PR TIMES MAGAZINE|広報PRのナレッジを発信するWebメディア
記事検索
プレスリリース配信サービスPR TIMESをおすすめする5つの理由。効果事例・お客さまの声付き

プレスリリース配信サービスPR TIMESをおすすめする5つの理由。効果事例・お客さまの声付き

代表的な広報PR活動のひとつである「プレスリリース配信」。広報PR担当者の交代や新たな着任といったタイミングで、どの配信サービスを選べばよいか迷うこともあるのではないでしょうか。

多数あるプレスリリース配信サービスを比較するには、まず比較する項目やポイントを知ることが必要です。どのサービスが自社に合っているか比較するために見ておきたいポイントとPR TIMESで提供しているサービス内容を合わせてご紹介します。

プレスリリース配信をおすすめする理由

自社に合ったプレスリリース配信サービスを見つけるためには、プレスリリース配信の目的を整理する必要があります。まずは、プレスリリースを配信する目的・メリットについて見てみましょう。

理由1.メディア掲載につながる

自社が伝えたい情報をプレスリリース配信することで、親和性のあるメディアやニュースバリューを見出したメディアへの掲載など、報道につながる可能性があります。

第三者の客観的な視点で情報発信されるメディア掲載や報道は、広告よりも世間から高い信頼があるものです。また、メディアの見解や解釈が加えられることや関連情報と合わせて報道されることも多く、生活者に「自身に関係ある情報」として認知されたり、「興味関心が高まる状況を演出」されることへの期待もできます。

企業イメージは、サービスや商品だけでなく、発信するさまざまな情報を通じて創られています。第三者であるメディアを介して情報が届けられることで、イメージ定着を促進するなど、ブランディングにおいても大きな役割を持っているといえるでしょう。

【プレスリリース経由でのメディア掲載のパターン】
・プレスリリースを見たメディア関係者から取材依頼が来るパターン
・プレスリリース配信サイトを通じてそのままプレスリリースの原文がニュースサイトに転載されるパターン

理由2.生活者に自らの言葉で想いを届けられる

インターネットを通じて多くの情報が溢れている今、生活者は自身に必要な情報を日々取り入れています。新しいサービスや商品の検討をするうえでプレスリリースが情報源になることも増えてきました。

そして、「便利な機能」「役立つサービス」「綺麗な商品」だけではなく、背景にある想いやミッションへ共感、それらを踏まえ企業全体が評価されることが多くなっています。

企業にとって、メディアなどを通じて情報を届けることに加え、自社の言葉で直接生活者に発信することは、認知促進だけでなく好意度の高いファンの獲得という点でも必要なことといえるでしょう。

理由3.顧客や取引先、投資家からの信頼が高まる

プレスリリースは会社としての正式な発表として用いられるため、生活者だけでなく顧客や取引先、投資家が情報を得る際にも活用されています。自らの情報を積極的に発信することは透明性のある企業という印象を与え、信頼につながります。

また、前述「理由1.メディア掲載につながる」にもある通り、その企業と利害関係のないメディアからの情報は信頼度も高いもの。中立性が高いメディアがニュースとして注目したという事実は、信頼度を向上させます。配信サービスを利用することでこれまで接点のなかった顧客や取引先、投資家とつながる可能性も広がるでしょう。

理由4.一緒に働く仲間が増える

プレスリリースは仕事や企業を選ぶ人にとっても重要な情報源です。サービスや事業展開に興味を持ち、メンバーとして参画したいと考える人もいるでしょう。ニュースを見た企業・団体、あるいは個人が、協業や支援などを持ちかけてくることも考えられます。

プレスリリース配信を通じて、事業活動のみならずその裏にある想いも伝えることで、志を同じくする仲間に出会う機会の創出にもつながるかもしれません。

理由5.マーケティング活動ができる

自社の配信したプレスリリースがメディアに取り上げられニュースとなった結果、生活者や企業、投資家の反応につながると紹介してきました。世の中の反響を知れるということは、つまりマーケティング活動の一環になるということです。

メディアは世の中で求められているものを取り上げます。自社の取り組みが社会のニーズを満たしたものであるかどうかを確認し、また、その反響によって世の中のニーズをキャッチアップする機会となるでしょう。

プレスリリース配信で得られた効果事例

ここでは上記で取り上げた5つの理由に沿った効果があった事例として、PR TIMESのお客さまの声をご紹介いたします。

1.株式会社 クリエイティブプレイス

マーケティング兼リピつく事業責任者 渡辺 淳さま

株式会社 クリエイティブプレイス マーケティング兼リピつく事業責任者 渡辺 淳さま

「日本酒原価酒蔵」では、公式アプリの会員さま23万人の方へのアプローチで安定した集客ができていました。
しかし、コロナ禍でアルコール提供が難しい期間が続き、これまでとは全く異なる顧客層へのアプローチを検討することに。そこで、「”1,500円(税込1,650円)で本格寿司食べ放題”企画」を考案しました。


アプリ会員さまへの告知で数百名のご予約はいただけましたが、この企画にはそれ以上の集客ポテンシャルがあると考え、低コストで幅広い認知獲得の可能性があるPRTIMESさんを利用しプレスリリース配信を実施しました。結果、プレスリリース自体は9万人と多くの方からアクセスいただき、さまざまなメディアさまにも掲載され、拡散につながりました。
予約はわずか3日で1店舗約2,000名。あまりの反響にオペレーション上の理由から受付を停止しましたが、もし停止しなかったら、さらに多くの来客があったと考えています。

また、ホームページへのアクセスもコロナ禍以降は平均して新規訪問者数が2万人だったのに対し、企画実施期間の新規訪問者数は4万人以上と確実に「日本酒原価酒蔵」の認知拡大ができたと確信しております。
コロナ禍において、なかなか新規集客を低コストで実現する事が難しい時期でしたが、まさに起死回生の一手となりました。


“1,500円(税込1,650円)で本格寿司食べ放題”『日本酒原価酒蔵 新宿東口店』で期間限定開催|株式会社クリエイティブプレイスのプレスリリース

2.株式会社 M&Company

代表取締役 白石達史さま

株式会社 M&Company 代表取締役 白石達史さま

PR TIMESでのプレスリリース配信は、これまで訴求できていなかった方々に知っていただくきっかけになったと思います。
JAPONISMEは主に海外在住の方をターゲットとしており、国内では全く無名のサービスでしたが、PR TIMESでのプレスリリース配信後、国内在住の外国人の方に利用いただいたり、英語学習をしている日本人の方にも広がりました。

現在は、2,000名以上の参加者のうち約700名は日本国内から参加いただいています。また、企業や大学、行政からのご要望も増え、10社以上のコラボレーションツアーが生まれました。

日本に来られない外国人旅行者向けオンラインガイドツアー、JAPONISME(ジャポニスム)がスタート|株式会社M&Companyのプレスリリース

3.株式会社如水庵

企画販促部 福田仁美さま

株式会社如水庵 企画販促部 福田仁美さま

プレスリリース配信のきっかけは、現在のお客さまとは異なる年齢の新規層の方への訴求、獲得をしたい、というものでした。
ひとつのプレスリリース配信からECサイト、コーポレートサイトへのアクセスが3倍に増加。そして、数件のテレビ取材やSNSフォロワー数の増加、当初の目的でもあった新規層のお客さまの獲得につながりました。

また、EC販売の好調なスタートにもつながったかと思います。
新商品PRの新しい形・来店誘引の新しい手法となり、現在も費用対効果を見ながら継続して利用しています。
利用を始めてまだ約2年ですが、プレスリリース配信の結果からもさまざまな分析データを得ることができ、貴重な資産になっています。

福岡老舗和菓子屋「如水庵」4月4日より新商品「塩トマト大福」販売開始

4.亀屋良長株式会社

取締役 吉村由依子さま

亀屋良長株式会社 吉村由依子さま

老舗によくある話ですが、声高に自分のお店を売り込むことに気が引けてしまって、大々的な広告や広報は苦手でした。SNSもほとんど活用していなかったんです。しかし、コロナ禍になって客足が伸び悩み、売り上げが下がってきてしまい……どうしたらいいのかと悩んでいたとき、いろんなコンサル会社から「ネットショップに力を入れませんか」と営業の電話をいただいたんです。

最初は断っていましたが、そのうちに信頼できる会社と巡りあい、TwitterやInstagramといったSNSの上手な使い方を教えていただきました。PR TIMESのサービスを使って、プレスリリースを出すということもその提案のひとつでした。

PR TIMESもSNSも一斉に情報を出しているので、何がきっかけかは把握しきれていないのですが、メディアへの露出が増えたことは実感しています。
また、Twitterでは情報を140文字に収める必要がありますが、プレスリリースなら文字数を気にせず語れるので、いまは「PR TIMESに情報を出しました」ということをTwitterで告知するような使い方もしています。

京都の和菓子屋のヒット商品『スライスようかん』に〈焼き芋〉味が新登場!

そのほか、さまざまな地域、業界、企業規模問わずご利用いただいています。
10社の効果的なプレスリリースの活用事例をご覧ください。

「ファミマらしさ」を伝え続ける。マーケ担当が手がけるプレスリリース|株式会社ファミリーマート
「卒乳祝い」に3万件の応募。コアなファンを増やす企画づくりのポイント|株式会社ヤッホーブルーイング
ひとつのニュースから社内外へ効果を広げる。2年で体制を整えた製造会社の広報PR|株式会社ジェイテクト
専門的な製品をわかりやすく。売上1,000億超メーカーを支える広報PR|フクシマガリレイ株式会社
社内の「当たり前」を社会に伝え続ける広報PR|タイガー魔法瓶株式会社 
黒子から主役へ。BtoB企業が生活者にリーチするための広報PR|若尾製菓株式会社 
一軒のレストランから始まった歴史。「ファンベース」で地道に伝える広報PR|株式会社ピエトロ
くりーむパンだけじゃない。企業価値をファンに浸透させる広報PR|株式会社八天堂
愛媛に「全国1位のサウナ」あり。取材オファーが殺到する広報PRのポイント|キスケ株式会社 
北海道産食材の美味しさを全国へ伝える広報PR。プレスリリース活用で認知拡大|株式会社イーストン

Pick Up!選ばれ続けるPR TIMES

PR TIMESは、プレスリリース配信を通じて効果的な広報PR活動高いマーケティング費用対効果を可能にする新しいコンセプトのプレスリリース配信サービスです。配信した情報をメディア関係者のみならず生活者にダイレクトに届け、幅広く確実な広報PR活動を実現しています。配信する情報の魅力を最大限に表現したプレスリリースが作成できる優れた機能と充実したサポート体制で、上場企業をはじめとした多くの利用者に支持されています。

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」を活用する場合に期待できる効果や、効果的に活用するための方法などについてご紹介しています。

1.増え続けているご利用企業数

PR TIMESをご利用いただいている企業数は現在9万1115社(2023年11月末時点)。サービス開始以来、ご利用企業数は増え続けています。積極的な情報発信が求められる上場企業にも多くご利用いただいており、その利用率は56.7%(2023年8月末時点)、2022年東証グロース市場への新規上場企業70社の内、53社(75.7%)が上場時にご利用いただきました。

2.増え続けている配信件数

おかげさまでPR TIMESは配信サービス領域において国内シェアNo.1。プレスリリース配信件数は国内一を誇り、月に31,000件(2022年8月時点)、累計100万件超(2022年11月時点)にのぼります。その豊富な情報量からメディアや生活者に「欲しい情報が手に入る情報源」として認識され、多くのメディア掲載やSNSによる情報拡散などにつながっています。

また、情報の魅力を最大限に伝えるプレスリリースづくりをサポートする高いユーザビリティも評価いただいており、プレスリリース配信を数多く行う企業さまから新たに広報活動を開始した企業さままで、幅広くご支持いただいています。

3.PR TIMESはスタートアップなど無料配信プランもあり

PR TIMESでは企業や社会への貢献を目指しており、条件を満たせばプレスリリースを無料で配信できます。

  • スタートアップチャレンジ:スタートアップ企業向けのプレスリリース無料配信特別プログラム
  • SPORTS TIMES:スポーツチーム・スポーツ団体の支援を目的としたプレスリリース無料配信プログラム
  • 地方金融機関や自治体との提携による特別無料プラン:地方企業の情報発信を支援する取り組み
  • 非営利団体サポートプロジェクト:プレスリリース配信サービスのノウハウを社会貢献に取り組む非営利団体に提供し、社会課題の解決を目指すためのプログラム

PR TIMESの無料配信プランの詳細はこちらからご覧ください。

さいごに

数え切れないほどのプレスリリースが日々配信され、インターネット上には多くの新しい情報が増え続けています。受け取る側にとっても、正しい情報や自身が本当に知りたい情報と出会い、見極めることが必要になっているとえるでしょう。

届けたい相手である、メディアや生活者一人ひとりに自社の想いを届けることは、決して容易ではありません。情報の魅力を詳細に、かつ届けたい相手にとってわかりやすく伝えるプレスリリースにすることが求められます。

届けたい相手に、想いを届ける。そのためには自社がプレスリリースを配信する目的を明確にし、その目的が叶えられるプレスリリース配信サービスを選んでみてください。

ひとつでも多くの企業の想いをのせたプレスリリースが配信され、届けたい相手に想いが届くことを願っています。

そして、PR TIMESはプレスリリース発信文化の普及と発展のため行動します。

関連記事:料金プラン
関連記事:おすすめテンプレート

プレスリリースの配信がおすすめな理由に関するQ&A

PR TIMESのご利用を希望される方は、以下より企業登録申請をお願いいたします。登録申請方法料金プランをあわせてご確認ください。

PR TIMESの企業登録申請をするPR TIMESをご利用希望の方はこちら企業登録申請をする

この記事の監修者

PR TIMES MAGAZINE編集部

PR TIMES MAGAZINE編集部

日本最大級のプレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営を通して、広報PR担当者さまからのお問い合わせやご相談の経験を活かし、広報PR担当者さまの気づきや行動につなげられる記事を執筆しています。PR TIMES MAGAZINEの部署メンバーだけでなく、営業本部、カスタマーサポート、パートナー事業部に在籍するメンバーも携わっています。

このライターの記事一覧へ