京葉銀行の取引先の農園で千葉大生が農業体験をするプログラムを実施

千葉大学×京葉銀行ecoプロジェクト

国立大学法人千葉大学の環境ISO学生委員会(以下、学生委員会)と株式会社京葉銀行(以下、京葉銀行)は、2017年度より協同でecoプロジェクトを実施しており、SDGs達成に向けた取り組みを行っています。 その一環として、学生2名が千葉県内の農園で農業体験を行いました。
  • 農業体験プログラムについて

 

 

 

芝山農園での農作業の様子芝山農園での農作業の様子

持続可能な開発目標(SDGs)の目標2「飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する」の達成に向けた活動の一環で、学生が農作業の経験をすることで、次世代の若者の農業への興味関心を深める取り組みです。
香取市における歴史的資源を活用した観光まちづくりを行う株式会社NIPPONIA SAWARAの協力のもと、京葉銀行が取引先の農家・農園・加工業者などから受入先企業を募り、学生委員会が学生の中から体験希望者を募り、受入先に派遣します。
 
  • 芝山農園様での農業体験
本プログラムの1回目として、以下の体験プログラムを実施しました。

■プログラム概要

 

受入先 :株式会社芝山農園 (代表取締役社長:篠塚佳典、所在地:千葉県香取市福田500-25)
ホームページ: https://shibayama-f.com/
体験人数:環境ISO学生委員会の1年生 2名
体験期間:9月13日(月)~9月18日(土)に1名、9月13日(月)~9月25日(土)に1名
業務時間:7:30~17:30(休憩あり)※期間中は農園の寮に宿泊して勤務
時  給:950円
主な作業:芋掘り機に乗りさつまいもを掘る作業、鍬(くわ)を用いてつるを切る作業、さつまいもの選別(重さごとの仕分け)作業、箱詰め作業、芋けんぴの袋詰め作業

■体験した学生の感想
石塚優洋(法政経学部2年)

さつまいもの選別作業をする石塚さん(左)さつまいもの選別作業をする石塚さん(左)

大学での授業を通してSDGsについて関心を持ち、農業体験プログラムに参加しました。さつまいも掘りや鍬での作業など慣れないことが多く、戸惑うこともありましたが、わからないことは農家の方に親切に教えていただき親睦を深めることができました。普段の大学生活の中で、農業に携わる機会はなかなか無いので非常に新鮮で貴重な体験となりましたし、今回は新型コロナウイルスの影響で外で活動する機会がほとんどなく、自然が豊かな地で作業をするのはとても気持ちがよかったです。また、実際にSDGsに貢献する農業の取り組みを見聞きし、学生の立場からだけでなく、生産者の視点からもSDGsについて考えることができました。

阿部美南(法政経学部1年)

さつまいもの選別作業をする阿部さんさつまいもの選別作業をする阿部さん

農業について漠然としたイメージしかありませんでしたが、今回の体験を経て、本当に苦労が多いお仕事だと身をもって感じました。肉体的な苦労はもちろんですが、天気などその日の状況によって仕事を見極めるという難しさがあり、他のお仕事と大きく違うと感じました。また、農家の皆さんが、作業スピードや効率性を重視してお仕事をされていたことが非常に印象的でした。美しい自然の中で滅多にできないお仕事をさせて頂けたことを光栄に思います。
  • 株式会社芝山農園(代表取締役社長 篠塚佳典)
株式会社芝山農園は農産物の生産、加工、販売や、観光農園、体験農園の運営などを行う会社です。
持続可能な開発目標(SDGs)の実現に貢献することを重視しながら、農業生産工程の効率化によって豊かで安定的な食糧生産に貢献できるよう、最先端の農業技術を駆使し作業の省力化と作物の高品質化、フードロスのない商品加工を実現するべく「スマート農業」の推進と生産物ロスの利用価値研究を行っています。
ホームページ: https://shibayama-f.com/
 
  • 株式会社NIPPONIA SAWARA(代表取締役社長 上村 進)
香取市における観光業の支援によるまちづくりを進めるために、株式会社京葉銀行が佐原信用金庫と株式会社地域経済活性化支援機構等と2015年に組成した「千葉・江戸優り佐原観光活性化ファンド」からの出資により、2016年に設立した会社です。古民家や蔵などの歴史的資源を宿泊施設等に改修する不動産開発事業、地域情報の発信、地元産品のブランド化事業などを行っています。
ホームページ: https://www.nipponia-sawara.com/
 
  • 「千葉大学×京葉銀行ecoプロジェクト」について

千葉大学と京葉銀行は2012年に包括連携協定を結んでおり、千葉大学で環境活動を主体的に担っている環境ISO学生委員会と京葉銀行が協同で、2017年から「ecoプロジェクト~7色の虹を千葉から未来へ」を実施しています。本プロジェクトでは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて、まずは「地域の環境負荷削減と環境意識向上に貢献したい」という想いで、京葉銀行の行員や取引先企業、地域住民、千葉大学の学生などを含めた千葉県内の多くの方々を対象に、環境意識の啓発活動を実践しています。
公式サイト  https://www.keiyobank.co.jp/ir/eco_project/
 
  • 本件に関するお問い合わせ
​国立大学法人千葉大学 環境ISO事務局 TEL:043-290-3572
京葉銀行 経営企画部 広報グループ TEL:043-306-8065

▼本プロジェクトに関連する2020年度・2021年度のプレスリリース
千葉大1年生170人のSDGs啓発の取り組み 17の記事を京葉銀行Webサイトに掲載
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000520.000015177.html
千葉大生が作成した「千産千消」リーフレットが完成!京葉銀行全店舗で配布開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000502.000015177.html
SDGsへの取り組みを強化「千葉大学×京葉銀行ecoプロジェクト」が5年目突入
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000508.000015177.html
千葉大生が環境・SDGs啓発を目的にマイストローをデザイン
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000501.000015177.html
千葉⼤⽣が企画 環境と近隣飲⾷店の応援を兼ねた「⻄千葉グルメキャンペーン♪」スタート
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000482.000015177.html
千葉⼤⽣がコンサルティングに挑戦 企業の「エコアクション21」取得を⽀援
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000484.000015177.html
京葉銀行でマイボトル利用推進 千葉大生がデザインしたボトルを贈呈
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000477.000015177.html
コロナ禍の2020年度の活動を振り返る「千葉大学×京葉銀行ecoプロジェクト」実施報告会
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000474.000015177.html
千葉大生が企業関係者に向けて講演 SDGsの達成に向けた取り組みを考える
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000470.000015177.html
おうち時間に親子で園芸体験を!千葉大生がレタスの種を千葉市動物公園で配布します
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000467.000015177.html
千葉大生が制作した環境意識啓発CMを京葉銀行の全店舗のディスプレイで放映開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000455.000015177.html
 
  1. プレスリリース >
  2. 国立大学法人千葉大学 >
  3. 京葉銀行の取引先の農園で千葉大生が農業体験をするプログラムを実施