石川県のソウルフード「さぶろうべいの ”とり白菜鍋”」を100年ブランドに。 〜さぶろうべい事業承継ストーリー〜

事業承継

#事業承継  #ソウルフード  #さぶろうべい

2022年5月17日 09時00分 株式会社SU-BEE

  • ストーリーをシェアする

プロフィール
株式会社SU-BEE 代表取締役 田端弘一
石川県加賀市出身。
約50店舗を展開していた上場外食企業の副社長としてチェーンオペレーティングを経験し、その後独立。2015年より株式会社SU-BEE 代表取締役。オペレーションと企画力を強みに、体験型の創作和食料理店COIL(コイル)やTILE(タイル)、会員制ドッグラウンジD.E.など、様々な業態を展開中。
商品・サービス情報
金沢名物 とり白菜鍋
先代三郎平氏が作り上げた「秘伝の醤油だれ」は、創業以来、決して変わらない自慢の逸品です。「とり白菜鍋」は、出汁やスープを一切使わず、素材からでる旨味成分たっぷりの水分で仕上げます。素材の味に、このこだわりのたれと卵を絡めることで、一層旨さが惹き立ちます。
「とり白菜鍋」のもうひとつの秘密。それが、このこだわりの鶏油です。香ばしさが増し、新鮮な鶏肉と白菜の素材の味を、一層に惹き立てます。鶏皮を弱火でじっくりと、丁寧に熱して抽出しています。さぶろうべいの旨さの秘密は、この黄金色の鶏油にもあるのです。
とりかわ
じっくりと煮込まれた柔らかい触感と歯ごたえ。これを目当てにお店に通って頂くファンも多数。
ストーリー素材ダウンロード

このストーリー内で使われている画像ファイルと報道用素材がダウンロードできます。
掲載内容や画像等は各媒体の報道にご利用いただけます。