老舗和菓子屋の羊羹が、年間売上75,000円から1,000倍になった裏側 【スライスようかん】

#開発の裏側  #誕生秘話  #ヒットの裏側

2021年10月12日 10時00分 亀屋良長株式会社

  • ストーリーをシェアする

プロフィール
吉村 由依子
亀屋良長株式会社 取締役。
京都生まれ。同志社女子大学 生活科学部 食物栄養科学科 卒業後、Le Cordon Blue Paris校に留学し、フランス料理を学ぶ。
2001年 亀屋良長8代目と結婚を機に、和菓子の世界へ入り、販売、商品企画・開発を手がける。二児の母。
商品・サービス情報
スライスようかん 小倉バター
パンにのせてトーストすると「小倉バタートースト」になるシート状のようかんです。
丹波大納言小豆を使用した小倉羊羹に、沖縄の塩入りのバターようかんをのせ、食感と風味のアクセントにけしの実をトッピング。
現在、姉妹品で秋季限定の「スライスようかん 焼き芋」も展開中です。
スライスようかん 焼き芋
秋季限定で、焼き芋味が新登場。
トーストすると、まるでスイートポテト。
半分は定番の小倉味になっているので、1枚で2度おいしい一品です。
ストーリー素材ダウンロード

このストーリー内で使われている画像ファイルと報道用素材がダウンロードできます。
掲載内容や画像等は各媒体の報道にご利用いただけます。