おうち時間に親子で園芸体験を!千葉大生がレタスの種を千葉市動物公園で配布します

~千葉大学×京葉銀行ecoプロジェクト~

国立大学法人千葉大学の環境ISO学生委員会と株式会社京葉銀行(以下、京葉銀行)は、2017年度よりSDGs達成に向けて、主に環境と地域活性への貢献のため、協同でecoプロジェクトを実施しています。今回、プロジェクトの一環として、2021年3月13日(土)、14日(日)、千葉市動物公園を訪れた方にリーフレタスミックスの種を配布します。
※ (2021年3月12日追記)荒天が予想されるため、配布日を3月14日(日)、3月20日(土)に変更します。
  • 本企画について

配布する種配布する種

概要
「みんなでタネをまこう!レタスを味わおう!」を合言葉に、リーフレタスミックスの種を千葉市動物公園の来場者に配布します。コロナ禍でも、ご家庭で手軽に楽しめる園芸体験をつうじて、『癒し』と『自産自消』の魅力を感じていただければ幸いです。さらにご家庭での栽培の様子を、Instagramに投稿していただいた方には、抽選でプレゼントを差し上げます。

背景
日頃、園芸で『癒し』を実感している園芸学部の学生が、本企画を発案しました。また、栽培の様子を投稿し共有することで、同様の趣味を持つ方とのコミュニケーションを取れる仕組みを考えました。企画の相談を受けた京葉銀行は千葉市動物公園に協力を依頼し、配布場所を確保しました。

企画詳細はこちら
https://www.keiyobank.co.jp/ir/eco_project/pdf/202103tane.pdf

企画の詳細(投稿方法、育て方、食べ方など)企画の詳細(投稿方法、育て方、食べ方など)

Instagramによる応募方法
1.「栽培中のレタス」または「調理をしたレタス」の写真を撮影する
2.ご自身のアカウントで「@eco_dispatch」をフォローする(https://www.instagram.com/eco_dispatch/
3.投稿に「#チバタネプロジェクト」「#エコ発信局」とハッシュタグをつける →応募完了

リーフレタスについて
リーフレタスは、サニーレタスに代表されるように結球をしないレタスです。栽培期間が1か月と大変短いうえに栽培方法も簡単なので、普段から家庭菜園をする方も初心者の方も皆さんで楽しめる野菜です! また、屋外の畑ではなく家庭用のプランターでも十分に食べられる大きさに育つことも特徴の1つです。 
 
  • 配布について
日程:2021年3月13日(土)、14日(日)​※ (2021年3月12日追記)荒天が予想されるため、配布日を3月14日(日)、3月20日(土)に変更します。
時間:両日ともに9:30~11:00(なくなり次第終了)
部数:各日 750個(予定)
場所:千葉市動物公園内 正門・西口広場(2か所)
方法:学生がマスクとフェイスシールドを着用の上、来場者に配布します。
 
  • 企画を担当した学生の声

9月から半年以上かけて練り上げてきたこの企画が実現することをうれしく思います。子どもたちにはレタスの栽培を通して、植物の成長のみならず、自ら食べ物を育てて食べることにも関心を持っていただければ幸いです。今回の企画が好評でしたら、来年度以降も継続してやっていきたいと思っています。感染症対策を徹底して配布いたしますので、皆さんどうぞ千葉市動物公園にお越しください。(園芸学部2年 谷口明香里)
 
  • 「千葉大学×京葉銀行ecoプロジェクト」について

千葉大学と京葉銀行は2012年に包括連携協定を結んでおり、千葉大学で環境活動を主体的に担っている環境ISO学生委員会と京葉銀行が協同で、2017年から「ecoプロジェクト~7色の虹を千葉から未来へ」を実施しています。本プロジェクトでは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて、まずは「地域の環境負荷削減と環境意識向上に貢献したい」という想いで、京葉銀行の行員や取引先企業、地域住民、千葉大学の学生などを含めた千葉県内の多くの方々を対象に、環境意識の啓発活動を実践しています。
公式サイト  https://www.keiyobank.co.jp/ir/eco_project/
▼2017年度プロジェクト実施報告会
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000259.000015177.html
▼2018年度プロジェクト実施報告会
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000337.000015177.html
▼2019年度・3ヵ年実施報告会
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000403.000015177.html
▼3か年実施報告書
https://www.keiyobank.co.jp/ir/eco_project/pdf/report2019.pdf
 
  • 本件に関するお問い合わせ
​国立大学法人千葉大学 環境ISO事務局 TEL:043-290-3572
京葉銀行 経営企画部 広報グループ TEL:043-306-8065

▼本プロジェクトに関連する2019年度・2020年度のプレスリリース
千葉大生が制作した環境意識啓発CMを京葉銀行の全店舗のディスプレイで放映開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000455.000015177.html
千葉大生が千葉県「佐原」の魅力を取材しガイドブックを作成
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000393.000015177.html
SDGsの10個の目標に貢献 延べ400人の学生が関わった「千葉大学×京葉銀行ecoプロジェクト」3ヵ年報告
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000403.000015177.html
映画から環境問題を考える 千葉大生21人が中学生129人に授業を実施
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000379.000015177.html
韓国で開催されたグリーンキャンパス国際フォーラムで 千葉大学の環境への取り組みについて学生が発表
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000378.000015177.html
千葉大生が農業とエネルギーの未来を考える「営農型太陽光発電」の見学会を企画
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000360.000015177.html
3年目に突入!「千葉大学×京葉銀行ecoプロジェクト」がグレードアップ
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000367.000015177.html
夏休みにクイズと工作体験で楽しくエコを学ぶ「こどもエコまつり」を開催
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000359.000015177.html
千葉大学環境ISO学生委員会がInternational Green Gown Awards 2019で奨励賞を受賞しました
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000357.000015177.html
千葉大学環境ISO学生委員会がASCN2019年次大会において最優秀賞を受賞
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000352.000015177.html
海のゆりかご「アマモ」の苗移植会に千葉大生44名が参加
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000345.000015177.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 国立大学法人千葉大学 >
  3. おうち時間に親子で園芸体験を!千葉大生がレタスの種を千葉市動物公園で配布します