製品化までに10年。広洋技研開発の砂ろ過装置が約70台の導⼊実績を得るまでの歩みや歴史

環境

#環境  #産業廃棄物削減  #持続可能な社会

2022年7月12日 11時30分 株式会社広洋技研

  • ストーリーをシェアする

プロフィール
貝原 和年
株式会社広洋技研 創業者
商品・サービス情報
砂ろ過機「リーチフィルター」
砂ろ過装置の問題点であった「ろ材洗浄」に着目し、本装置を開発致しました。
これまでの装置は空気洗浄と水洗浄が分離工程により行われてきました。
本装置はその分離工程を同時にW洗浄で行う事により、洗浄効果を上げる事ができました。
この洗浄水中に洗浄能力の高いマイクロバブルが含まれる事も経済産業省の外郭団体である
ファインバブル産業会(FBIA)にて技術的に認証を頂きました。
洗浄後のろ材状況も大きな点検窓により、目視確認が可能です。 
                   
【特徴】                       
■マイクロバブルを使ったろ材洗浄(NEW!)         
■ろ材交換不要(5年間保証)            
■水質安定  
■操作しやすいタッチパネル式
■逆洗水槽なしでも使用可能(省スペース)                   
『安心衛生的な水の供給』・『天然資源の有効活用』・『地球温暖化対策』にも貢献できます。
活性炭吸着装置『リーチフィルター』
活性炭吸着装置 『リーチフィルター』は洗浄水・マイクロバブルのW洗浄により、
洗浄不良による活性炭の固化問題を解消し、活性炭性能の長期維持が可能なろ過装置です。
活性炭の交換頻度を抑えることで、ろ材交換費や産廃処理費など
ランニングコストを大幅に削減できます。
製造用水から工場排水、上水・下水などの幅広い水処理に対応可能です。
【特長】
■食品会社の清水処理施設で使う活性炭を3倍(1年→3年)長寿命化した事例も
■独自の洗浄で活性炭内部のミクロ、サブミクロ孔まで有効活用可能
■設置スペースを考慮したコンパクト設計
ストーリー素材ダウンロード

このストーリー内で使われている画像ファイルと報道用素材がダウンロードできます。
掲載内容や画像等は各媒体の報道にご利用いただけます。