全国学食ランキング1位の学生食堂(株式会社ORIENTALFOODS)が今できること

#飲食店  #学食  #コロナに負けるな

2020年6月27日 21時49分 株式会社ORIENTALFOODS

~若者のこころに火をつける!

コロナ危機をチャンスに変える飲食店経営のあり方~

この3月にカンブリア宮殿に出演した若手飲食店経営者ORIENTALFOODS社長、米田勝栄が語る。


#飲食店 #学食 #コロナに負けるな


品川区、西五反田にある肉バル×ワイン酒場 東京食堂五反田桜小路店で、7月1日から2つのプロジェクトをスタートさせる。

新型コロナの対応の緊急事態宣言で、五反田店は4月1日休業や自粛営業が続き、主力の東洋大学学食の3つの店舗は、2020年の秋まで休業と決まってしまった。

本業が大きな打撃を受けている中、飲食店ビジネスの環境が突然大きく変わってしまった。もう元には戻れない、戻らないと決意し、新しい取り組みを行っている。

そのORIENTALFOODS社長の米田勝栄氏に、これからの在り方を聞いた。


プレスリリース:

×



“働く大人のワクワク度が低い、楽しく働いている大人が少ない。良い未来が描けない時代になっていると感じる。若者のこころに火をつけていきたい!”


―7月1日から新しいプロジェクトを2つ開始するとお聞きしましたが、どのようなプロジェクトですか?


私たちのプロジェクトの1つ目は、学生支援!プロジェクトです。これは、現在閉鎖中の大学食堂がなくて困っている大学生のみなさんを支援するプロジェクトで、学生のアルバイト先でもあり、食の場でもあった学食が再開されるまでの間に、グループの五反田の店舗で、大学食堂のランチメニューを完全再現し、 一般のお客様には通常価格(900円~)で提供しますが、 全国の大学生さん達には、学生証を提示していただければ学食と同じ550円(税込み)で提供するものです。これは、東京食堂(五反田店)、 窯焼きkitchen(新小岩)、 キッチンカーの出店場所(全15か所)で提供していきます。楽しみにしておいてください。基本的にテイクアウト中心で提供していきます。大学食堂のおいしさを学生さんに届けたい!

普段の生活が戻りつつありますが、東京の大学はオンライン授業中心で、学校の現場は再開する見込みは秋までたっておりません。学生生活に大切な学食も今だ、再開されていません。4月に入学した新入生はもちろん在校生も楽しみにしていた学食を楽しむことができておりません。

大学食堂は彼らの食の場であり、職の場でありました。今、大学外での食が増え、また、アルバイト先もままならず、生活費や食に困窮しています。


そこで、東洋大学の学食(全国学食ランキング1位)を3店舗運営している株式会社ORIENTALFOODSが今の大学生に向けて何かできないかと立ち上がります。なんとかして一緒に運営している学生さん達に学食ビジネスで彼らを応援できないかと考えました!

(大学生のみに税込み550円で提供するとろとろ半熟オムライス)

2つ目は、うちの20歳の若手スタッフ起案による“ZAKUZAKU CHICKEN”です。 彼女は韓国料理が大好きで、特に流行りの韓国風唐揚げが好きで、自分が食べたいのもありますが、同じように五反田エリアでも食べたい人たちがいると考え、やってみるか?と投げかけたところ、目を輝かせて、“はい!!と2週間前に決まったものです。すぐにメニュー、独特の触感を出す素材、ソースの種類まで決まったので、まずは店舗を持たないゴーストレストランとして彼女にお店を立ち上げてもらうことを決めました。すでにロゴも彼女がプロデュースし、Instagramも自分で展開し始めており、楽しくてしょうがない感じです。

ザクザクチキンロゴ (イメージ)

―まさに、米田さんが目指している、“若者のこころに火をつける”感じですね。


そうですね。昨年から私の元で働いている若者からから世の中に役立つ人がひとりでも育って欲しい思い、そしてみんなの心に火がついて、一人一人の自分の夢が引き出され、夢に向かって走り始めることが出来たり、人生のターニングポイントを与えてあげたり、ホームタウンとして居場所を提供したりしたいと強く願うようになりました。

それには、まずは、自分が働く大人として、ワクワクして、楽しく働いている大人であって、良い未来が描けていないといけないと感じました。今の状況でも思いは変わりません。

そして、昨年8月からいつかの3月にカンブリア宮殿に出ると思いを書き出し、写真でビジョンマップまでつくっていたら、思いとは3日違いだけで、本当に2020年3月12日にTV放映されたカンブリア宮殿に若手飲食店経営者のひとりとして出演させてもらいました。SNSなどで新しい取り組みをしていたので、プロデューサーの方が見つけてくれました。


―他にも若者のこころに火をつける取り組みはされているんですか?

 

はい、昨年にはなりますが、東洋大学の学生食堂の店舗で、伝説のメニューコンテストというアルバイト学生が主役のメニュー対決コンテスト開催しました。

これは、日本の東西対決料理という趣旨で最初はじめました。アルバイトの東洋大学の学生にその学食で自分が考案したメニューを本当に販売して勝負するものです。店長やスタッフは完全に裏方にまわり、素材や味付けや作り方をアドバイスするだけにとどめて、本来のメニューはアルバイト学生のそのままにしました。するとどうでしょう!アルバイト学生さんたちは、授業の前に必ずお店に顔出すようになり、売れ行きや食べている人の表情などが気になるのか、どきどきワクワクしているようでした。

伝説のメニュー対決と称していたので、LINEで彼らと伝説のグループをつくり、毎日のようにみながどきどきワクワク楽しんでいました。店長やスタッフの雰囲気や態度も変わり、一気に雰囲気が熱い集団になりました。私もLINEグループのメッセージのやり取りをみていて、感動したことが多かったです。


―今後はどのような経営をしていく考えでしょうか?

今まで、リアル店舗で大学食堂、五反田に肉バル×ワイン酒場店、キッチンカー3台を経営してきました。キッチンカーは、数年前からFOOD FOOD PROJECTを称して、地方の風土と食(FOOD)を東京のキッチンカーで紹介して広めていく地方の良さを食を通じて紹介していく活動をしてきています。

この危機で、キッチンカーは人気でありますが、難しい点も多々あるのを経験しているので、私は、さらに新しいプロジェクトを多数立ち上げて、現実化していきたいと考えています。そしてスタッフだけでなく、同業の飲食店オーナーにも新たな道があることを示して元気づけたいと考えています。



(FOOD FOOD PROJECT、フードトラック、淡路島カレープロジェクト、鹿児島県プロジェクト)

また、このコロナ禍の中でも開始した新しいプロジェクトをご紹介します。


◎ハクシノレシピさんとのコラボレーション企画、

「#コロナに負けない親子料理コンテスト」をハクシノレシピさんとのコラボ企画で応募された全国の子供のメニューを東京食堂五反田店で実際にメニュー化しました。これは、NHKでも取材され、紹介されました。ありがとうございました。


(はくしのレシピさんとのコラボレーション企画の写真)

 また、これは裏話があり、私が活用しているコワーキングスペースのスペシャリストの方々が協力してくれ、YOUTUBE動画が3日間でできてしまいました。

この共生、協業、助けあいの精神や愛もテーマになると感じました。


◎五反田イーツ

これは、それぞれの町が立ち上がって飲食店支援の波に乗って、五反田の特徴ある飲食店のメニューをデリバリーする仕組みを作り上げました。すでにインフラはできているので、これも7月にはデビューできると思います。私たちが事務局とマーケティングとデリバリーの仕組みを担当しています。

◎関西の大学食堂への展開

この状況でも新規にビジネスとして大学食堂のお話しをいただいており、来年4月にはオープンできるように頑張っています。是非、関西の方々も楽しみにしておいてください。ここでは、新しいカタチの大学食堂をめざしています。IOTを使うだけではなくて、大学生と一緒に運営する大学ベンチャー食堂をめざしています。これも楽しみにしておいてください。


米田勝栄(よねだ・かつはる)

株式会社ORIENTALFOODS(オリエンタルフーズ)代表取締役。

オーストラリア留学時代に経験した人としてのあり方(普段の生活を楽しむ、大切にし、幸せを感じている風景と一緒に行動したときの感動を今の日本人の若者に伝えたいと感じる。東洋大学の低迷しているカフェを立て直しし6ヶ月で売上を5倍にもしたが、そのお店が撤退、後に東洋大学の学食の店舗出店のチャンスをいただき平成18年8月株式会社ORIENTALFOODS(オリエンタルフーズ)設立。

その後、東京食堂五反田店を肉バル×ワイン酒場としてオープン。

“なのに経営”を軸に、豊富なアイデアと実行力を活かす。

飲食店経営を行うだけでなく、 「社会問題解決にも貢献できるようなプロジェクト」を計画しており、 2020年3月にはカンブリア宮殿に出演を果たす。

■オリエンタルフーズ社について

学食ランキング1位を獲得した東洋大学の学生食堂を3店舗、 五反田の飲食店2店舗、 キッチンカー3台の運営をしている。 五反田の同店舗は五反田G1グランプリにおいて2014年、 2019年に優勝を獲得。

FOOD FOOD PROJECTでは47都道府県と繋がり、それぞれのご当地料理や食材、文化を提供することをモットーとしている。


会社名:株式会社ORIENTALFOODS(オリエンタルフーズ)

代表者:代表取締役 米田 勝栄

所在地:〒140-0002 東京都品川区東品川2-5-6-1710

設立:2006年8月

HP&SNS:

・HPURL:http://www.orientalfoods2006.net/

・Youtubeチャンネル:

 東京食堂ちゃんねる https://www.youtube.com/watch?v=LYgGCN-lM34&t=72s

・Facebook  https://www.facebook.com/tetsunabetokyokitchen

・instagram  https://www.instagram.com/orientalfoods2006/

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】

株式会社ORIENTALFOODS 広報担当:米田勝栄

電話:090-4019-8427 メールアドレス:orientalfoods2006@gmail.com 

ストーリー素材ダウンロード

このストーリー内で使われている画像ファイルがダウンロードできます。