KATE、秋の新アイテムはベーシックメイクもトレンドメイクもアップデート!なりたい自分を彩る“抜け感カラーライナー”と“軽やかマットリップ”に注目

#ケイト  #カラーライナー  #秋メイク

2020年10月19日 11時00分 株式会社カネボウ化粧品

ブラウンメイクに定評のある『KATE』。2020年秋の新作はブラウンシャドウをより引き立てる “抜け感カラーライナー”が登場!トレンドを意識しつつ新しいニュアンスを提案する『KATE』が、新しいカラーメイクの楽しみ方をお届けします。


『KATE』が2020年秋に提案するのはコンシャスメイク!


絶妙な発色で、新作が発売されるたびに注目を浴びる『KATE』。前作の「デザイニングブラウンアイズ」はブラウン×カラーニュアンスの影色で、簡単に抜け感のある大きな明るい目もとを演出するパレットとして誕生しました。それまで“定番”と思われがちだったブラウンメイクに変化を与える新しい提案をしたことで「ブラウンメイクの幅が広がった」とお客様からも好評。

そして、2020年秋の新作も『KATE』として新しい挑戦をします。今秋『KATE』が提案するのは“コンシャスメイク”。カラー・質感にこだわり、ニュアンスのある洗練された目もと・口もとに仕上がるアイテムをラインナップします。


目もとは、トレンドのブラウンシャドウに似合うように開発されたスモーキーカラーやヌードカラーをアクセントに取り入れるという発想で、肌なじみが良いのにブラウンアイシャドウを引き立たせるというアイテムが生まれました。


敢えて主役にならない絶妙カラー。抜け感カラーライナーはこう使って!


これまで「カラーライナー」と言えばビビッドカラーを使って目もとを際立たせるメイクも多かったですが、『KATE』の「コンシャスライナーカラー」はブラウンアイシャドウに似合うように開発された、さりげないニュアンスカラーがラインナップ。スモーキーカラーやヌードカラーが、ブラウンシャドウの目もとを印象的に引き立てます。



■「コンシャスライナーカラー」 各色の特長


また、発色だけではなくアイライナーとしての使い心地にもこだわり、液含みが良く、しなやかなフェルトチップ筆を採用。ラインを細くも太くも自在に描くことができます。さらに、落ちにくくにじみにくいフィルムタイプで、お湯でオフできます。


「カラーライナーは難しい・・・」と躊躇している人もいるかもしれませんが、色が主張しすぎることがなく肌なじみの良いニュアンスカラーをライナーとして使うことで、初心者の方でも簡単にいつもと違うメイクを楽しむことができます。

おすすめは、「ザ アイカラー」のブラウン系の新色との組み合わせです。


<ブラウンシャドウを引き立てる抜け感カラーライナー> 

053(キャメルオレンジ)を上まぶたの目尻側1/2に、目頭側1/2には054(グリッターブラウン)をのせます。黒目の上に2色が重なることで、目もとに立体感が生まれます。最後に、「コンシャスライナーカラー03(ヌーディーブラウン)」でアイライナーを引き、黒目の下にはアイライナーを入れず目頭と目尻にだけラインを描けば目幅が広がって見え、抜け感のある大きな目もとを演出できます。


■使用アイテム


さらに「コンシャスライナーカラー」だけでも多様な使い方ができます。

例えば、二重の幅を意識して太めのラインを描けば、アイシャドウを使わなくても、目力がアップして見えます。そして、二重のラインをなぞるようにアイラインを描き(ダブルライナー)、目尻の下にもアイラインを入れるとナチュラルなのにしっかりと存在感のある目もとに仕上がります。一重の方におすすめの描き方は“トリプルライナー”。黒目の上を山なりに描くことで、くっきりとした目もとに仕上がります。


<太めラインで目力アップ>

二重幅を意識して太めにラインを入れることで、アイシャドウを使わなくても大きく印象的な目もとに。一重や奥二重の方にもおすすめ!


■使用アイテム


<ダブルラインでアクセントづかい>

ブラウンのアイライナーを引いた後、二重ラインに「コンシャスライナーカラー04(ヌーディーピンク)」でライナーを描き(ダブルライン)、目尻の下にもラインを入れることで、おしゃれ度アップ!ナチュラルなのにしっかりと存在感のある目もとに仕上がります。



■使用アイテム


<一重さんにおすすめのトリプルライナー>

ブラウンのアイライナーを引いた後、「コンシャスライナーカラー01(ダスティ―オレンジ)」で二重ラインを描きます。この時、黒目の上を山なりに描くことがポイント!目を開けた時にラインがはっきりときれいに見えます。最後に、アイライナーと二重ラインの間に「コンシャスライナーカラー02(ヌーディーベージュ)」を引くことで、目もとを明るくすっきりとした印象に見せてくれます。


■使用アイテム



コンシャスライナーカラーをバーチャルメイクで体験できます

https://www.nomorerules.net/virtual_make/

コンシャスライナーカラーは10月20日よりお試しいただけます



今秋こそトライして!軽やかマット質感の「エアリーマット」リップ


2020年に入ってからマットリップがトレンドですが、マットリップメイクに対して「使いこなすのが難しそう」というイメージを持っていて、どう取り入れれば良いのか悩んでいる人も多いようです。

そこで『KATE』は、マットでありながら乾燥しにくく、軽やかな仕上がりをもたらす、「レッドヌードルージュ(エアリーマット)」を開発しました。


「レッドヌードルージュ」の特長でもある、高いうるおいとなめらかな感触、鮮やかな発色を叶える“バーム由来処方”を活かしながら、仕上がりの軽やかマット感を感じられるように、今回新しい素材を配合。これにより、“バーム由来処方”の良さを保ったまま、エアリータッチのふんわりとした塗布時の感触と、光の拡散効果で唇にのせた時の軽やかなマット感を叶えることができました。

「レッドヌードルージュ」は2色がセットされたパレットタイプのクリームルージュで、赤い下地を塗った後ベージュでなじませるという使い方も特長のひとつ。唇のくすみをカバーしてくれる鮮やかな発色の赤い下地の上にどれくらいベージュを重ねるかによって赤みを自在に調整することができます。

今回のカラーバリエーションは、秋のムードに合う渋みのある4色をラインナップ。特に01、03は秋を感じられるカラーとなっております。02、04のベージュには大小異なるパールを配合しニュアンスを出しています。ベージュでなじませながらも、仕上がりの雰囲気を楽しむことができます。その日のファッションや気分に合わせてベージュの量を変えれば、上品にもカジュアルにもアレンジは自由自在です。


〈基本塗り〉


また、「グラデ塗り」もマットリップ初心者さんにはおすすめしたい塗り方です。赤い下地を唇の中央にのせたら唇の輪郭は描かず付属のチップで内側から外側に向かってリップを塗り広げます。最後にもう一度赤い下地を少量取り、中央部分に重ねることによってグラデーションリップが完成!きっちりとした印象になりがちなマットリップメイクがカジュアルな印象に仕上がります。


〈グラデ塗り〉



レッドヌードルージュをバーチャルメイクで体験できます

https://www.nomorerules.net/virtual_make/

※レッドヌードルージュ(エアリーマット)は10月20日よりお試しいただけます



今秋の新商品「コンシャスライナーカラー」は「カラーライナーは派手だから・・・」とカラーメイクに挑戦できていなかった人、マンネリメイクに悩んでいた人に、「レッドヌードルージュ(エアリーマット)」はリップメイクこだわり派の方やマットリップに挑戦したことが無い方にも気軽に試してもらいたいアイテムです。いずれも“誰でも簡単に”取り入れやすいカラーを追求した自信作です。

今回紹介したHOWTOを取り入れて、新しいメイクにどんどんチャレンジしてください。


×


ストーリー素材ダウンロード

このストーリー内で使われている画像ファイルがダウンロードできます。