恵比寿のまちで「おもしろいことを実現せよ!」時代のニーズに応える新たなオフィスの形に挑戦!「Sreed EBISU +t」2022年6月オープン

#開発の裏側  #誕生秘話  #プロジェクトの裏側

2021年6月14日 11時00分 サッポロ不動産開発株式会社

  • ストーリーをシェアする

プロフィール
「Sreed EBISU +t」プロジェクト企画・開発担当 佐々木玲奈
サッポロ不動産開発株式会社 恵比寿事業本部 AM統括部 課長代理 不動産開発グループ所属。 同志社大学政策学部卒業、新卒で総合デベロッパーに入社。分譲マンションを中心に開発・用地仕入れ業務、財務部門を経験し、その後2019年8月サッポロ不動産開発へ入社。物件売買に関する業務、エクイティ投資を中心に担当し、今回のオフィス開発プロジェクトに参画。
商品・サービス情報
「Sreed EBISU +t」
サッポロ不動産開発が提案する、時代のニーズにいち早く対応する、Well-beingでフレキシブルな「新しい働き方」を体現した次世代のオフィスモデル。 〔発芽するワークプレイス〕をコンセプトに、挑戦する企業・チーム・個人に、ビジネスの種を芽吹かせ成長していく場を提供したいという想いから誕生した同社が展開するオフィスブランドSreedシリーズの第3弾。 計画地は、恵比寿西1丁目。クリエイティブな感性を刺激する、恵比寿と代官山をつなぐエリアに位置している。 9階建てのオフィスは、様々なスタイルのテラスをすべてのフロアに設置し、都心にいながら自然や開放感を感じられるほか、入居テナント同士のコミュニケーション空間としても活用できるよう設計している。 鉄骨とあたたかみのある木材を組み合わせたデザイン性の高い空間づくりにもこだわり、住まいのような安心感や心地よさも感じられるオフィス空間。  また、家具付きセットアップオフィス形式を採用していることで、スピーディーに事業を開始できることや移転等による入退去の負担も軽減できるほか、最新のIoT設備を多彩に導入している。
ストーリー素材ダウンロード

このストーリー内で使われている画像ファイルと報道用素材がダウンロードできます。
掲載内容や画像等は各媒体の報道にご利用いただけます。