〈ご接待や新年のご会食にも〉極上の「松葉蟹会席」で"日本の四季の味"に舌鼓を打つ、料亭 壺中庵がおくる冬の季節の会席

2022年1月13日(木)より、鳥取県境港市から届く松葉蟹を使用した「松葉蟹会席」の提供を開始

総合プロデュース企業 株式会社八芳園(取締役社長:井上義則、東京都港区白金台1‐1‐1、以下「八芳園」)は、料亭 壺中庵がご提供する日本の極上の旬の味覚を味わう「季節の会席」にて、2022年1月13日(木)~2月25日(金)、鳥取県境港市から届く"松葉蟹"を使用した「松葉蟹会席」をお届けいたします。厳選された極上の素材と料理人の技に、舌鼓を打つ贅沢をご体感ください。
【壺中庵「季節の会席」ページ:https://www.kochuan.co.jp/seasonal/2022/

※写真はイメージです※写真はイメージです

江戸時代より続く八芳園の広大な日本庭園の中に佇む、料亭 壺中庵。
1950年まで、実業家 久原房之助氏の私邸として使われていた歴史ある数寄屋造りのこの場所は、どの部屋からも四季折々の美しい庭園の景色を望むことができる、秀逸な眺望をお楽しみいただけます。
 
そんな都会の喧騒から切り離されたような自然あふれる静寂と、大切に守り受け継がれてきた伝統の空間に包まれて味わう、日本の四季の味覚。
1日1組限定でお届けする壺中庵の「季節の会席」は、移り変わる季節の庭園を望むくつろぎの空間の中で、料理人自らが見極め、選び抜いた、食材本来の美味しさが際立つ旬の味覚をご堪能いただきます。
 
2022年1月13日(木)~2月25日(金)にお届けするのは、鳥取県境港市から直送で届く松葉蟹を使用した、「松葉蟹会席」。料理長自らが厳選した格別な素材の味わいを活かし、和食本来の調理法により、一品一品を繊細に仕上げてお届けする冬の旬の味覚をご堪能ください。

ご会食の機会が多いこの季節、新年のお祝いやご接待にも。
季節の日本庭園を眺めながら、"一旬(一瞬)"の出逢いを贅に味わうひとときをお届けいたします。
 
  • 〈1日1組限定〉【睦月・如月】松葉蟹会席

※写真はイメージです※写真はイメージです

2022年1月13日(木)~2月25日(金)は、鳥取県境港市から届く松葉蟹を使用した「松葉蟹会席」をお届けいたします。
冬食材の王様として知られるズワイ蟹。その中でも、山陰地方で採れるものは松葉蟹と呼ばれています。壺中庵の料理長 菅野譲治が選び抜いた、鳥取県境港市から直送で届く松葉蟹は、一般的に流通しているものとは身の入りが異なり、甘みが格別。中でも、活けで味わうしゃぶしゃぶは、甘みを活かした極上の旨みが染み渡る逸品です。冬の味覚の代表格の中でも、さらに厳選された極上の素材と料理人の技に、舌鼓を打つ贅沢をご体感ください。

【季節の会席「松葉蟹会席」】
  • 提供期間:2022年1月13日(木)~2月25日(金) ※1日1組様限定/要予約
  • 価格:お一人様 40,000円(料理・室料・サービス料・税込)
  • 営業時間:11時00分〜21時00分(最終入店時間 18時30分)
  • 定休日:毎週火・水曜日・夏季休業・年末年始
  • 壺中庵「季節の会席」ページ:https://www.kochuan.co.jp/seasonal/2022/
※ご予約は、ご来店予定日の1週間前までのお受付とさせていただきます。

[ご予約・お問い合わせはこちら]
  • メール:info@kochuan.co.jp
  • 電話:03-3441-8888[受付 10:00-19:00]



 
  • 料亭 壺中庵について


東京白金台、江戸時代より続く八芳園の広大な日本庭園の中に佇む、料亭 壺中庵。1950年まで、実業家 久原房之助氏の私邸として使われていたこの場所は、1994年、若くしてこの地を訪れた作家 遠藤周作氏が中国故事「壺中の天」から連想し、「壺中庵」と命名されました。

どの部屋からも四季折々の美しい庭園の景色を望むことができ、ご人数に合わせたお部屋で四季の彩と悠久の空間をゆったりと堪能いただけるくつろぎの時をお過ごしいただけます。
都会の喧騒から切り離されたような自然あふれる静寂と歴史と伝統を感じる空間の中で、季節の趣を写す伝統の日本料理に舌鼓を打つ、至高のひとときをお過ごしください。
[壺中庵]​http://www.kochuan.co.jp/

 
  • 八芳園について

八芳園は、昭和18年の創業以来、豊かな自然環境づくりと、食生活への奉仕を通して、社会に貢献する総合イベントプロデュース企業です。「日本のお客様には心のふるさとを。海外のお客様には日本の文化を。」を理念に掲げ、「OMOTENASHIを世界へ」をミッションとして、MICE、結婚式をはじめとした、宴会・レストランなどの企画運営を展開、都心にありながらも江戸時代から続く約1万坪の由緒ある庭園を維持し、お客様へ至福の時を提供しています。
東京2020大会においては、ホストタウンアピール実行委員会に参画し、イベント及びフードプロデュースを担当いたしました。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 八芳園 >
  3. 〈ご接待や新年のご会食にも〉極上の「松葉蟹会席」で"日本の四季の味"に舌鼓を打つ、料亭 壺中庵がおくる冬の季節の会席