記者会見の背景はバックボードを準備するべき?市松模様の理由は?

自分が記者会見を開催する立場になった時、背景にバックボードを準備するべきか悩んだことはないでしょうか。また、何気なく記者会見の映像や写真を見ていても「そういえばみんな市松模様のバックボードを使っているな」と思わないでしょうか。実は、背景にバックボードを用意することにも、バックボードの模様を市松模様にすることにも合理的とも言える理由があるのです。

本記事では、記者会見時の背景にバックボードを準備するべきか、バックボードに市松模様が多い理由などについて、まとめてご紹介します。

記者会見時の背景にはバックボードを準備するべき?

そもそも、記者会見時の背景にはバックボードを準備する必要があるのでしょうか。結論から言えば、バックボードは用意した方が良いものです。というのも、バックボードには、記者会見をより効果的にするメリットがあるからです。

ここからは、バックボードを準備するメリットや記者会見後の活用方法についてご紹介します。

バックボードを準備するメリット

バックボードを準備するメリットは、大きく次の2つがあげられます。

浜松市とPR TIMESが連携協定を締結した際にも、バックボードを使用しています。

まず1つは、宣伝効果が得られること。記者会見の背景にロゴや企業名の入ったバックボードがあることで、会見写真とともに背景のロゴや企業名も世間に広く出回ります。これにより、宣伝効果が期待できます。

もう1つは、写真や映像を見ただけでも「どの企業の記者会見なのか」がすぐわかるようになること。バックボードなしの記者会見場では、撮影された映像や写真を見ただけでは、どこの企業が会見を開いているのかが分かりません。バックボードを用意することで、一目でどの企業が開いている会見なのかが伝わり、情報の拡散効果もアップします。

バックボードは記者会見以外にも会議室などにも利用できる

「バックボードが必要なことはわかったけれど、バックボードを記者会見のためだけに用意するのはもったいないし……」と悩む方もいらっしゃるかもしれません。しかし、見方を変えれば記者会見以外でもバックボードを利用することができるのです。

例えば、オフィスの受付や展示会の背景としてバックボードを設置してもいいでしょう。また、会議室にバックボードを置き、重要な会議の際の背景として使用できます。ほかにも、記念撮影現場や広報用写真の背景など、幅広い用途での利用が可能です。

記者会見のバックボードに市松模様多い理由は?

記者会見のバックボードをみていると、市松模様のものが多い印象を受けないでしょうか。オーソドックスなデザインとして当たり前のように利用されていますが、実は市松模様を使うことにはメリットがあるのです。また、市松模様にする場合の1マスのサイズの決め方もご紹介します。

市松模様を使うメリット

記者会見のバックボードには柄の規定はありません。言ってしまえばなんでも良いのです。そのため、絶対に市松模様にしなければならないわけではありません。しかしながら、市松模様のバックボードは、アップで撮影しても背景のどこかに会社名やロゴが写り込むというメリットがあります。

メディアのカメラマンは、記者会見を行う「人」をメインで撮影しています。そのため、もし、背景に会社名を大きくデザインしたバックボードを使っていたとしても、人が邪魔で映らなかったり、見切れてしまい、何が書いてあるのか分からなくなってしまうのです。しかし、市松模様にすることで会社名やロゴが公平にフレームインします。

また、市松模様は、マスの中にロゴや会社名を交互に入れるので、同じデザインがいくつも載ることになります。同じものに繰り返し目にすることで、人の記憶に残りやすくする効果も得られます。

きれいな升目状に並んだ市松模様は、派手すぎず、目にする人に対して不快感を与えないので、記者会見のようなかたい雰囲気の場所でも、その空気感を妨害しないデザインであるともいえます。

市松模様の1マスのサイズの決め方

市松模様のサイズや細かさは、記者会見のスタイルによっても変わります。

企業の記者会見では、見やすさを重視するのであれば、1マスを大きめに作ることで、会社名やロゴ、キャッチフレーズなどの存在感をアピールできます。

ボックボードのデザインに規定がないように、市松模様の1マスのサイズにも規定は特にありません。用途や文字数、文字の大きさ、バナーサイズなどを目安に1マスあたりのサイズを決めていくといいでしょう。

1マスの大きさが決まれば、マスの中に描かれるロゴや会社名などの大きさも必然的に決まります。この時、背景となるバックボードを実際に設置する位置とカメラマンの距離、撮影される人物からバックボードまでの距離も想定しておきましょう。というのも、撮影してみたら「どこのロゴだか分からない」「会社名が読めない」というサイズ感になってしまう可能性があるからです。特に撮影時は、ズームして撮影されることが多くなるため、被写体とバックボードとの距離は重要になります。

1マスの大きさの目安は、縦10-30cm・横20-40cmほどになる例が多いです。しかし、これらの寸法はあくまでも目安であるため、必ずしも守らなければならないものでもありません。

1マスのサイズが大きすぎると、被写体に寄って撮影した場合に全てのロゴや会社名が映らない可能性があります。逆に1マスが小さすぎる場合には、被写体をメインに撮影したフレーム内では、ロゴや会社名が小さすぎてわからなくなってしまうことも考えられます。

適正なサイズは、被写体を撮影したときにも全種類のマスがフレーム内に収まり、ロゴや文字などのオブジェクトが識別できる大きさです。

試しに1マスの大きさに文字をレイアウトしてA4用紙やA3用紙に印刷して壁に貼り付けてみるとイメージしやすいですよ。

記者会見のバックボードは何色がおすすめ?

もし、コーポレートカラーがあるのであれば、その色を使うのがベストでしょう。ただし、色が薄い場合では、市松模様のデザインにしたときに境目がボケてしまってわかりづらくなってしまうことがあります。その場合には、多少色味を調整する必要があるでしょう。2色使用する場合には、コーポレートカラー+白の組み合わせがおすすめです。

記者会見のバックボードのサイズはどう決める?

記者会見のバックボードにサイズ規定はありません。バックボードのサイズは、会場の大きさやバックボードの前に立つ、座る人の人数によって変わります。一般に市販されているものは、横幅2m〜3m程度のサイズが多く見られます。

2mは、長机を置いた場合にギリギリで少し狭く感じることもあるため、座って記者会見をするのであれば、3mを選択した方がゆとりがあるでしょう。2mがおすすめなのは、イベントのような立った状態で撮影する、頻繁に持ち運ぶことがある場合です。

高さは、ほとんど2m以上のものが多く、前に立たれる方が190cm以上など、高身長でなければ問題はないでしょう。

どの程度のサイズ感かピンとこない場合には、バックボードを背景として利用する状況を思い浮かべて、人に立ってもらったり座ってもらったりして必要な長さを測ってみましょう。

記者会見のバックボードはどうやって準備したらいいの?

では、記者会見のバックボードはどのようにして準備すればいいのでしょうか。バックボードの入手方法には、購入する方法と自作する方法の2通りがあります。

購入する方法

バックボードを購入する場合、バックボード専門メーカーや看板メーカー、ディスプレイメーカーなどが注文を受け付けています。

市販されているバックボードには、固定式のものと移動式のものがあります。今後何度も利用することや手軽さを考えれば移動式がおすすめです。

業者によってサイズや納期、付随する備品などに違いがあるので、自社の期日や予算などに合わせて選ぶといいでしょう。

自作する方法

自作するのであれば、市松模様を1マスずつプリンターで印刷してつなぎ合わせる方法がおすすめです。壁や板などに印刷したものを並べて貼り付けることで、簡易的なバックボードが完成します。

この場合、急遽決定した記者会見でもあまり費用をかけずにバックボードを作成できます。

記者会見用にバックボードを準備しよう

本記事では、記者会見時の背景にバックボードを準備するべきか、バックボードに市松模様が多い理由などについて、まとめてご紹介しました。

バックボードは必ず用意する必要はありませんが、あった方がいいものであることは間違いありません。デザインにも決まりはありませんが、視認性の高さを考えたときに、市松模様が適しているというのも納得していただけたかと思います。

記者会見を開催する際には、背景として、ぜひ自社をアピールできるバックボードを用意してみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

アバター

PR TIMES MAGAZINE編集部

株式会社PR TIMESのカスタマーサクセス、社内広報、社外広報、イベント運営など8年以上広報PRと向き合うメンバーが在籍しています。日本最大のプレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営すること12年。さまざまな広報担当者からのお問い合わせやPRのご相談への対応経験を活かし、すべての広報PRパーソンに捧げるノウハウ記事を執筆中

この記事に関連する記事

今注目の記事