記事検索

初心者でも使いやすい!おすすめの画像編集ツール7選【広報としての編集ポイントも紹介】

広報を担当していると、写真を撮影するだけでなく画像を「編集」する場面も多いですよね。SNSや社内報、企業ホームページなど、様々なプラットフォームに合わせて最適な形に画像を編集するためには、便利なツールと編集のコツを押さえておくことが重要です。この記事では、画像編集のおすすめツール7選とコツをご紹介します。

広報は、最低限の画像編集スキルが必要

画像編集はデザイナーの仕事では?と思われる方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。今や、広報担当者に画像編集スキルが求められるのは当たり前と言っても過言ではありません。誰でも手軽に使える画像編集ツールはたくさんありますし、何より広報担当者自身が画像編集できれば案件もスピーディに処理できますよね。最低限の画像編集スキルを身に付けて、色々な案件に役立ててみてください。

おすすめの画像編集ツール7選

ここでご紹介するのは、7つの画像編集ツール。機能や金額、その他の特徴をまとめているので、ご自身の環境に合わせたツール選びの参考にしてみてください。

画像を編集している

1.Photoshop

言わずと知れた画像編集ツール、Photoshop。Adobeが提供するソフトウェアで、写真の加工や合成はもちろん、グラフィックやイラスト作成にも用いることが出来ます。Photoshopさえあれば、基本的に他のツールは必要ないでしょう。

  • 料金:月額3,480円/年額26,160円(いずれも税別)
  • 使用方法:ソフトを端末にダウンロードして使用
  • その他:Photoshop、Illustrator、AcrobatなどAdobeのアプリケーションがパッケージになった法人プランあり。
  • URL:https://www.adobe.com/jp/products/photoshop.html

2.Canva

Canva(キャンバ)は、Web上で使用するグラフィックデザインプラットフォームです。ソフトのダウンロードは必要なく、パソコンでもモバイルでも使用できるのが特徴。テンプレートも多数用意されていて、専門知識がなくても手軽に画像編集に挑戦できます。

  • 料金:無料(有料素材・テンプレート等もあり)
  • 使用方法:パソコン・モバイルのブラウザ・アプリで使用
  • その他:画像編集の他、プレゼン資料やインフォグラフィック、チラシ、ポスター等の作成も可能。
  • URL:https://www.canva.com/ja_jp/

3.PhotoScape X

PhotoScape X(フォトスケープ)は、スマートフォンやデジタルカメラで撮った写真を簡単に補正、編集できるソフトです。画像編集に必要な基本機能は概ね揃っていて、無料版は無期限で使用できます。

4.Fotor

Fotor(フォター)は、オンライン画像編集サイトです。写真編集はもちろん、グラフィックデザインやコラージュの作成も可能で、無料版でも十分な機能を備えています。有料のPro版にアップグレードすると、無料版よりも多数のテンプレート等を使用できます。

  • 料金:無料版あり。Pro版は月額8.99ドル/年額39.99ドル(いずれも税別)
  • 使用方法:パソコン・モバイルのブラウザで使用
  • その他:Windowsのみデスクトップ版あり。
  • URL:https://www.fotor.com/jp/

5.Skitch

Skitch(スキッチ)は、Evernoteが提供する無料の画像編集アプリです。画像編集の中でも矢印や図形の追加、文字入れなどに強みを持っているのが特徴。レタッチなどの編集より、画像や資料に説明を入れる際に使用するのがおすすめです

6. SUMO Paint

SUMO Paint(スモーペイント)は、無料のオンライン画像エディタです。その名の通り、画像編集よりもイラストレーションやペイントに強みを持ちますが、基本的な機能はPhotoshopと大きく変わりません。

  • 料金:無料版あり。有料版は月額4ドル(税別)
  • 使用方法:パソコン・モバイルのブラウザまたはアプリをダウンロードして使用(アプリはWindowsのみ)
  • URL:https://www.sumopaint.com/

7.ペイント

ペイントは、Windowsに標準搭載されている画像編集ソフトです。お絵かきソフトとして広く認知されていますが、実は画像編集でも使うことが出来るのです。また、OSがWindows10であれば「ペイント3D」という機能で透過画像や合成写真も作成できます。

広報としてチェックしておくべき画像編集のポイント

ここまで便利な画像編集ツールをご紹介してきましたが、画像編集に取り掛かる前後で必ずチェックしておくべきポイントがあります。高品質かつ正確な画像編集のために、次に解説する5点を確認してみてくださいね。

1.ファイルサイズや拡張形式が使途に合っているか

画像を使用する媒体によって、必要なファイルサイズや拡張子(JPG/PNG/GIF/TIFFなど)は異なります。ファイルサイズが指定のサイズを超過していたり、拡張子が一致しなかったりすると、せっかく画像編集しても媒体にアップロードできないかもしれません。画像編集を始める前に要件を確認し、編集が完了したら指定のファイルサイズと拡張子で画像を出力しましょう。

媒体に合わせて写真を選んでいる

2.ブランドカラーやフォントを使用できているか

トリミングやレタッチだけでなく、テキストや装飾を加えて画像を編集することもあるかもしれません。その際は、ブランドカラーやフォントを使用できているか、確認が必要です。

例えば、ブランドカラーがブルーなのにオレンジをメインに編集したり、製品のイメージカラーがレッドなのにグリーンをメインに編集したりすると、情報の受け手にちぐはぐな印象を与えかねません。どのような印象を与えたいのかを意識しながら編集できると良いでしょう。

3.画像の無断利用をしていないか

無料で使用できる画像はオンライン上で多数配布されていますが、気づかぬ間に無断利用していないか注意が必要です。Web上の画像には必ず著作権が存在します。著作者(画像の所有者、作成者)が、画像の使用を許可しているかどうか、必ず事前に確認しなければならないのです。

画像の使用前にクリエイティブ・コモンズ・ライセンスを確認したり、著作者から使用許可を得るなどしましょう。また、どうしても著作権侵害が心配ならパブリックドメインの画像を用いたり、ストックフォトサイトを使用するのも方法のひとつです。

4.白黒で印刷しても十分に見やすい配色か

カラーの画像を白黒(モノクロ/グレースケール)に変換すると、視認性が落ちてしまう場合があります。FAX送信のために白黒印刷が必要な場合などは、視認性が損なわれていないか細部まで確認しましょう

白黒印刷にしても問題ないか確認している

また、白黒印刷を行う時のデータには「モノクロ2階調」と「グレースケール」の2種類があります。それぞれの違いと使い分けも確認しておくと良いでしょう。

  • モノクロ2階調:画像を白と黒の2色のみで表現する方式で、中間色のグレーは存在しない。漫画やイラストの印刷向き。
  • グレースケール:画像を白から黒までの明暗で表現する方式。写真の印刷向き。

参考:https://www.netinsatsu.com/knowledge/data_upload/monochrome/

5.入力文字や画像にミスがないか

テキストと異なり、画像は一度世に出てしまうと簡単には修正できません。テキストや使用している画像に誤りがないか、入念な確認が必要です。可能なら編集担当者だけでなく、上長やチームメンバーに協力してもらいダブルチェックを実施すると良いでしょう。

画像の使途や作成内容に合ったツールを選ぼう

この記事でご紹介したツールの他にも、画像編集に使えるサービス・ソフトは数多く存在します。作成したい画像の内容やその使いみちは、企業やフェーズによって異なるものです。画像編集に求める機能や費用感などの条件と照らし合わせながら、自社に最適なツールを見つけてみてくださいね。

このシリーズの記事

前の記事 「サービス広報」とは?ミッションやメリット、業務における5つのポイント
次の記事 意味のある社内報とは?効果的な社内報を作成する7つのステップ・コツ
最初から読む 【PR TIMESノウハウ】メディアリストの作成・設定方法
このシリーズの記事一覧へ

この記事のライター

三寳 里菜

ライター・編集者。2013年、大学在学中に旅行系ITベンチャーに入社し、現在まで約6年にわたりコンテンツ責任者・広報・PR・組織開発を担当。それぞれのフィールドでの経験を活かして、「読みやすく、分かりやすく、伝わりやすいコンテンツ」づくりに取り組んでいます。ハウツーからイベントレポート・インタビューまで、様々なコンテンツ制作が得意です。

この記事に関連する記事

今注目の記事