プレスリリースとは何?配信する意味・5つの効果を広報担当者が徹底解説

広報PR活動で欠かせない「プレスリリース」。なんとなく聞いたことがある人も、既に作成した経験がある人も、これを機に言葉の定義から広報PR活動における役割や意義、そしてポイントまでを一緒に整理してみましょう。

プレスリリースの意味とは?

そもそもプレスリリースとは何なのでしょうか。本項では、プレスリリースの言葉の意味、プレスリリースを配信する意味、そしてよく似た単語であるニュースリリースとの違いについて説明します。

プレスリリースの言葉の意味

プレスリリースとは、「プレス(press/新聞・新聞社)」と「リリース(release/発表・公開)」の2語を組み合わせた造語です。

本来は新聞やマスコミなどの報道機関に対して企業としての新しい情報を発表することを意味しますが、文書による発表がメジャーであることから、広報や報道の現場では文書そのものを指して「プレスリリース」とすることがほとんどです。

「リリース(release/発表・公開)」という単語が含まれているだけあって、大前提としてプレスリリースには新規情報(=ニュース)が含まれている必要があります新規情報(=ニュース)には、新しい取り組みやサービスはもちろん、改定や改善によって発生した情報も含まれます。重要なポイントなので覚えておきましょう。

プレスリリースを配信する意味

広報活動でプレスリリースを配信する意味とは何でしょうか。自社のあらゆる活動についてメディアで取り上げてもらい、第三者の報道を通じて認知を広げていくことが広報担当者の仕事です。そのためにプレスリリースの配信は有効な手段なのです。というのも、私たちが日頃目にするニュースはプレスリリースが起点となり、メディア関係者の手で読者や視聴者に有益な情報がピックアップされ、編集を経て届けられているものだからです。

ただ近年は、プレスリリース配信サービスを活用したり自社のSNSでプレスリリースを公開したりする企業・団体が増え、消費者が直接プレスリリースを目にする機会も増えています。つまり、広く自分たちの活動を知らせる手段としてプレスリリースを配信するのです。

プレスリリースを配信する際にまず認識しておきたいのは、広告との違いです。プレスリリースはメディアの掲載枠を買って掲載するわけではないので、半永久的に公開されます。プロモーションの一環でプレスリリースを出そうと考える方もいるかもしれませんが、あくまで企業活動を表明し、顧客やマスコミといった利害関係者(ステークホルダー)とあるべき関係を築くための手段であることを理解しておきましょう。

ニュースリリースとの違い

プレスリリースと同じような文脈で使用されることの多い「ニュースリリース」という言葉があります。その違いをご存知でしょうか。

「プレスリリース」は文字通りプレス=報道関係者向けの資料であるのに対し、「ニュースリリース」は幅広く世の中に情報発信する際に用いられることが多いです

しかしながら「プレスリリース」と「ニュースリリース」の内容に大きな違いはありません。詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

PR TIMES MAGAZINE『「プレスリリース」「ニュースリリース」「ニュースレター」は何が違うの?』

企業にとってプレスリリースを配信する5つの効果・メリット

ここまでプレスリリースとは何かという基本をおさらいしてきました。本項では企業にとってプレスリリースを配信する5つの効果・メリットについて説明します。

メリット1.メディア掲載の可能性がある

プレスリリースを配信するとその情報がメディアに掲載される可能性があります。これは会社にとって大きなメリットです。 第三者の客観的な視点で情報発信されるメディア掲載は、広告を出稿するよりも世間からの信頼性が高いです。

【プレスリリース経由でのメディア掲載のパターン】

  • プレスリリースを見たメディア関係者から取材依頼が来るパターン
  • プレスリリース配信サイトを通じてそのままプレスリリースの内容がニュースサイトに転載されるパターン

メリット2.ステークホルダーに広く情報発信できる

プレスリリースを配信することにより、メディア関係者だけでなく自社のステークホルダーに広く情報発信できます。

近年ではプレスリリースを報道発表するタイミングで自社サイトにも全文掲載する企業が増えてきました。誰もが閲覧できることにより、一般の消費者や、社員とその家族にも自社の動きを伝えることが可能です。またプレスリリースは公式文書として新規情報が簡潔にまとまっており、投資家・株主・取引先に自社の動向を説明する際にも活用しやすいでしょう。

メリット3.投資や業務提携などのきっかけとなり得る

プレスリリースはメディア関係者以外からも貴重な情報源として活用されています。投資先を探す投資家や、提携先を探す企業などが常にチェックしているのです。成長性や新規性が注目され、思いがけない連絡が入る可能性もあります。

広報担当者は、読み手に事業の魅力や自社の方針を知ってもらえるように意識してプレスリリースを作成しましょう。プレスリリースを通じてビッグチャンスが舞い込む可能性もあります。

メリット4.売上に寄与する可能性がある

プレスリリースの配信が自社の売上に寄与することもあります。

プレスリリースを継続的に配信することで企業活動の姿勢や理念が伝わり、会社の知名度が向上した結果、商品やサービスの売上向上に繋がる場合があるのです。

商品・サービスの品質が一定レベルを超えた現代において、消費者は企業姿勢やブランドストーリーに共感できるかどうかに重きを置く傾向があります。つまり商品の機能的価値よりも、情緒的価値が重要視されているのです。プレスリリースによる継続的な情報発信で、地道なブランドイメージの構築を図りましょう。

売上への寄与は、プレスリリース配信によって得られる中長期的なメリットです。プレスリリースを配信した後はどのくらい反響があったか気になってしまうものですが、直後に効果が出ることは少ないと心得ておきましょう。

メリット5.費用対効果が高い

プレスリリース配信によって、これまで紹介してきたメリットをほぼ無料で得ることができます。かかるコストを挙げるならば、社内でのプレスリリース作成コスト・配信業務にかかる手間・活用するのであればプレスリリース配信サービスの料金がかかります。

特にメリット1で挙げたように、メディア掲載を獲得できれば費用対効果は抜群です。広告出稿には多額の費用が発生しますが、プレスリリース配信であれば先述ような低コストで高いパフォーマンスを発揮します。

プレスリリースによる継続的な情報発信でブランドイメージを確立させることで、自社のファンや入社希望者が増えるなどの副次的効果も期待できます。直接的ではなくとも採用活動にも貢献できることもあるのです。

プレスリリース配信は様々な可能性を秘めており、費用対効果が高い取り組みだと言えるでしょう。

プレスリリースを配信するときに知っておきたい3つの注意点

プレスリリースの配信にあたって、メリットだけでなく注意点も確認しておきましょう。

本項では、「メディアの報道有無は確約できるものではない」「報道内容はコントロールできない」「各種対応が急増する可能性がある」という3つの注意点について詳しく説明します。

注意点1.メディアの報道有無は確約できるものではない

どんなに時間をかけて作成したプレスリリースでも、確実にメディアに取材・掲載してもらえるとは限りません。

メディア関係者は日々膨大な量のプレスリリースを受け取っています。自社のプレスリリースが埋もれて読んでもらえないこともあれば、目に留まったもののメディア関係者の関心を引かないこともあります。

また取材に繋がり一度掲載が決まったとしても、大きな事件やニュースが差し込まれた場合は掲載が見送りになることも少なくないので、心得ておきましょう。

注意点2.報道内容はコントロールできない

報道内容に関して企業・団体側からリクエストを出すことはできません。

プレスリリースの内容や取材内容が、メディアを通して世の中にとって必要な情報に変換されて掲載されるのです。プレスリリースを読んだ記者の解釈次第では、意図しない形での報道に繋がる可能性もあります。プレスリリースを作成する際は自社目線と報道目線、両方の視点を持つことが大切です。

また情報の切り取られ方は掲載時(放映時)まで分からないということをあらかじめ理解しておきましょう。

自社の活動を肯定的に捉えてもらえるように、日頃から社長の想いや企業のビジョンなどを発信し続けたり、記者と広報担当者との地道な信頼関係作りをしたりすることが重要です。

注意点3.各種対応が急増する可能性がある

プレスリリースが多くのメディア関係者や消費者の目に止まった場合、各種対応に追われる可能性があります。

例えば、以下のような事態への対応が考えられます。

  • 電話やメールによるお問い合わせの急増
  • 自社サイトへのアクセス集中によりサーバーがダウンする
  • 店舗にお客様が押し寄せオペレーションが回らなくなる
  • 商品の生産が追い付かなくなる

対応のオペレーションをあらかじめ整えておき、場合によっては増員・増産などの対応が必要になることもあると頭に入れておきましょう。お問い合わせに社員全員が対応できるよう、プレスリリースを全社に共有しておくと良いですね。

プレスリリースを配信するときの内容は?作成時の5つのポイント

プレスリリースを配信するときの内容には、どんな要素を盛り込み、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか。

本項では「配信時に必須の7項目」を紹介し、「数字やデータは事実を正確に入れる」「業界や配信先によってテンプレートを使い分ける」「興味を持ってもらえる情報を入れる」「図表や画像を挿入する」というポイントについて説明します。

ポイント1.配信時に必須の7項目

プレスリリースに必ず含めたい情報は以下の7つです。

①タイトル
②リード文(内容の要約)
③特徴
④背景
⑤今後の展望
⑥企業情報
⑦問い合わせ先

プレスリリースの要となるのが①タイトルと②リード文(内容の要約)です。メディア関係者の元には日々膨大なプレスリリースが届いており、インターネット上にも多くのプレスリリースが転載されています。まずは①タイトルで目を引けるかどうか、そして次に読む②リード文(内容の要約)で興味を持ってもらえるかどうかが肝です。必要な情報を簡潔に盛り込むことを意識して書きましょう。

プレスリリース本文には大きく③特徴、④背景、⑤今後の展望の3点を盛り込みつつ、強調したいポイントを明確にすることが大切です。

③特徴については、詳細で具体的な情報を記載します。

④背景の部分で、その商品・サービスを開発するに至ったストーリーがあると読み手の共感を生み、より伝わりやすいプレスリリースとなるでしょう。

⑤今後の展望については、「〇年〇月までに〇件の導入を目指す」などと具体的な内容を入れましょう。事業の目指す姿が可視化され、報道すべき・注目すべき取り組みだと認識してもらいやすくなります。

⑥企業情報と⑦問い合わせ先は必ず記載します。せっかく興味を持ってもらえても、問い合わせ先が見当たらなければメディア関係者や消費者からの接触の機会を逃してしまいます。また取材の申し込みなどに迅速に対応できるよう、報道関係者の問い合わせ先には広報担当者の連絡先を記載しましょう。

プレスリリースの詳しい書き方については以下の記事を参考にしてみてください。

PR TIMES MAGAZINE『【現役広報が教える】プレスリリースの書き方10のコツ・基本の5構成』

ポイント2.数字やデータは事実を正確に入れる

プレスリリースには数字やデータを盛り込むと説得力が増します。その際、正確な数字やデータを記載するように細心の注意を払いましょう。

また抽象的な言い回しや形容詞などを使うのも好ましくありません。人によって解釈にブレが生じるためです。例えば、「多くの」や「数少ない」など、具体的な数量が曖昧になる表現は避けます。「90%の方が満足した」といった表現をする際も、何に対しての割合なのか、母数を明記する必要がありますね。

重要なのは、相手にとってわかりやすく、かつ正しく理解してもらえる書き方をすることです。

ポイント3.業界や配信先によってテンプレートを使い分ける

新聞・テレビ・ラジオ・Webなど、媒体の種類によって報道の仕方は異なります。また、全国版・地方版・業界版などの媒体ドメインによっても特徴やフローは変わります。

そのため配信先の媒体ごとに使用するプレスリリースのテンプレートを変える必要があります。

本文すべてを書き換える必要はなく、配信先に応じて見出しやアイキャッチ画像を変えるだけでも十分です。読み手を想像してプレスリリースを作成・配信できるとベストです。

以下の記事で紹介しているテンプレートも参考にしてみてください。

【内容別】プレスリリースのテンプレート20選!無料で使えるWordの雛形

ポイント4.興味を持ってもらえる情報を入れる

事実を伝えることがプレスリリースにおいて一番大切なことではありますが、読み手に興味を持ってもらうために事実を魅力的に表現する様々な配慮も必要です。

以下に紹介する要素を盛り込むことで、ニュース性があると判断されるプレスリリースを作成することができます。(引用:山見博康『小さな会社の広報・PRの仕事ができる本』)

1.新規性・斬新性

  • 新しい(新商品、新技術、新規事業)
  • 最も(最大、最小、最高、最低)
  • はじめて(日本初上陸、地域初)
  • 一番

2.意外性・希少性

  • 画期的
  • 珍しい
  • 独自ネーミング(新ジャンル、新商品)
  • 募集(商品名、イベント名)

3.特異性・唯一性

  • 三独(独自、独特、独創)
  • 革命的(将来伸びそう、広がりそう)
  • 究極ターゲット(年収2千万富裕層、社会人1年生対象、70代老夫婦)
  • USP、UDP(他社との差異、他商品との差異)

4.人間性・ドラマ性

  • 物語
  • イベント
  • 感動モノ

5.社会性・時代性

  • 世相、トレンド(何が流行りそう?、これからどうなる?)
  • 時流、流行り
  • 記念日

6.記録性・実績性

  • 指標になる(標準の3倍の伸び率、連続〇期増収増益)
  • 実績、記録
  • 番付、ランキング
  • 調査、アンケート

7.実利性・お得性

  • 顧客の実利(得する、当たる、役立つ)
  • プレゼント
  • 度肝抜く金額、数量
  • リスクリバーサル(不満足なら全額返金)

8.経営性・国際性

  • コラボ
  • 社会貢献
  • 人事(珍しい人事、面白い給与制度)
  • 経営

ポイント5.図表や画像を挿入する

プレスリリースには図表や画像を挿入しましょう。パッと一目見たときに商品画像やグラフなどがあれば、読み手はプレスリリースの内容を素早く理解できます。

たとえば業務提携を知らせるプレスリリースの場合、代表同士が握手している写真や、相関図を入れても良いですね。素材となりそうなものは日頃から積極的に集めておきましょう。

プレスリリース配信サービスを利用してWebメディアに転載される際にも、サムネイル画像の有無で記事へのリーチ率が左右されます。アプリマーケティング研究所の調査によると、サムネイル画像を入れることで記事のクリック率を27%高めることができることが分かっています。(引用:アプリマーケティング研究所『15万記事を分析してわかった、クリック率を20%高める「記事タイトル」3つの法則とは?』

せっかく作成したプレスリリースを多くの人に届けられるよう、図表や画像を必ず挿入しましょう。

プレスリリースは企業活動を正しく発信する手段

プレスリリースは、企業・組織が発表する公式文書です。自社の新規情報(=ニュース)を、正式な形で多くのステークホルダーに届けることができる便利な手段なので、活用しない手はありません。地道なプレスリリース配信は、メディア露出の獲得だけでなく、ブランディング、歴史の蓄積にもなります

業種業態を問わず着手できる広報活動の一つなので、広報担当者になったばかりの方もまずはプレスリリースを書いてみることがおすすめです。自社を俯瞰的に見つめるという意味でも良い機会になるはずです。

今回紹介したポイントを参考に、自社ならではの価値を発信できるプレスリリースを作成してみてください。

この記事のライター

ならきち

ならきち

在宅ライター主婦。会社員時代は中古IT機器の専門商社で広報をしていました。取材対応をはじめとするメディアリレーション全般、プレスリリース執筆、危機管理対応、記者会見の企画・運営、自社ブログ記事の企画・執筆などを担当した経験を活かし、広報担当者の役に立つ記事を書きたいです。現在はわんぱくな息子に翻弄されながら在宅でライターの仕事をしています。

この記事に関連する記事

今注目の記事