クラウド型DX Manager「riclink」と顧客接点クラウド「カイクラ」、健康機器製造メーカーにて導入

~動画×SMSマーケティング、データをフル活用し商談化率をあげる手法~

クラウド型DX Manager「riclink」の開発・運営・販売を行う株式会社シーズ・リンク(本社:東京都新宿区、代表取締役 澤田裕樹、以下シーズ・リンク)と顧客接点クラウド「カイクラ」の開発・販売を行う株式会社シンカ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 江尻高宏、以下シンカ)は、「riclink」と「カイクラSMS」が健康機器製造メーカーに導入されたことを発表いたします。
【本件のポイント】
  • メールアドレスがわからないマーケティングリードにどうアプローチするかの課題を解決
  • 「riclink」で動画・Web・資料を紐づけしたナーチャリング用コンテンツを制作
  • 「カイクラSMS」を活用し、携帯電話番号に対して「riclink」の動画URLをショートメッセージで送信

 

▼顧客課題
こちらの健康機器製造メーカーでは、すぐに受注とならないマーケティングリード(見込客)に対してのアプローチ方法について課題を抱えていました。メールアドレスが判明しているリードについては、メールでアプローチすることでナーチャリング(育成)可能ですが、携帯電話番号のみのリードについてはアプローチできず、リードを活用しきれない状態だったとのことです。

▼​解決方法
ricklinkを導入、動画をベースに必要な情報を紐づけしたコンテンツを制作することで、健康機器についての情報をワンストップで提供することができ、また、カイクラSMSでricklinkの動画URLを伝達することにより、携帯電話番号のみ判明しているリードについてもアプローチが可能となりました。

今後は、「riclink」を活用した「動画マニュアル」の制作や既存顧客に対する「お友達紹介キャンペーン」など、「riclink+カイクラSMS」の強みをさらに活かした様々なマーケティング・カスタマーサポート施策を展開していきたいとお考えとのことです。

riclinkとカイクラSMSの連携イメージriclinkとカイクラSMSの連携イメージ

  
<参考サイト>
顧客接点クラウドのSMS活用で顧客に連絡を取れないを解消(会話クラウドマガジン カイクラ.mag)
https://kaiwa.cloud/media/sms/

よく聞かれる「YouTube」と「riclink」の違いをご紹介(riclink)
https://riclink.jp/knowhow/riclinkvsyoutube/


■クラウド型DX Manager「riclink」とは                  


「riclink(リクリンク)」は、動画・Web・資料のコンテンツプラットフォームです。

インタラクティブ動画生成機能を有し、動画内に別コンテンツへの導線を埋め込むことで、1本の動画から意図するコンテンツへ「つなげる」、形式の異なるコンテンツを「まとめる」といった新たな情報伝達手法を可能とします。また、クローズド配信機能や視聴ログデータの可視化といったビジネスシーンで活躍する機能も充実。誰でも使えるユーザーインターフェースでデジタルコンテンツ活用をより身近なものとし、あらゆるビジネスシーンで“動画×Web×資料”を今より効果的に伝えることが可能となります。

「riclink」は2019年5月に提供を開始し、営業・マーケティング活用を中心に、顧客対応(CS)、人事活動(採用・研修)といった幅広い企業活動のDX推進をサポートしております。また、経済産業省が推進する「IT導入補助金2020(C類型)」対象のITツールとしても認定されています。

クラウド型DX Manager「riclink」公式サイト https://riclink.jp/


■顧客接点クラウド「カイクラ」とは                      


「カイクラ」は、クラウド型のコミュニケーション管理ツールです。

CTIやSMS (ショートメッセージ) 、ビデオ通話、はがきDMなど、顧客コミュニケーションを一元管理する機能を有しています。異なるコミュニケーション手段を用いても顧客ごとにコミュニケーション履歴情報を一元管理できるので、担当者以外でもこれまでの経緯を把握した上で、顧客対応することが可能になります。「カイクラ」を利用すれば、自宅からオフィス電話にチーム対応することも可能。テレワーク時の顧客コミュニケーションもサポートします。

「カイクラ」は2014年8月のサービス開始以来、導入100業種・業態以上、1,500社、2,300拠点以上で利用されています。2015年12月にNTT東日本正式受託商品として認定され、2016年2月に第8回千代田ビジネス大賞特別賞を受賞、2018年11月には世界発信コンペティション2018においてサービス部門特別賞を受賞。経済産業省が推進する「IT導入補助金2020(C類型)」対象のITツールとしても認定されています。

顧客接点クラウド「カイクラ」公式サイト https://kaiwa.cloud/


■株式会社シーズ・リンク 概要
社 名 : 株式会社シーズ・リンク
代表者 : 代表取締役 澤田 裕樹
所在地 : 東京都新宿区新宿2丁目8-18 第1バーディートライビル7F
設 立 : 2015年11月
事業内容: クラウド型DXツール「riclink™」の開発・販売・運用
      IoTサービスの開発・販売・コンサルティング
URL  : https://www.cs-link.jp/

 ■株式会社シンカ 概要
社 名 : 株式会社シンカ
代表者 : 代表取締役社長:江尻 高宏
所在地 : 東京都新宿区西新宿2丁目6-1 新宿住友ビル37F
設 立 : 2014年1⽉
事業内容: ・ITを活用したシステム企画・開発及び運用
      ・クラウドサービス商品の企画・開発及び販売、運用
      ・ITサービス利用のコンサルティング
URL  : https://www.thinca.co.jp/


■本件に関するお問い合わせ先
株式会社シーズ・リンク コーポレートコミュニケーション本部
 澤田晋吾(03-6274-8216) MAIL:info@riclink.jp  
株式会社シンカ 広報担当
 佐藤(03-6721-0415) MAIL:pr@thinca.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社シーズ・リンク >
  3. クラウド型DX Manager「riclink」と顧客接点クラウド「カイクラ」、健康機器製造メーカーにて導入