「何もしない節約術」が家計の救世主に! 2年で1700万円もの支出見直しに成功したコスト削減サービス誕生の秘話

#コスト削減  #コロナ禍  #見直し

2020年9月8日 10時10分 クラスターグループ株式会社

 

 個人向け支出見直しサービス「コスト削減本舗」をご存知でしょうか。2019年4月から始まったサービスですが、コロナ禍の今、お問い合わせが急増しているそうです。


 今なぜ「支出の見直し」がこんなにも注目されているのでしょうか。今回は、どんな想いでコスト削減本舗を立ち上げることになったかも含めて、事業責任者の平良さんにお話を伺いました。


キーワードは、「何もしない節約術」。


その秘密についてご紹介します。


-----------お話を伺ったかた-----------

平良 昌吾さん

1985年生まれ。福岡県出身。

「コスト削減本舗」の事業責任者を務める。

趣味はゲームや音楽鑑賞。

-------------------------------------------


「コスト削減本舗」立ち上げの背景

 

 「コスト削減本舗」は、代表の石黒さんのアツい想いで立ち上げられたと伺いました。どんな体験や想いがあったのか、教えてください。



母親を支えて働いた過去


平良さん:石黒は幼い頃から母子家庭に育ちました。母親は交通事故の後遺症もあり十分に働けず、かなり貧しい家庭環境だったそうです。

 小学生の頃にはトラックで夜逃げ、なんていうドラマのような経験もしたとか。成人してからは母親を扶養にいれ、基本的に石黒の稼ぎで生活していました。



 光熱費・携帯代・ネット代に加え、母親の病院代、家賃や食費…全て合わせると毎月17〜20万円程の出費でした。当時、社会人になったばかりの石黒の手取りでは、かなりギリギリの生活だったそうです。



目から鱗だった支出の見直し。しかし…


 そんなとき、たまたま格安SIM の広告に出会います。変更してみると、なんと2年で60万円も節約できてしまったのです。それまでは、電気のつけっぱなしに気をつけるなど地道な努力を繰り返すことで”月数百円”を節約してきた石黒にとって、携帯会社を変えるだけで”月数万円”節約できた経験は衝撃的なものでした。



 その後、電気・ガス・インターネットなど、全ての固定費の見直しを始めます。しかし、実際見直しを始めてみると、ある壁にぶつかります。


 それは「ものすごく面倒くさい」ということ。



「これでは重たい腰は上がらない」


 「比較」「申し込み」して「切り替え」をする。それは日々仕事をしながらこなすにはあまりにも面倒な作業でした。実際にかなり節約にはなりましたが、全てを完了するのに数ヶ月もかかったそうです。


 彼の周りには、お財布のやりくりに困っている友人がたくさんいました。彼らにも見直せる支出がたくさんありましたが、誰に勧めても口を揃えて「面倒だからいいや」と返されたそうです。


 石黒自身、その面倒くささは身に染みていた反面、見直しさえすれば確実に家計が楽になることも強く実感していました。彼に言わせれば、支出の見直しは「究極の節約術」。1回見直しさえすれば、そのあとも節約のインパクトが続くからです。



 ただ、どうしてもハードルが高い。そこで石黒はコスト削減本舗の立ち上げを決意しました。


コスト削減本舗にかけた想い


 コスト削減本舗は、支出の見直しという面倒な作業を「初期費用なし」「ワンストップ」でお手伝いするというサービスです。成果報酬制にしたのも、とにかく見直しのハードルを下げたかったからです。削減成功を確信しているからこそできるスキームですね。


 まずはとにかく一歩を踏み出していただく。調べたり切り替えたりする手間は極限まで省き、支出削減を達成する。それがコスト削減本舗の役目です。


 ただ、石黒が叶えたかったのは”その先の未来”でした。お客さまの手元に残るお金が増えることで、生活が楽になるだけでなく、貯金や投資ご家族で遊びに行く資金としても活用できるようになります。



 お金の余裕は心の余裕も生み、笑顔も増えていく。お客さまの負担を少しでも減らすことで、”より良い未来へ”変えていくことができます。コスト削減本舗のミッションはここにあります。


コロナ禍の今、なぜ注目されているのか


 コロナ禍になってから、お問い合わせが増えていると伺いました。なぜ今、支出の見直しが注目されているのでしょうか?


平良さん:おっしゃる通り、コロナ禍の影響は大いにあると感じています。お問い合わせが増えている要因としては「減給やボーナスカットに伴う不安感」が一番大きいと思います。

 他にも、在宅勤務が増えていることによって電気代や通信費などの固定費が増加してしまったことも理由にあげられます。「イン」が減っているのに「アウト」が増えてしまったことで、節約への意識が高まっています。



 お問い合わせに共通しているのは、過去に比べて必死度が段違いであること。コロナ禍が長引くにつれて、本当に切羽詰まっているお客さまも増えてきたと感じます。


 コスト削減本舗は、お客様の一番近い相談相手のような存在でありたいと考えています。1人でも多くのかたのお力になることで、今回のコロナ禍を乗り切るために全力でお手伝いさせていただきます。


支出の見直しは何もしないでできる究極の節約術!


では最後に、コスト削減本舗のサービスについて、教えてください。


平良さん:コスト削減本舗では、面倒な支出の見直しをワンストップでお手伝いしております。比較して申し込みし実際に切り替え作業をするところまでお手伝いするため、お客さまは”何もせずに節約”することが可能です。


 成果報酬制をとっているために初期費用がかからないので、安心してご依頼いただけます。支出の削減は定期的に見直すことでより効果を発揮しますので、継続的に相談にのれる相手として、親身に対応させていただきます。



 実績としては、代理店募集開始1ヶ月で120件ものお問い合わせをいただいております。また、現時点で累計見直し金額は1700万円を突破しました。2年ちょっとでこの額に達成していることからも、お客さまの支出にはまだまだ削れる余地があることがわかるかと思います。


 実際に今までで一番削減できたお客様は、2年で130万円もの削減に成功しています。今この記事を読んでいるかたの支出にも、確実に見直せる点があると断言できます。


 まだ収束が見えないコロナ禍の今、私たちにできることで社会貢献をしていきたいと考えています。今まで気にしてこなかったかたにこそ、コロナ禍をきっかけに支出の見直しに挑戦してほしいと思います。面倒な部分は全て肩代わりさせていただきますので、ぜひお気軽にお声がけください。


 アツい想いを語っていただきありがとうございました!支出の見直し、とても興味が湧いてきますね。気になるかたは下記サイトよりお問い合わせしてみてください。



◆コスト削減本舗 WEBページ

https://honpo.cos-saku.com

--------------------お問合せ先------------------------

TEL:0120-747-048

Mail:support@cluster-group.jp

--------------------------------------------------------


◆関連記事

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000051469.html


<提供会社>

会社名:クラスターグループ株式会社

事業責任者:平良 昌吾

設立:2018年12月10日

所在地:東京都港区芝4-7-6 芝ビルディング704

ホームページ:https://www.cluster-group.jp