新商品発表会に必要なものは?準備するものや注意する5つのポイント

新しい商品をリリースした際に行う新商品発表会。開発や商品企画・生産・マーケティング・販促など各部門の力を集結して誕生した新商品を、まずメディアや関係者へお披露目する場として、新商品発表会は重要な機会となります。

では、新商品発表会を行う際には何が必要なのでしょうか。本記事では、準備するものや注意しておきたい5つのポイントについてご紹介します。

新商品発表会では何をするの?

新商品発表会とは、メディアや関係者を招き、新しく作った商品を初披露する場のことです。一言に新商品発表会と言っても、企業によって形式はさまざま。例えば、既に取引実績のあるお客様だけを集めて開くプライベートショー形式や、メディア関係者を集めてプレス発表会形式で開催するなど、色々な方法があります。

どのような形式であっても、新商品発表会に共通している大切な要素は「明確なメッセージ設計」です

開発背景、新商品のコンセプト等、世の中に対して伝えたいメッセージを明確にしたうえで、発表会を構成していくことが必要です。 どんな目的で・誰に・何を伝えるべきなのかを明確にし、企画を練りましょう。

そのために、会場選定やコンテンツ内容を検討し、場合によってはノベルティを用意したり、著名人をキャスティングすることもあります。その場限りのイベントとして終始することなく、メッセージをに参加者にダイレクトに届け、その先の生活者に届けていくことをイメージして準備を進めましょう。

新商品発表会を行う効果・メリット

新商品発表会を行うことで得られる最大の効果は、プレスリリース上では伝えきれないメッセージを含めてダイレクトに伝えることができ、双方向の対話ができることです。

新商品発表会のコンテンツには様々な役割があります。代表者や担当者によるプレゼンテーションやデモンストレーションは、テキスト上では伝わり切らない温度感やメッセージを伝えることができます。また、質疑応答やフリートークを行うと、参加者からのフィードバックをダイレクトに受け取ることができ、双方向の意見交換も可能です。

メディアや関係者との直接的な接点を持てる場であるからこそ、今後の関係性構築のために貴重な機会となります。その機会を最大限に活用するため、各社様々な工夫をして取り組んでいます。

新商品発表会にむけて準備するもの

では、いざ新商品発表会を開催するにあたって、何を準備しておけばいいのでしょうか。基本的な5つの項目をご紹介します。

1.プレスリリース

新商品発表会に向けて、商品の概要や発売日、キャンペーン内容などの情報をまとめたプレスリリースを作成しましょう。事務的な内容だけでなく、 商品が持っている強みや新規性、ほかの商品とは違う独自性、時事ネタとの関連性を盛り込むことも有効です。

メディア関係者にとって、取材する切り口や期待感が伝わると、さらに深堀した内容を得るために発表会へ参加する動機に繋がります。

2.発表会の日程や会場・コンテンツ

新商品発表会の日程は、商品の発売前日〜2カ月前に開催するのが一般的です。開催のタイミングは、参加いただく相手や目的に応じて検討しましょう。

会場の選択肢としてはホテルの宴会場や商業施設のイベントスペース、貸し会議室などがありますが、重要なのは、参加者がアクセスしやすい場所であるということ。

その他の会場選びのポイントとしては、商品のイメージとの相性や、集客目標数に対する会場の大きさ等もあります。

新商品発表会のコンテンツは、プレゼンテーション、対談、ゲスト登壇、商品体験やデモンストレーション、動画放映等様々なものが考えられます。目的と伝えたいメッセージを踏まえて検討しましょう。

3.サンプルやノベルティ

新商品発表会に訪れたメディア関係者に対して、商品サンプルやノベルティを渡すことが有効な場合があります。

商品サンプルを渡すことで、参加者がいち早く商品を体験できたり、後日撮影をして素材として使用することができます。ノベルティは、伝えたいメッセージや世界観と一貫性のあるものを用意することで、参加者に体験価値を提供できます。企業姿勢や商品価値をより理解してもらうきっかけになることもあるでしょう。

4.SNSでシェアしやすい画像

メディア関係者が記事で紹介したり、参加者がSNSで投稿することを想定して、記事素材として使用しやすい画像や、シェアしやすい画像を用意しておきましょう。新商品発表会の告知をするプレスリリースに一緒に商品画像や使用イメージをつけておくことも効果的です。

用意した画像は、参加後すぐに使用できるように 、当日の配布資料内やメールで提供するようにしましょう。

参加者が自由にオリジナルの素材を撮影できるよう、 新商品発表会の会場に撮影ブースを設けることも効果的です。商品名やブランド名の入ったパネルや、世界観を体現する小物などを用意しておくと良いでしょう。

5.機材やスタッフ

新商品発表会の内容に合わせて必要な機材や司会者、運営スタッフなども手配します。モニターやプロジェクター、音響装置など、必要なものをあらかじめ確認し、漏れの無いように手配しておきましょう。

また、当日の受付、誘導、問い合わせ窓口などのスタッフの役割分担も同時に決めておくとスムーズな運営ができます。

新商品発表会をする際に注意するべき5つのポイント

最後に、新商品発表会を成功させるためにも、注意しておきたい5つのポイントをご紹介します。

1.商品の概要や特徴を明記したプレスリリースを配布する

プレスリリースは、新商品発表会に足を運んでくれたメディア関係者に資料として配布するようにしましょう。

プレスリリースは、記者がメディアで取り上げる上でベースとなる重要なPR素材です。商品の概要や特徴、強みはもちろんですが、加えて、商品を発売するまでに利用した生活者の動向や市場規模、関連するアンケート結果なども加えておくのがおすすめ。メディア関係者にとって理解を深めやすく、リサーチの工数も抑えられるので、スムーズに記事に反映しやすくなります。

2.SNSを活用して発表会の様子をリアルタイム配信

最近では、新商品発表会の模様をリアルタイムで配信する企業も増えてきています。配信する際には、メディア関係者だけでなく、生活者でも気軽に見やすい、TwitterやInstagram、YouTubeなどの媒体を活用するのがおすすめです。配信を行うことで、遠方のメディア関係者の参加や、生活者によるSNS上での情報発信の機会を作れます。

3.配布物は多めに用意しておく

メディア関係者は、業務スケジュールを調整して参加しています。参加者に対して、平等にすべての機会を提供するためにも、資料やサンプル、ノベルティ等の配布物は多めに用意しましょう。

4.商品の世界観に合った会場装飾をおこなう

商品ごとに世界観はさまざま。商品の世界観や伝えたいメッセージに合った会場装飾を行うように心がけましょう。例えば、商品のターゲット層が「落ち着いた30代女性」の場合、カラフルで賑やかな装飾は商品イメージに合っていないと感じてしまいますよね。

また、印象に統一感がないと、参加者に対して誤ったイメージで伝わってしまったり、記憶に残りづらくなる場合があります。

会場装飾については、事前にしっかり内部調整をしてから、準備に臨むようにしましょう。

5.要点の伝わるプレゼンテーションを

新商品発表会では、商品理解を深める目的でプレゼンテーションを行うことが多いですよね。ただし、伝えたいことが多すぎて複雑な内容になってしまうと、かえって「何が伝えたいのかわからなかった」という結果になってしまうことも。

事前準備で伝えたいポイントを明確にしたうえで、要点を押さえた端的なプレゼンテーションを心がけましょう。

専門用語が羅列しないように注意することも重要です。誰が聞いてもわかりやすい言葉を使うことで、伝わりやすくなります

プレゼンテーションに終始することなく、商品を体験してもらう時間や質疑応答の時間を設けることで双方向性のある場となり、より参加者の理解が深まる新商品発表会にできるでしょう。

新商品のスタートダッシュを万全の態勢で

本記事では、新商品発表会を行う際に準備するものや注意しておきたい5つのポイントについてご紹介しました。

新商品発表会は、発売開始時の初動を左右する重要な機会でもあります。だからこそ、当日訪れたメディア関係者に対しては、丁寧なコミュニケーションを図り、しっかりとメッセージを伝えたいものです。

新商品の良いスタートダッシュとなるよう、新製品発表会を活用してみてくださいね。

この記事のライター

アバター

PR TIMES MAGAZINE編集部

株式会社PR TIMESのカスタマーサクセス、社内広報、社外広報、イベント運営など8年以上広報PRと向き合うメンバーが在籍しています。日本最大のプレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営すること12年。さまざまな広報担当者からのお問い合わせやPRのご相談への対応経験を活かし、すべての広報PRパーソンに捧げるノウハウ記事を執筆中

この記事に関連する記事

今注目の記事