューション「for touching®」シリーズの一つです。WEBや、「LINE公式アカウント」「LINE Chat API」による「LINE活用サービス」と組合せたチャットで、品質の高いコミュニケーションを実現します。「LINE活用サービス」を組合せることで残高照会など、クライアント企業様の顧客データベースと安全に連携したパーソナライズなカスタマーサポートも実現可能です。

 サービス詳細:https://www.k-evolva.com/services/omnichannel/aichat/

 
KDDIエボルバは、今後も、真のCXを高めるBPO・コンタクトセンターサービス、最新のテクノロジーを駆使したビジネスソリューションで磨いたノウハウや、知見、技術を通じて、「顧客体験価値の向上」と「クライアント企業様の本業に貢献」という二つのカスタマーサクセスの実現を目指してまいります。 


本リリース本文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KDDIエボルバ >
  3. JCB様、入電の7割の「ウェブで解決」ニーズに応えた正答率80%のAIチャットボット事例