京葉銀行でマイボトル利用推進 千葉大生がデザインしたボトルを贈呈

千葉大学×京葉銀行ecoプロジェクト

国立大学法人千葉大学の環境ISO学生委員会(以下、学生委員会)と株式会社京葉銀行(以下、京葉銀行)は、2017年度より協同でecoプロジェクトを実施しており、SDGs達成に向けた取り組みを行っています。その一環として、今回、京葉銀行が取り組んでいる「サンクスカード」(※)で表彰された行員への記念品として、学生委員会がデザインしたマイボトルが贈られました。
  • マイボトル利用促進企画について
経緯:本ecoプロジェクトの中に、学生が関与しながら行員の環境意識向上と行内の省エネ・省資源の取り組みを推進する「京葉銀行エコチャレンジ」という企画があります。昨年度までは用紙使用量の削減に取り組んできましたが、今年度は、エコグッズの利用促進を企画しました。
 

スリムサーモステンレスボトル(200ml)スリムサーモステンレスボトル(200ml)

目的:マイボトルの利用を促進することで、飲料容器に使われるプラスチックの使用量を減らすとともに、海の環境を守るというメッセージを伝えるデザインを取り入れ、身近なところから環境への意識を高めることを狙います。

内容:京葉銀行内で実施する「サンクスカード」の仕組みの中で、多くのカードを贈った行員やもらった行員、内容が素晴らしい行員に記念品が贈呈されます。今年度はその記念品をマイボトルにして、デザインを学生委員会が担当しました。サンクスカードの表彰は2021年3月に各部署で行われ、合わせて60名の行員にマイボトルが贈呈されました。
 
  • (※)サンクスカードとは

サンクスカードの例サンクスカードの例

サンクスカードは2019年4月に導入した京葉銀行内での仕組みで、行員同士の感謝・讃える気持ちを見える化するツールです。褒める文化の構築により、行員同士でのコミュニケーション強化・モチベーション向上・チーム力の強化を図ります。
 
  • 企画を担当した学生の声(国際教養学部2年 松林奈緒)

持ち運びしやすいサイズ感持ち運びしやすいサイズ感

マイボトルの利用によってプラスチックの使用量を削減しようという観点から、デザインは SDGs の「14.海の豊かさを守ろう」を意識しました。魚たちを眺めているキャラクターは環境ISO学生委員会のマスコット「いそちゃん」です。行員の皆さまには日常的にマイボトルを使っていただき、皆さんたちからマイボトル文化を広めていただけると嬉しいです。
 
  • 「千葉大学×京葉銀行ecoプロジェクト」について

千葉大学と京葉銀行は2012年に包括連携協定を結んでおり、千葉大学で環境活動を主体的に担っている環境ISO学生委員会と京葉銀行が協同で、2017年から「ecoプロジェクト~7色の虹を千葉から未来へ」を実施しています。本プロジェクトでは、国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて、まずは「地域の環境負荷削減と環境意識向上に貢献したい」という想いで、京葉銀行の行員や取引先企業、地域住民、千葉大学の学生などを含めた千葉県内の多くの方々を対象に、環境意識の啓発活動を実践しています。
公式サイト  https://www.keiyobank.co.jp/ir/eco_project/

▼2020年度プロジェクト実施報告会
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000474.000015177.html
▽2020年度報告書
https://www.keiyobank.co.jp/ir/eco_project/pdf/report2020.pdf
▼2019年度・3ヵ年実施報告会
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000403.000015177.html
▽3か年報告書
https://www.keiyobank.co.jp/ir/eco_project/pdf/report2019.pdf
▼2018年度プロジェクト実施報告会
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000337.000015177.html
▽2018年度報告書
https://www.keiyobank.co.jp/ir/eco_project/pdf/report2018.pdf
▼2017年度プロジェクト実施報告会
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000259.000015177.html
▽2017年度報告書
https://www.keiyobank.co.jp/ir/eco_project/pdf/report.pdf
 
  • 本件に関するお問い合わせ
​国立大学法人千葉大学 環境ISO事務局 TEL:043-290-3572
京葉銀行 経営企画部 広報グループ TEL:043-306-8065

▼本プロジェクトに関連する2019年度・2020年度のプレスリリース
コロナ禍の2020年度の活動を振り返る「千葉大学×京葉銀行ecoプロジェクト」実施報告会
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000474.000015177.html
千葉大生が企業関係者に向けて講演 SDGsの達成に向けた取り組みを考える
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000470.000015177.html
おうち時間に親子で園芸体験を!千葉大生がレタスの種を千葉市動物公園で配布します
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000467.000015177.html
千葉大生が制作した環境意識啓発CMを京葉銀行の全店舗のディスプレイで放映開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000455.000015177.html
千葉大生が千葉県「佐原」の魅力を取材しガイドブックを作成
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000393.000015177.html
SDGsの10個の目標に貢献 延べ400人の学生が関わった「千葉大学×京葉銀行ecoプロジェクト」3ヵ年報告
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000403.000015177.html
映画から環境問題を考える 千葉大生21人が中学生129人に授業を実施
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000379.000015177.html
韓国で開催されたグリーンキャンパス国際フォーラムで 千葉大学の環境への取り組みについて学生が発表
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000378.000015177.html
千葉大生が農業とエネルギーの未来を考える「営農型太陽光発電」の見学会を企画
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000360.000015177.html
3年目に突入!「千葉大学×京葉銀行ecoプロジェクト」がグレードアップ
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000367.000015177.html
夏休みにクイズと工作体験で楽しくエコを学ぶ「こどもエコまつり」を開催
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000359.000015177.html
千葉大学環境ISO学生委員会がInternational Green Gown Awards 2019で奨励賞を受賞しました
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000357.000015177.html
千葉大学環境ISO学生委員会がASCN2019年次大会において最優秀賞を受賞
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000352.000015177.html
海のゆりかご「アマモ」の苗移植会に千葉大生44名が参加
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000345.000015177.html
  1. プレスリリース >
  2. 国立大学法人千葉大学 >
  3. 京葉銀行でマイボトル利用推進 千葉大生がデザインしたボトルを贈呈