コロナ禍の夏休みにSENRIプロジェクトが届ける「9つの学びの出会い」

#誕生秘話  #プロジェクトの裏側  #コロナ禍における奮闘

2021年7月13日 15時10分 株式会社ジオグリフ

  • ストーリーをシェアする

プロフィール
株式会社ジオグリフ 代表取締役 田畑豊史
東日本大震災の際、現地にて復興・復旧事業を経験。
そのときに培ったノウハウや人とのつながりを活かし、2015年8月、株式会社ジオグリフを設立。
「未来が続く美しい仕掛けを社会に実装し続ける」という企業理念のもと、課題に取り組む「人」「現場」に寄り添い、誰かの負荷の上に成り立つ仕組みではなく、IT技術を活用しながら調和した仕組みづくりを目指す。
2020年コロナ禍で緊急避難的にはじまったオンライン授業の取組から、当たり前にあった「教室」が無くなった時のシステム的な欠陥に気づき、アプリケーションターミナルkomachiを開発、サービス展開しはじめている。
N.U. ギターヴォーカル 庭瀬幸一郎
アコースティック・デュオ 『N.U.』のギターヴォーカル。
2021年からヨコハマアコフェスを主催。その収益を神奈川こども未来ファンドに寄付を行っている。
2020年のコロナ禍で、ライブ活動が出来なくなった折、いち早くオンラインライブ配信技術を身に着け、独自の境地に立っている。
現在は音楽活動の傍ら、身に着けたオンライン配信技術がビジネスで活用できることに気づき「オンライン配信コンサル」としても活動している。
商品・サービス情報
アプリケーションターミナル komachi
アプリケーションターミナルkomachiは、時間割表を利用することで、学校と生徒の間の連絡を簡単・便利にするアプリケーション。

ITで情報を共有するときには「メール」「チャット」「掲示板」「共有フォルダ」といくつものツールを使い分けて利用するが、その使い分けてしまうことそのものが、情報共有の阻害要因になっていることに気が付き、それぞれのツールを時間割表の中でイベントごとに集約させるツールとなっている。

komachiの持つ主な機能は次のとおり。
・先生から生徒たちへの「授業や宿題等の連絡」
・生徒から先生への「宿題等の提出」
・授業ごとの出欠確認
・クラスと生徒の間で交わされる「連絡帳(生活ノート)」

「学校」「クラス」「部活動」「委員会」等のカテゴリーごとに、先生と生徒を柔軟に振り分けしながら発信できます。
SENRIプロジェクト
「外の世界」「異質なもの」「知らないこと」に触れる体験そのものが、人の成長や革新を促すものと捉え、体験そのものが少なくなる環境や、社会状況に対してSENRIプロジェクトは、「多様な学びの出会い」を提供するために企画しました。

そのスタートイベントとして8月9日(月)から8月11日(水)の3日間、1日3コマずつ、合計で9コマの授業を用意しました。

「対面授業」の置き換えではなく、オンライン授業にはオンライン授業ならではの授業構成や工夫があるのではないかと考えて、その追求を目指す。

学校や学習塾では教わらない授業を、家庭ではなかなか聞けない話を、オンラインだからこそできる技術や工夫を加え、子どもたち一人ひとりにかけがえのない学びとの出会いを体験して欲しいと考えています。
ストーリー素材ダウンロード

このストーリー内で使われている画像ファイルと報道用素材がダウンロードできます。
掲載内容や画像等は各媒体の報道にご利用いただけます。

このストーリーには、メディア関係者向けの特記情報があります
メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、
イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はストーリー・プレスリリースにより異なります。