記事検索

プレスリリースに画像は必須?広報が教える画像サイズ・画質・枚数など画像に関するTIPS

プレスリリースを配信する際には、画像を有効活用することで、メディアに取り上げられる可能性を高められます。

しかし、どのようなどのような画像を、どれほどのサイズ・容量で、何枚用意すればいいのかわからず、迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。

本記事ではプレスリリースを作成するのになぜ画像が必要なのか、どのような画像がプレスリリースの配信時に効果的なのかを紹介します。

プレスリリースに画像が必要な3つの理由

プレスリリースを配信する際に、画像を準備したほうがいいか悩んでいる人もいらっしゃるかもしれません。

プレスリリースを配信する際には、以下の3つの理由から画像を用意することを推奨します。

1.画像がないとメディアに取り上げられにくい
2.画像がある方が掲載後に閲覧されやすい
3.画像があることで魅力や情報が伝わりやすい

では、それぞれの理由の詳細について確認していきましょう。

プレスリリース画像選択1

1.画像がないとメディアに取り上げられにくい

メディアにプレスリリースを取り上げてもらうためには、まずは記者の目に止まることが重要です。そのうえで内容が魅力的であれば、メディアに取り上げてもらえたり、取材に繋がります。

プレスリリース配信サイトでは毎日多くのプレスリリースが配信されています。また、記者は1日に何百件ものプレスリリースをメール受信します。そのため、いかに記者の目に留まりやすく、魅力的なプレスリリースを作成できるかで、メディアで取り上げてもらえるか否かが左右されます。

新聞や雑誌を見てみるとイメージが湧くかと思いますが、多くの記事は写真と文章がセットで紹介されています。プレスリリースに画像が挿入されていれば、記者の方がメディアで取り上げようとしたときに、写真撮影の工程を省略できるのです。

記者からすると、時間のない中での写真撮影はタイムロスとなります。「すぐに取り上げられるプレスリリース」を作成するためにも、プレスリリースにおいて画像はマストといえるでしょう

2.メディアに掲載後、閲覧されやすくするため

プレスリリースの配信手段として、よく利用されるのがプレスリリース配信サービスです。ほとんどの配信サービスでは、「メインビジュアル」と呼ばれる、プレスリリースを象徴する画像を1枚設定することができます。

この画像は、配信サービスの一覧ページや、SNSで拡散されたときのサムネイルとして表示されます。メインビジュアルによって注目を集め、「もっと読みたい」と思わせることができれば、その後の閲覧に繋がります。

また、プレスリリースに画像が挿入されていると、Web上で画像検索をしたときに検索結果として表示されます。画像検索で画像を表示させられれば、画像からプレスリリースに飛んでくる方も増えるため閲覧数が増えることが期待できるでしょう。

3.商品やサービスの魅力や情報を伝わりやすくするため

商品やサービスの魅力は、文章で伝わりづらい内容だったとしても、画像で視覚的に伝えることも可能です。

例えば、最新の技術が搭載されている商品がリリースされたのであれば、「最新の技術とはどのようなものなのか」を読み手にわかりやすく説明するために画像は効果的です。季節の新メニューやスイーツの発表であれば、適切な画像1枚でビジュアルやシズル感まで、言葉で説明するよりも多くのことが伝わります。

また、企業体制に変更があった場合、以前のものと比べてどこがどのように変更されたのかを画像や図を用いて作成した方が、読み手もイメージが掴みやすく、理解しやすいです。

メディアに取り上げてもらうためには、文章だけでなく視覚的にもわかりやすくすることを心がけましょう。

プレスリリースに掲載する画像は「メディアの立場」で考えることが重要

プレスリリース画像選択2

プレスリリースを配信する際には、「プレスリリースを読んでもらうため」「視覚的に理解してもらいやすくするため」「メディアに取り上げられやすくするため」に画像を準備することが重要だと説明しました。

プレスリリースに掲載する画像を選ぶ際には、「メディアの立場」で考えることが重要です。

記者は、プレスリリースを確認した後、自社媒体の読者に向けたコンテンツを作成します。コンテンツを作成する際にどのような素材があればコンテンツにしやすいのかを検討すると、必要な画像がわかるでしょう。

メディアが使いやすい画像には以下のような条件があります。

・十分なサイズ・解像度がある
・複数用意されている
・イメージや全体感・世界観・利用シーンが伝わる
・テキストなし
・白背景の画像もあるとよし

詳細は、以下の記事からご確認ください。

プレスリリースに掲載する画像のサイズの目安

プレスリリースに掲載している画像は、記事化された際にそのまま記事内に使用されることが多いため、なるべく大きなサイズのものを選びましょう。

しかし、ファイルも大きくなってしまうとダウンロードに時間がかかってしまうため、1枚あたり5MB以内が目安です。これ以上大きくなってしまうと画像ファイル自体が重たくなり、ファイルを開いてもらえない場合もあるので注意しましょう。

画像のサイズは画像のプロパティで確認することができ、サイズが大きすぎる場合は、ペイントなどの画像編集ソフトやオンラインの無料ツールで小さくすることが可能です。

画像の編集方法は以下の記事が参考になります。

プレスリリースに掲載する画像の縦横比

画像はサイズだけでなく、縦横比も注意しましょう。

メディアによって、記事化した際にサムネイル画像が4:3の横長に表示される媒体と、1:1の正方形で表示される媒体があります。

プレスリリースに掲載する画像が1:1の正方形サイズしかなかった場合、4:3で表示された場合には意図せぬ場所で画像が切り取られてしまうことも。

掲載される媒体により画像が魅力的に映るよう、プレスリリースに掲載する画像は縦横比は3:2にしておくと安心です。縦横比を3:2にしておくことで、4:3の場合でも、1:1の場合でもトリミングしやすくなります

プレスリリースに掲載する画像の画質・解像度は?

メディアに掲載される画像は、より綺麗に魅力的に見せるため、画質・解像度も重要です。

解像度は71~96dpiのものを利用しましょう。グラフや表など、数字や文字が含まれた画像を使用する場合は、解像度が低いと文字が読めなくなってしまうため注意が必要です。

Web上では71~96dpiの解像度で十分ですが、印刷物(新聞や雑誌など)になると、350~400dpi程度の解像度があるとベストです。掲載が決まったら、より高解像度の画像を手配するなど、別途画像の準備が必要になる場合もあることを覚えておきましょう。

画像の解像度が高すぎると、画像データが重くなる場合もあります。解像度は画像のプロパティから簡単に調べることができるので、予め確認しておきましょう。

プレスリリースに掲載する画像のファイル形式は?

画像形式は一般的なJPGもしくはPNGでなるべく統一するようにしましょう。

媒体によってアップロード・表示可能なファイルは限定されています。また、コンテンツを入稿する「マニュアル」が存在するはずです。入稿できない、もしくはマニュアルに掲載されていない特殊な画像形式を用いてしまうと、普段とは違う工数がかかってしまい、手間を生んでしまいます。

「特殊な形式のため画像が利用できなかった」「表示できなかった」といった理由で、せっかくのメディア掲載のチャンスをふいにしないためにも、一般的な形式であるJPGもしくはPNGを選ぶことをおすすめします。

aiやeps、HEIFなどの形式の場合は、使い勝手がいいよう配信前に形式変換しておくとよいでしょう。

プレスリリースに掲載する画像の枚数の目安

メディア・媒体にもよりますが、通常画像は複数入れてコンテンツ化することが多いため、画像は複数枚、最低でも3枚は入れるようにしましょう。

例えば、同じ商品を紹介する場合も、全体の画像が欲しい方もいれば、アップの画像が欲しい方もいるなど、記者の方によって欲しい画像イメージが違うことがあります。すべての写真を用意することは難しいですが、なるべく多くの要望に応えられるよう画像を複数枚挿入することで、「イメージしていた画像があるから」と記事化してもらうチャンスを掴みに行くことができます。

また、特にWebメディアの場合は、画像1点で記事化できるのは稀です。最低でも3枚以上使用するメディアが多く、10枚以上必要とするメディアもあります。画像枚数が足りないことで記事化できないことがないように、できるだけ多くの枚数を準備しておくといいでしょう。

プレスリリースに掲載すると効果的な画像例

画像は複数枚準備するほうがよいと紹介しましたが、同じようなカットばかり並んでいてはあまり意味がありません。「全体感がわかる画像」「1点に注目した画像」「加工しやすい画像」「グラフ・データ」など、様々な種類の画像を用意することが効果的です。

最後に、プレスリリースに掲載しておきたい画像例について紹介します。

1.商品のイメージ・全体感・世界観・利用シーンが伝わる画像

プレスリリース画像_紙

商品のイメージ・全体感・世界観・利用シーンが伝わる画像は、まず用意しておきたい素材です。

新商品のプレスリリースであれば商品のイメージや利用シーン、世界観や全体感の伝わりやすい写真は必須。商品の一部の写真しかないコンテンツはあまり見たことがないですよね。どのような商品・サービスなのか、その全貌を見せることで商品と商品のキャッチコピーとがリンクし、印象に残りやすくなります。

また無形サービスの場合も、サービスの流れを図に起こすなどして、全体感がわかるような画像を用意しましょう。イベントやキャンペーンなどの場合も同様です。

ただし画像に文字情報を入れるのはおすすめしません。説明的な画像はメディアが使いづらいだけでなく、SNSのタイムラインに流れた際の反応率も悪くなります。

2.特に見せたい部分にフォーカスした画像

次に、特に見せたい部分にフォーカスした画像も用意しましょう。

こだわり抜いたビジュアルや、起用した著名人、最新の技術が搭載されていたりする部分は商品のアピールポイントとなります。アングルや色彩にもこだわった画像を載せましょう。

プレスリリースの文章全体の中にも、特にポイントとなる情報がありますよね。記事化する際の文章の流れを想像すると、画像としてもフォーカスしたいポイントが見えてくるはずです。

3.白背景・テキスト抜きの画像

商品画像の場合は、白背景で商品単体の画像も準備しておくといいでしょう。白背景の画像は、メディア側がアレンジしやすいため重宝されます。

また、テキストが入っている画像は、「媒体イメージに合わない」「広告感が出る」「伝えたい内容とマッチしない」などの理由から、使いにくいとされています。どうしてもテキストを入れた画像をプレスリリースに掲載したい場合でも、同画像のテキスト抜きのものも掲載しておくことで、メディア側が使いやすくなるでしょう。

4.グラフやデータの画像

グラフやデータは自分たちの観点から見た意見ではなく、客観的な事実を示すもの。そのため、グラフやデータを挿入することで、プレスリリース全体の信ぴょう性を高め、事実を語るプレスリリースとなります。

何らかの数を示す場合にも、「多い」や「少ない」などの感覚的な言葉を選んでしまうと、プレスリリース全体が曖昧なものとして受け取られてしまう可能性があります。的確な数字を交えながら作成し、画像でも補完できるとよりよいでしょう。

その際、外部のデータを引用する場合は、使用許諾を確認した上で参照元を記載する必要があります。

プレスリリースではメディアの立場にたって、魅力が伝わる画像を用意しよう

プレスリリースの配信時には、配信後にメディアにコンテンツ化され、より多くの人に届けるために画像を準備することが重要です。

どうしても画像の準備ができない場合は、画像プラットフォームから有料で購入するという方法もあります。

画像があることで、記者の目に止まりやすいだけではなく、その後の記事掲載にもつながりやすくなります。またひとくくりに画像と言っても、商品の全体像やグラフなど、様々な表現方法があります。画質やサイズなどのポイントを確認しながら、適切なものを選びましょう。

適切な画像を挿入し、魅力がふんだんに伝わるプレスリリースを作成してみてはいかがでしょうか。

このシリーズの記事

前の記事 【PR TIMESノウハウ】プレスリリースに適した画像サイズ・解像度は?メディアに親切な“ひと手間”も解説
次の記事 【PR TIMESノウハウ】動画は挿入できる?プレスリリースでの活用事例6選
最初から読む 【PR TIMESノウハウ】PIXTA(ピクスタ)の画像は使ってもいいの?挿入方法は?
このシリーズの記事一覧へ

この記事のライター

PR TIMES MAGAZINE編集部

日本最大級のプレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営すること12年。営業、カスタマーサクセス、パートナー事業に携わるメンバーが在籍しています。広報PR担当者さまからのお問い合わせやご相談の経験を活かし、広報PR担当者さまの気づきや行動につなげられる記事を執筆しています。

この記事に関連する記事

今注目の記事