【PR TIMESノウハウ】アイキャッチ画像を設定する方法と、反映される場所

「アイキャッチ」とは、画像や映像などで見る人の注意を引きつけることを指します。PR TIMESのプレスリリースにおいても、アイキャッチ画像を設定することで、プレスリリース自体が目をひきやすくなり、クリックして読まれる可能性にも大きく影響します

本記事では、PR TIMESのプレスリリースにおけるアイキャッチ画像を設定する方法や反映される場所、アイキャッチ画像を設定することのメリットなどについてまとめてご紹介します。

PR TIMESにアイキャッチ画像を設定する方法

PR TIMESのアイキャッチ画像は、プレスリリースに画像を挿入する際に選択できます。

プレスリリース本文への画像挿入は、1点あたり5MB以下の画像ファイル( jpeg、png、gif形式のサイズ )を最大20点までアップロードできます。このとき、「メイン画像」に設定した画像が、プレスリリースのサムネイル画像としてアイキャッチに反映されます。メイン画像の設定方法は、以下の手順でおこなえます。

1, まず、管理画面内のプレスリリース新規登録画面で、画像をアップロードします。「ファイル選択」で画像ファイルを選択してください。もしくは、指定のエリア(下図枠部)にドラッグ&ドロップしてもアップロード可能です。

2, 画像上にマウスオーバーし、「メイン選択」をクリックしてください。選択されたメイン画像は、プレスリリースのサムネイルになるだけでなく、パートナーメディアにリリースの原文転載がされる際のメイン画像にもなります。

アイキャッチ画像が反映される場所

アイキャッチを設定すると、まずPR TIMESの新着プレスリリースの一覧ページに表示された際にサムネイル画像として表示されます。

また、PR TIMESで配信されたプレスリリースは、産経ニュース、YOMIURI ONLINE、朝日新聞デジタル、時事ドットコムなど、月間1億PV以上のメディアも含め、提携しているパートナーメディアへプレスリリース原文が転載されます。掲載メディアの指定はできませんが、メディア転載された際のアイキャッチにも、メイン画像に指定した画像ファイルが表示されます。

さらに、PR TIMESは公式Facebookアカウント、公式Twitterアカウントを運用しており、プレスリリースごとに登録したカテゴリに応じて、プレスリリースがシェアされますが、こちらのOGP(※1)にもメイン画像が使用されます

つまり、メイン画像に設定したアイキャッチ画像は、PR TIMESのサイト上に限らず、様々なメディアやSNS上で、読み手にとって最初の引っ掛かりとなる、非常に重要な役割を担っているのです。

※1・・・OGPとは、「Open Graph Protcol」の略でFacebookやTwitterなどSNSでリンクがシェアした際に表示されるイメージ画像を指します。

アイキャッチ画像を設定する3つのメリット

では、アイキャッチ画像を設定することには、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。「本文まで読んでもらいやすい」「SNSタイムラインでも目に留まりやすい」「読み手が内容をイメージしやすい」の3点のメリットをご紹介します。

メリット1.本文まで読んでもらいやすい

まず、1つ目のメリットは、本文まで読んでもらえる可能性がぐっと上がるという点です。

インターネットの発展によって、情報発信の機会は各段に増え、誰でも簡単に情報を受発信できるようになりました。その影響のひとつとして、プレスリリースの役割も拡大。従来のようなメディア関係者のみを対象とした「報道向け資料」ではなく、生活者が直接情報を得る「ニュース」としての役割も併せ持つようになりました。つまり、生活者が目にすることも意識した発信が一層重要であるということです。

そのような意味でアイキャッチ画像は、とても重要なツールです。画像そのものを加工したり、プレスリリースの内容を端的に表す画像を選択したりなどして、本文までアクセスしてもらいましょう。

メリット2.SNSタイムラインでも目に留まりやすい

2つ目のメリットは、SNSのタイムライン上でも目に留まりやすくなるという点です。

今やSNSは人々にとって欠かせないコミュニケーションツール。日々TwitterやFacebookなどのタイムラインには話題のトピックスが流れ、皆さんにとっても当たり前の光景となっているのではないでしょうか。

それだけ膨大な量の情報が流れてくるSNSのタイムラインにおいて、流し見されることなく、ほかの情報と差をつける要素となる1つが「画像の有無」です。

画像がある情報は、読み手の視認性が高くなります。また、SNSのタイムラインにおいては、文字よりも画像が先に目に飛び込んできやすいことから、クリックしてもらえる可能性もアップするでしょう。

メリット3.読み手が内容をイメージしやすい

3つ目のメリットは、読み手が画像から内容をイメージしやすくなるという点です。

「百聞は一見にしかず」と言いますが、文章だけの情報よりも画像とセットになっている方が、読み手のサービスや商品、イベント概要、活動意義など、プレスリリースの内容に対するイメージが沸きやすくなります。

たとえば共同研究にまつわるプレスリリースを発表するときを思い浮かべてみてください。一般生活者やその分野に詳しくないメディア関係者からしたら、専門用語が並ぶ文書は読み進めるハードルが高いもの。しかし、研究フローや研究で成し遂げたいことがビジュアライズ化されていれば、例え専門用語を知らずとも、研究内容の大筋を掴みやすくなるため、興味を持って本文を読んでもらえるかもしれません。

プレスリリースはビジュアルにもこだわろう

本記事では、PR TIMESで配信するプレスリリースのアイキャッチ画像の設定方法や反映される場所、アイキャッチ画像を設定することのメリットなどについてご紹介しました。

プレスリリースは画像があるからこそ引き立ちます。その中でも、最も伝えたいメッセージを端的に表現するインパクトのある画像をアイキャッチ画像に設定することで、様々なメリットが得られます。

プレスリリースは、中身である文章にこだわることももちろん重要なのですが、アイキャッチ画像を含めたビジュアル面にもこだわって作成するようにしましょう。

この記事のライター

アバター

PR TIMES MAGAZINE編集部

株式会社PR TIMESのカスタマーサクセス、社内広報、社外広報、イベント運営など8年以上広報PRと向き合うメンバーが在籍しています。日本最大のプレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営すること12年。さまざまな広報担当者からのお問い合わせやPRのご相談への対応経験を活かし、すべての広報PRパーソンに捧げるノウハウ記事を執筆中

この記事に関連する記事

今注目の記事