介護サービスの当たり前を変えた、ネットで介護を頼める訪問介護マッチングサービス「CrowdCare」が生まれた理由

#創業ストーリー  #誕生秘話  #開発の裏側

2021年6月23日 10時00分 株式会社クラウドケア (CrowdCare)

  • ストーリーをシェアする

プロフィール
代表取締役CEO・共同創業者 小嶋潤一
介護福祉士・介護支援専門員 (ケアマネジャー)

2006年に日本大学法学部を卒業し、株式会社アイレップへ入社。ストラテジストとして、数多くのクライアントのSEMコンサルティングを行う。
2008年にマガシーク株式会社へ転職し、ECサイトのマーケティング業務に従事する。
2011年にジェイシーイノベーション株式会社を立ち上げ、半日型の入浴中心デイサービス事業を行う。
2016年に以前勤務していた株式会社アイレップの同僚かつ同じ介護業界で働く桐山と共に、株式会社クラウドケアを創業。
取締役COO・共同創業者 桐山典悦
介護福祉士・経営学修士 (MBA)

2002年に追手門学院大学経済学部を卒業し、GEコンシューマー・ファイナンス株式会社(現、新生フィナンシャル株式会社)へ入社。コールセンターのPMOとしてプロジェクトマネジメント・マニュアル作成などの業務に従事する。
2006年に株式会社アイレップへ転職し、リスティングコンサルティングチームのマネジメントや海外ITツールの選定・導入ローカライズのプロジェクトマネジメントなどを中心とした業務を行う。
2010年に慶應義塾大学大学院経営管理研究科(慶應大学ビジネススクール)に入学し、MBAを取得。在学中は、医療・介護・地域包括ケアシステム政策の第一人者である田中滋ゼミナールに所属し、地域包括ケアシステムについて研究を行う。
2012年に高齢者向け病院の青梅慶友病院に入職。理事長室での業務を経て、フードサービス部の管理職としてマネジメント業務全般を行う。
2016年にジェイシーイノベーション株式会社に参画し、デイサービスの生活相談員として働きながら、新しく在宅高齢者の生活を支える仕組みを作るべく、小嶋と共に株式会社クラウドケアを創業。
商品・サービス情報
自費訪問介護ヘルパーの「CrowdCare(クラウドケア)」
クラウドケアは、シェアリングエコノミー型(クラウドソーシング)の訪問介護・家事・生活支援マッチングプラットフォーム「CrowdCare(クラウドケア)」を運営しており、低価格でご利用いただける介護保険外の自費訪問介護ヘルパーのサービスです。
介護人材不足は深刻な社会問題となっておりますが、「CrowdCare(クラウドケア)」は多くの人が雇用を分け合うワークシェアリングの考えを介護分野にも取り入れ、案件ごとに利用者とヘルパーをマッチングして空き時間に働けるようにし、貴重な人財をシェアしていく仕組みとなります。

・訪問介護・家事・生活支援サービス 1時間あたり2,500円~(税抜/交通費別)
・買い物お助けサービス(買物代行)  1ヶ所あたり500円(税抜/交通費別)
ストーリー素材ダウンロード

このストーリー内で使われている画像ファイルと報道用素材がダウンロードできます。
掲載内容や画像等は各媒体の報道にご利用いただけます。