お申し込み(企業登録申請) お問い合わせ
国内シェアNo.1のプレスリリース・ニュースリリース配信サービス PR TIMES
その、ひとつのプレスリリースで、人は、世の中は、動く。

                プレスリリースは、情報であり、価値であり、メッセージであり、ニュースでもある。
                それをできる限りのすべてのメディアへ、人へ伝えきれるように。
                そのために私たちは存在しています。
国内シェアNo.1のプレスリリース・ニュースリリース配信サービス PR TIMES
その、ひとつのプレスリリースで、人は、世の中は、動く。

                プレスリリースは、情報であり、価値であり、メッセージであり、ニュースでもある。
                それをできる限りのすべてのメディアへ、人へ伝えきれるように。
                そのために私たちは存在しています。

FEATURE

PR TIMESの強み

PR TIMESなら、あなたの伝えたい出来事が、広く、深く、伝えきれる。

幅広く伝わる

PR TIMESでプレスリリースを配信することで、多くのメディアに取り上げられる仕組みがあります。自分たちで発信するよりも大きな反響が望めます。

自由に表現できる

PR TIMESの環境を使えば、自分なりの言葉やこだわりのデザインでプレスリリースを届けることが可能です。HTMLなどの専門スキルも不要です。

どんな分野でも発信できる

プレスリリースは特別なことではありません。新たに発表する活動とその熱意があれば、どんな分野の情報でも多くの人に伝えることができるプラットフォームです。

多くの企業様に使われている理由があります

国内シェア No.1
月間PV数 5,200万
上場企業利用率 43.1%

メディア連携と独自の集客力で幅広く伝わる

1億超のメディアと提携可能

大手メディア、多岐に渡るジャンルへのメディア掲載が可能

PR TIMESは日本有数のニュースサイトや、全国紙/通信社や大手ポータルサイトを含むパートナーメディアなどと提携しております。 1本のプレスリリースを、提携している計200媒体の中から掲載することが可能なため、メディアを通じてより多くの人に情報を届けることができます。

リリース掲載メディア一覧
電子メール & FAX で最大 300 件に直接アプローチ

届けたいメディアに直接アプローチ

PR TIMESのメディアリストを活用することで、1本のプレスリリースを1万2千以上の媒体と800名の専門家の中から最大300件まで、メディアや専門家の方々に配信することができます。 そのため、プレスリリースを届けたいメディアに直接アプローチもしやすくなります。

 細分化されたアカウントでもリーチできる

PR TIMESのSNSアカウントを使って
さらにたくさんの人に情報を

PR TIMESが運用するFacebook、Twitter、LINEアカウントでは、合計で461,900のフォロワーを保有。 これらSNSアカウントでもPR TIMESに掲載されるプレスリリースを随時投稿しているため、より多くの人に情報を拡散される可能性が高まります。

プレスリリースエディタで自由度の高い表現が可能に

文字装飾や画像、動画挿入も簡単に。
こだわりのあるプレスリリースを

高画質画像を最大20点までアップロードでき、YouTubeやSlide shareなどにアップロードした素材も配置できるので、誰でも簡単に表現豊かに伝わりやすいプレスリリースを作成することができます。 プレスリリースの質を最大限に高めることで関係者の方や、たくさんの人に情報が伝わりやすいプレスリリースを作成可能です。

360°画像や豊富な写真素材を使って
リッチなコンテンツに

外観からは把握しづらい店内の様子や会場風景など、文字だけでは伝わりづらい空間の雰囲気も360°画像を使えばリッチに伝えることが可能になります。 また、画像や動画がすぐに用意できない場合も、ストックフォトサービス「PIXTA」から使用したい素材を追加料金なしで簡単にプレスリリースに配置することもできます。

プレスリリースを届けるためのサポートも充実

PR TIMESのノウハウを
最大限活用できる

PR TIMESでは、プレスリリースをより深く知るための勉強会の開催や、記事の書き方についてのアドバイスも行っております。 みなさんがより良いプレスリリースを届けれるよう、バックアップできる体制が整っています。

分析データで
配信後の反響がすぐにわかる

PR TIMESが発行している管理画面には「分析データ」や「ヒートマップ」という効果測定ができる機能があり、 配信したプレスリリースがどれだけの効果を及ぼしたのかを、誰でも簡単に確認できるようになっています。

あなたのプレスリリースがメディア、 そしてユーザーに届くまで

PR TIMESを使って発信の質や情報の伝わる速度を上げることで、様々なつながりが生まれます。

CASE STUDY

プレスリリースの配信事例

行動者初の情報が心を揺さぶった事例をご紹介します。

セイコーウオッチの「ツナ缶」
2017年エイプリルフールでNo.1露出を果たした企画に込めたこだわり

2017.06.14

広報活動に意味は――ある。
雑誌頼みだった「コムサ」のファイブフォックス、Web PRで
カフェ売上増、社内ムードも好転

2017.08.28

「選ばれる工場」を目指すために。大きな反響を呼んだ老舗ニット小物メーカーのストーリーの裏側

石川メリヤス有限会社
代表取締役 大宮 裕美
2020.08.12

頭がパンクするほどの挑戦を「and factoryらしく」伝えたい。家庭にも生きる広報術とは?

and factory株式会社
Corporate Division 佐藤裕美
2019.08.22

STEP

ご利用までの流れ

プレスリリースを配信いただくまでに、最大で1営業日ほどの日数が必要です。

1

お申し込み (企業登録申請)

企業情報、担当者情報、請求先情報などをフォームに入力し、申請を行います。

2

企業審査 (約1営業日)

入力情報とコーポレートサイトなどをもとに審査が行われます。

3

本登録完了

届いたメールに記載されている確認URLをクリックすると、企業登録が完了します。

4

プレスリリース作成

完了後、管理画面にログインいただくことで、記事の作成が可能になります。

5

プレスリリース配信

即時配信もしくは予約配信が可能です。

※配信には料金が発生します。企業登録後は、デフォルトで配信毎に費用が発生する従量課金プランが適用されます。 詳しくはこちら
※企業登録申請の時点で、プランの選択はできません。月額プランを希望される場合は、サポート&サクセスデスクにご連絡ください。
※また、企業登録申請は審査の結果によっては通らないことがあります。
※配信後の審査で掲載の取り止めをさせていただく場合があります。ご了承ください。
※企業審査時に情報不足やコーポレートサイトがない場合には、追加の情報提供や確認をお願いする場合があります。

登録方法について

PR TIMES CM

「伝えたいことを、届けたい人へ」

※1:プレスリリース件数 2万1746件(2021年10月実績) プレスリリース配信件数で国内最多(自社調べ)
※2:プレスリリース閲覧サイト『PR TIMES』の閲覧数。過去最高の月間5,221万PVを記録(2020年5月実績)
※3:国内上場企業のうち、43.1%(3,836社中1,652社)が利用(2021年11月末時点)