シンプルだけど巧妙に練られている!4月に使える「新生活」プレスリリース事例

新たなスタートを迎える人が増える「新生活」シーズン。出会いや別れの季節でもあり、「歓送迎会」や「引っ越し」などわたしたち生活者にとっても様々な変化が訪れるタイミングですね。

今回は、華やかなプレスリリースが増加する春に目を惹く、新生活に関するプレスリリースをPR TIMES MAGAZINE編集部がピックアップ!2019年2月18日に配信された、株式会社土屋鞄製造所さんの新生活にまつわるプレスリリースを紐解いていきます。

◆株式会社土屋鞄製造所さんのプレスリリースはこちら
【土屋鞄】ビジネスシーンの「楽で、スタイリッシュ」を叶える2way縦型トート発売

さり気なくも効果的な設定と商材を魅力的に見せる素材作りがGOOD!株式会社土屋鞄製造所の「新生活」プレスリリース事例

1965年に創業され、革鞄や革小物の企画、製作、及び販売を行う株式会社土屋鞄製造所さん。大人向けランドセルが近年注目を集めており、全国に22店舗展開するほか、2018年には台北店もオープンしています。

良質な革素材と、一つひとつ丁寧に仕立てられる職人による手仕事はメイドインジャパンならではの良さが感じられ定評があります。土屋鞄製造所の製品を通して、革の良さや面白さを伝えていくという企業の想いがあり、シンプルながらも味のあるアイテムが人気です。

そんな土屋鞄さんのプレスリリースにはどんな工夫が込められているのでしょうか。

このプレスリリースの人気の理由を紐解いてみたところ、

  • シンプルながらもコツを押さえた構成
  • 生活者の行動を想像した各所の工夫
  • 統一感のある素材とgifでカタログ替わりにも

の3つのポイントが見えてきました。

GOODポイント1:シンプルながらもコツを押さえた構成

全体的に文章はすっきりとまとめられ、画像素材が随所に挿し込まれていて、読みやすい構成です。

実は本文内では「新生活に向けたアイテム」ということはそこまで前面には押し出していませんが、あえて強調しないことでアイテムの持つ特徴を限定せず、長く愛用できる商品だという印象を感じます

その分、プレスリリースのキーワードに「新生活」が登録されており、届けたい相手に見つけてもらえる仕掛けが施されているのは見習いたいポイント。

GOODポイント2:生活者の行動を想像した各所の工夫

また、2月中旬という配信日も好ポイントです。

革鞄など長く使う比較的高価な買い物は、生活者も比較検討してから購入するケースが多いのではないでしょうか。購買に繋がるまでに時間を要するであろう商材は、先取り配信で消費者の購買リストにインプットされる状態を作るようなイメージが良いでしょう。リード文のすぐ後にECサイトへのリンクを貼ることで、次のアクションへとスムーズにつなげられます。

さらに本文末に「お客様お問い合わせ先」が明記されているのも読み手にとって親切なポイントですね。プレスリリースは今やメディア関係者だけでなく、生活者も直接目にする機会が増えています。このプレスリリースを見て商品に興味を持った生活者、言わば大切な潜在層と繋がる導線を設置できている点は、大変参考になります。

GOODポイント3:統一感のある素材とgifでカタログ替わりにも

華やかで彩のある素材が増える4月に、シックで洗練された土屋鞄さんの画像は非常に目を惹きます。商品ラインナップ画像もメイン画像と同じ条件で撮影されたものとみられ、全体に統一感があります。これにより、ブランドの持つ世界観が伝わりやすくなります。

そして、このプレスリリースで最も特徴的だったのは、gif画像を使用している点です。男性が持ち歩いているほんの数秒のgif画像ですが、ライトに当たった革の艶感が表現され、静止画像で伝わりにくい商品の良さが感じられます。プレスリリース全体のアクセントにもなり、思わず手が留まるアイキャッチ効果を発揮しています。プレスリリースの滞在時間も長くなりそうですね。

加えて、商品の多様性をさりげなく表現した画像のセレクトが秀逸です。2way鞄ではモデルの上半身を写した肩掛けスタイルと、足元カットの手提げ持ちスタイルの写真を用意。リアルなサイズ感を視覚的に伝えています。他シリーズの商品では異なる2色の革靴の手持ちカットを並列に配置してバリエーションを表現。キャプションでポイントを盛り込むなどファッション誌さながらの構成で、プレスリリースがそのままカタログ代わりにもなりそうです。

番外編GOODポイント:特定のアイテムを集中的にアピール

今回はビジネスシーンで活躍する鞄のプレスリリースをご紹介しましたが、土屋鞄さんはランドセルづくりから始まったブランド。「新生活」と並行して「ランドセル」も注目度が高まる時期にあたる2月から3月にかけ、ランドセルに関するプレスリリースも4本配信されています

ランドセルの注文受付開始やイベント告知、全モデル公開など、関心や需要の高まるタイミングで自社のメイン商材を集中的にアピールされています。プレスリリースの定期的な配信によって刷り込み効果を狙うこともできそうですね。

土屋鞄さんのように特定のアイテムを集中的にアピールするのも戦略のひとつとして参考にしてみてはいかがでしょうか。

なお、今回ご紹介した事例は2019年に配信されたものですが、今年2020年の3月には小学校を卒業する児童とその家族に向けたメッセージ動画を作成されています。

土屋鞄が贈る、すべての小学6年生とご家族へ「卒業おめでとう」メッセージ動画 2020年3月16日(月)公開

企業としてどのような想いでランドセルをつくっているのか。その想いや企業としての姿勢が表れている、なんとも心温まる動画です。事業内容にとどまらず、事業や利用者に対する想いを表現することも、広報PRの役割のひとつですね。

市場の流れを受けつつも、自社らしさをどこで出すのかが大事

今回は華やかな画が溢れる新生活シーズンで目を惹く、落ち着いたテイストの株式会社土屋鞄製造所さんのプレスリリースを紹介しました。季節の変化に際した市場の流れや生活者の気持ちに寄り添いながらも、自社らしさをどのようにアピールしていくのか、そのバランスの取り方が参考になるのではないでしょうか。

新たなスタートを切る4月は、日々の流れをいつも以上に早く感じる季節。自社では「新生活」をどう迎えるか、生活者が素晴らしい「新生活」を送れるようなどんな提案ができるか、事前に計画を練って先取り提案できるよう進めていきたいですね。

<編集/鈴木 碩子・岡 陽香>

この記事のライター

大森 美野

大森 美野

2015年にPR TIMES入社。主にPR活動レポート作成をしていましたが、もっとお客様の声が聞きたくて2019年よりカスタマーリレーションズ本部に異動。情報を欲していた広報担当時代を思い出しながら、PR TIMES MAGAZINEではたくさんのアレコレを届けていきたいと思います。石橋は叩きすぎて壊すタイプ。でもたまにスキップで渡っちゃいます。

この記事に関連する記事

今注目の記事