• ストーリーをシェアする

EC物流が得意なスクロール360が「ECコンサルティング」をやる理由

#ECコンサルティング  #EC・通販戦略  #スクロール360

2020年9月2日 14時08分 株式会社スクロール360

はじめに

スクロール360(以下、360)が提供しているEC通販ソリューションの中で「ひっそり」と存在しているECコンサルティングサービス。

ご依頼いただいている企業は売上を伸ばしていたり、大規模な業務改善をして利益を出されているこのサービス。しかし、、、


360がコンサルティングなんてやっているの?


というくらい、EC物流ソリューションが強いこの会社の中で「全く目立たない」この事業の立ち上げから、実際のコンサルティングまでを担当している中山より、このサービスについてご紹介します。



「ECコンサルティングサービス」誕生のきっかけ

360としてこの事業を開始したのは、2019年3月からになります。

もともとは、ECユニオン株式会社(以下、ECユニオン)在籍時、当時の代表であった中島氏と一緒に立ち上げたサービスでしたが、ECユニオンが360にM&Aで吸収されたことにより、サービスも360が引き継ぐことになりました。


ECユニオンはもともと、アウトドア&釣り具のEC通販企業で老舗の株式会社ナチュラム(以下、ナチュラム)のECバックヤードを受託する会社として設立されました。その後、外部のEC企業から、そのECバックヤード運営ノウハウを提供してほしいとの要望で、外部のEC企業の受託案件も受けるようになりました。


多くのEC企業からバックヤード業務受託を受ける中で、商品戦略が定まっておらず商品登録を無駄にしていたり、売れている商品が分からず在庫切れでチャンスロスしていたりと、もったいない運営実態が色々と見えてきました。


「ナチュラムではそんな勿体ないことしないよね。」という発想から、EC企業がより成長できるよう運営ノウハウだけでなく、販売ノウハウも外部のEC企業に提供し始めたことがきっかけでした。


毎年売上が昨対120%アップ!人員を一気に7名削減!など・・・一体、何をやっているのか?

大手のコンサルティングファームだと「構想策定」までが仕事と思われている所が多いように感じています。以前360が契約したコンサルティングファームもそんな感じでした。


360が提供しているコンサルティングサービスは、中国にあるグループ企業(成都インハナ)のBPOセンターと共に「構想策定に基づいて実践・実行」することまでお手伝いができる現場を持っていることが強みだと思っています。


売上を伸ばす基本施策として「品揃えを増やす」戦略がありますが、市場調査や競合調査を行い、攻めるべき商品カテゴリーを選定した後、実際に商品登録からモール出品、販売価格の調整、在庫の管理までを一気通貫で行うことができる現場が360にはありますので、社内にリソースが無くても計画が「絵に描いた餅」になることはありません。


また、売上だけに留まらずすべての業務に対する改善提案についても積極的に行っています。「コア業務」と「Noコア業務」を切り分け、EC企業は「コア業務」に集中できるように、「Noコア業務」はアウトソーシング or システム化 or やめる、という選択をしていただき、極端な事例ではありますが7名削減という結果が出ているEC企業もあります。


▲中国にあるグループ企業(成都インハナ)のBPOセンター


※成都インハナ:サービス立ち上げまでのストーリー

×

コンサルティングでキーになっている戦略は?

多く用いているのはランチェスターの「弱者の戦略」です。

中小企業は大きな経営資源は無く、大手に対抗するには局地戦を勝ち抜き「小さな商品カテゴリーのトップシェア」を作り、その集合体のお店を目指すべきだと考えています。また、ただ単に商品カテゴリーを増やすのではなく、ゴール地点での顧客像を設定し、顧客が求める品揃えを拡充することが重要でその戦略設計のお手伝いをしています。


現在、小売りのEC化率は2019年度で6.76%となっており、社会全体でみるとまだまだ小さな規模しかありません。大手企業でも新規のEC立ち上げ時には、大きく投資をしない(できない)ケースも散見されるため、中小企業に関わらずこの戦略は必須になってくると思っています。


しかし、近年この戦略だけでは利益が出ないという声も非常に多く聞いています。「弱者の戦略」で流通量を増加させ、仕入れ条件交渉をしっかりやることと平行して、PB開発戦略、リピート顧客施策を強化することが重要視されてきています。現在サポートさせていただいてるEC企業もこの施策を適宜実行して、売上も利益も伸ばされていますね。



「ECコンサルティングサービス」このサービスを知ってもらい、EC事業者の成長に寄与したい

あまり外部の方々に知られていないこのサービスの認知度を高め、ご利用いただけるEC企業を増やしていきたいと考えています。


また、PB戦略の提案も親会社(株式会社スクロール)が自社開発しているという背景もあってサポートできる体制が整いつつあり、このあたりも360だからこそできるサービスだと思っています。


リピート顧客施策向けの新しいプロダクト開発も進めており、近々リリースを予定しています。今後も、この「ECコンサルティングサービス」を、より価値のあるサービスに高めていきたいと思っています。まずはお気軽にECでのお困りごとをご相談いただければと思います。


※スクロール360:ECコンサルティングサービス

https://www.scroll360.jp/service/marketing/crm/


【スクロール360】

https://www.scroll360.jp/


■株式会社スクロール360〔Scroll360 Corporation〕

本社:〒430-0807 静岡県浜松市中区佐藤2丁目24番1号

本店:〒140-0002 東京都品川区東品川2丁目2番地24号

天王洲セントラルタワー12階

設立:1986年3月1日

代表:代表取締役社長 山崎 正之


■お問い合わせは、下記まで

連絡先:kento-nakayama@scroll.co.jp

担当:中山

ストーリー素材ダウンロード

このストーリー内で使われている画像ファイルがダウンロードできます。