千葉大学で恒例の環境ISO内部監査を実施。学生81名も監査員として監査に参加。

国立大学法人千葉大学は、環境とエネルギーに関する国際規格ISO14001とISO50001を取得しており、9月26日~28日に学生81名と教職員88名の計169名で、133ヶ所の研究室などの内部監査を行いました。

千葉大学は2004年度に環境マネジメントに関する国際規格ISO14001を、2013年度にエネルギーマネジメントのISO50001を取得し、環境に配慮しさらに効率的なエネルギー使用に取り組んだ組織運営をしています。2003年に立ち上げた「環境ISO学生委員会」がその仕組み(環境・エネルギーマネジメントシステム)を主体的に運用していることが千葉大学の大きな特色です。

今回実施した内部監査にも学生が主体的に関わりました。

現場確認による監査の様子現場確認による監査の様子

【2018年度の内部監査】
実施時期:9月26日~28日の3日間
実施場所:西千葉・松戸・柏の葉・亥鼻の4キャンパス
監査対象:研究室や実験室、事務室など計133ヶ所
監査員数 :学生81名、教職員88名の計169名
(学生と教職員が3~4名の監査チームを組み、1チームが複数箇所の監査を実施する。)
監査員資格:学生監査員は環境ISO学生委員会に所属し、「環境マネジメントシステム実習」という授業でISOや監査について学んだ2~3年生の学生。教職員は別途学内研修を受けた方。
監査内容:内部監査ではインタビューと現場確認を行い、省エネ省資源対策の実施状況や、化学薬品や高圧ガスボンベなどの管理状況、廃棄物処理法や毒物及び劇物取締法、高圧ガス保安法などの環境関連法規制遵守状況を監査する。

インタビューによる監査の様子インタビューによる監査の様子


【学生の関わり】

学生委員会が監査を受ける様子学生委員会が監査を受ける様子

千葉大学では環境マネジメントシステムの運用を学生の教育の機会と捉えているため、内部監査も学生主体で実施しています。監査当日に監査員として教職員と対等な立場で監査にあたる以外にも、学生委員会の内部監査統括担当が、内部監査計画書、監査チェックシート、監査報告書の原案を作成したり、内部監査対象研究室の選定作業、学生監査員のシフト作成などを行います。
また、環境ISO学生委員会も監査の対象となっており、当日は委員長やユニット環境責任者らが監査を受けました。このように学生は監査をする側・される側の両方を経験することができます。
 
  • 内部監査統括担当(学生)のコメント
内部監査に携わり、環境についての規制により深く知ることができました。事務連絡等、実践的な経験を積むことができ、大変価値のあるものとなりました。事務をはじめとして、ご協力していただいた多くの人たちに感謝します。(法政経学部3年 平山裕之)

私自身が後々に実験系のユニットの一員となることが予想される中で、どのようなことが実験者に求められているのかを自覚するとともに、規定水準と現実との乖離に対する現実的な解決策に何があるのかを考察するきっかけにもなりました。(薬学部3年 小金正空)

内部監査統括の活動により、環境に関する法律について調べる機会が多くなり、また、教職員の方々に教えて頂きながら、PCでの作業のスキルや企画の進め方を身につけることができ、非常によい経験をさせて頂きました。(理学部3年 石尾 朔歩)

学生の監査統括を務めた3人(左から石尾、平山、小金)学生の監査統括を務めた3人(左から石尾、平山、小金)

 

 

 

 

 

  •   千葉大学環境ISO学生委員会とは

千葉大学において学生主体で環境活動を行っている学生団体。千葉大学がISO14001の取得に動き出した2003年に発足し、それ以後、大学の環境マネジメントの運営組織の一部としてEMSの運営を担ってきました。毎年1~3年生まで約180名が所属。エネルギー班、紙班、ごみ班、堆肥化班、学内緑化班、構内美化班、学外教育班、環境報告書班など、活動の内容に応じて20ほどの班や担当があり、環境負荷削減の意識啓発活動や、小中学校幼稚園への環境教育活動、緑化や堆肥化といった活動、エコグッズの作成など、幅広い活動を行っています。
また、2009年にNPO法人格も取得し、NPO法人としての活動も行っています。
NPO法人として、企業と協力して里山保全活動を行ったり、地域の学校へ環境出前授業を行ったりしています。

■15年にわたる学生主体の環境活動が評価され、近年様々な賞を受賞しています。
「International Green Gown Awards(国際グリーンガウン賞)」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000282.000015177.html
「2017 GUPES Green Gown Awards(GUPESグリーンガウン賞)」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000261.000015177.html
「平成29年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000228.000015177.html
「第3回 サステイナブルキャンパス賞」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000224.000015177.html
「ISCN Awards 2017 ~Sustainable Campus Excellence Awards~」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000186.000015177.html
 
  • 本件に関するお問い合わせ

千葉大学環境ISO事務局
TEL:043-290-3572

■千葉大学の環境への取り組み
http://www.chiba-u.ac.jp/general/approach/environment/index.html
http://www.keiyobank.co.jp/ir/eco_project/chiba_u_csr.html

■環境ISO学生委員会に関連する今年度のプレスリリース
学生と銀行が協同して地域活性と環境に貢献する「千葉大学×京葉銀行ecoプロジェクト」がパワーアップ!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000300.000015177.html
学生が制作した「千葉大学環境報告書2018」を発行。大学の取り組みとSDGsの関係を可視化
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000306.000015177.html
千葉大学の学生が、9月4日に文部科学省にて企画イベントを開催
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000305.000015177.html
文部科学省にて「千葉大学環境ISO学生委員会」による企画展示 8/20~9/25開催
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000299.000015177.html
イオンタウンユーカリが丘で8月26日「こどもエコまつり」開催
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000298.000015177.html
世界の大学の環境に関する取り組みを促進する「EAUC(大学環境協会)」の年次大会において学生が発表
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000288.000015177.html
千葉大学が「うちわ」3500本を製作して学内の省エネ推進
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000286.000015177.html
千葉大学の落ち葉で作製した堆肥はいかがですか?7月1日に頒布会を開催します!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000287.000015177.html
「都市鉱山発掘プロジェクト」を学生・銀行・企業の協同で開始。千葉大生が手づくりした小型家電回収BOXを、京葉銀行の窓口に設置
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000265.000015177.html
92名の学生が、1ヶ月で173回の研修講師を担当。千葉大学の学生主体のISO14001の運用方法
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000271.000015177.html
千葉大学の入学式でエコ&読書啓発。学生企画!大学の古紙で作ったブックカバーを新入生3500人に配布
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000263.000015177.html
千葉大学から出る古紙の有償回収を学生が提案。企業と協同し製作した「間伐材を使ったノート」と「古紙利用ブックカバー」を販売・配布
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000270.000015177.html
卒業生などから譲り受けた自転車と本を、学内で格安販売する学生企画のリユースイベント開催
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000264.000015177.html

 
  1. プレスリリース >
  2. 国立大学法人千葉大学 >
  3. 千葉大学で恒例の環境ISO内部監査を実施。学生81名も監査員として監査に参加。