在宅リモートワーク下の入社後研修に「社外メンター」を活用へ

10月1日より新入社員向けメンタープログラムの提供開始

企業のD&I(Diversity & Inclusion)推進を目的とした、社外メンターの育成・マッチングを提供する株式会社Mentor For(東京都渋谷区、代表取締役・池原真佐子)は、2021年10月1日より在宅リモートワーク下で入社した新入社員一人一人の課題と個別に向き合う「社外メンタープログラム」の提供を開始致します。

  • 新入社員向け「社外メンタープログラム」提供の背景
新入社員のコミュニケーション不全によるモチベーションの低下
新型コロナウイルス感染症拡大の影響により企業のリモートワーク導入が加速し、入社者の育成・定着(オンボーディング)研修においても、7割の企業がオンラインで実施しているとの調査結果があります(出所:HRMOS WorkTech研究所)。 それにより、特に新入社員については、学生から社会人への意識変化や社内の人間関係が十分に構築できないまま在宅勤務となり、孤独感や不安感、情報不足などを背景に、自己効力感やエンゲージメントの低下などの影響が顕著となって現れてきています。

OJT担当社員のリモートワーク下の負担増・スキル不足        
​「入社後3年間で受けた指導が、その後の成長角度 決める」(出所:リクルートワークス研究所)と言われるように、新入社員の成長はOJT担当の関わ り方に大きく左右されます。 ところがOJT担当は、若手社員であることも多く、手探りでOJTを行っていることが散見され ます。リモートワーク下での新入社員のオンボーディングには、情報面、心理面でこれまで以上の工夫が求められます。 また、女性やその他多様な人材に対する適切なアプローチをするには、受け入れ側であるOJT担当、マネージャー等の意識・スキル の向上も重要です。優秀人材の育成・定着のために、キャリア経験豊富な社外メンターが社員一人一人と個で向き合う施策が必要と考えています。
 
  • 新入社員向け社外メンタープログラム概要
プロフェッショナルな 社外メンターが新入社員一人一人の課題に向き合いオンボーディングを支援。仕事への意欲、キャリア展望を高めます。ワークショップなどで新人同士のネットワークも強化。人材育成に有効な、メンタリングスキル (※)やD&Iを意識するマインドを OJT担当やマネージャーが身につける ことで、社外・社内両面でのサポートを実現します。 
 

プログラム詳細
  • Mentor Forの社外メンターを、新入社員とマッチング。毎月 1回の1on1を半年間〜実施
  • 新入社員の OJTを行う先輩社員、管理職への「メンタースキルトレーニング」動画コンテンツ+チェックシートを提供
  • 新入社員向けキャリアワークショップ、グループメンタリングを実施 
  • 月次のレポーティング、事前事後のアンケートによる効果測定 
  • 提供開始日:2021年10月1日から
事前説明会を開催​ 

新入社員向け社外メンタープログラムの事前説明会を10月にオンライン(無料)にて開催いたします。

日時:
10月4日(月)9:00-10:00
10月6日(水)14:00-15:00
10月20日(水)10:00-11:00
10月26日(火)10:00-11:00

申し込み・詳細:
https://mentor-for-22newgrats.peatix.com

株式会社Mentor For(メンターフォー)
設立 :2014年9月
代表:池原  真佐子
住所:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-11 大久保ビル503
事業内容:メンター育成、社外メンターマッチング、社内メンター制度構築支援、組織のD&I推進コンサルティング、研修・講演
HP:https://mentorfor.jp/

 
本件に関する取材のお問い合わせ先

株式会社Mentor For
広報担当 井上千絵
メール:c.inoue@mentorfor.jp
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Mentor For >
  3. 在宅リモートワーク下の入社後研修に「社外メンター」を活用へ