【PR TIMESノウハウ】プレスリリースが転載された内訳の確認方法

PR TIMESでプレスリリースを配信すると、配信先に指定したメディアリストの対象媒体にプレスリリースが送られるのと同時に、事業内容や本文情報と関連性の高いパートナーメディアにプレスリリースの原文が転載されます。

この転載とは、PR TIMES上で登録したプレスリリース情報が原文のまま各パートナーメディアに掲載されるというもの。PR TIMESが提携する様々なオンラインメディアに掲載されることで、プレスリリースがより多くの読み手の目に留まるのです。今回は、プレスリリースの転載とは何かを紐解き、その掲載内訳を確認する方法などをお伝えします。

PR TIMESの転載機能とは?記事掲載とどう違う?

まずプレスリリースの転載は、記者・編集者などのメディア関係者がプレスリリースを拾って記事として報じるのとは大きく異なります。「メディアに掲載される」という点では、転載であっても記事掲載であっても同じですが、ニュースとして取り上げられるものではないのです

あくまでもプレスリリースの原文が、そのまま各メディアのプラットフォーム上で表示されることを指しています。掲載枠も、一般記事とは異なり、プレスリリース用の枠であることが多いです。

プレスリリースが転載されたときの内訳の確認方法

転載の内訳はPR TIMESにログインした管理画面から確認することが出来ます。
管理画面の左端にあるサイドメニューのうち、棒グラフのようなアイコンの「分析データ」をクリック。そして「提携オンラインメディア」の項目を選択します。すると、過去に配信したプレスリリースのタイトルが一覧で表示されますので、転載内訳を確認したいプレスリリースタイトルの右端にある「三」のようなマークをクリックしましょう。すると、転載先の内訳が一覧で表示されます。

分析データ一覧
提携オンラインメディア 転載先内訳一覧

PR TIMESから転載された内訳を確認するときの注意点

プレスリリース転載内訳は上記の方法で確認できますが、ここでは確認時に気を付けたいポイントを2点お伝えします。

システム上、取得できない転載先もある

実は管理画面内の機能である「提携オンラインメディア」でも、すべての転載状況を把握することができない場合もあります。

それは、PR TIMESのシステムを経由して情報を取得できないサイトや、取得できないケースが幾つかあるため。「提携オンラインメディア」では、転載先の約8~9割の媒体が反映されると認識しておくと良いでしょう。もし転載先一覧に含まれていないにも関わらずインターネット上で転載状況が確認できた場合は、Excelなどで何かしら記録を残しておくとよいでしょう。

こちらに関するもう一つの注意点は、PR TIMESでプレスリリースを配信した後、すぐにすべてのプレスリリースの転載が完了するわけではないということ。プレスリリースの内容が掲載基準に則っているか、カテゴリ設定はどうかなどPR TIMESのサポート&サクセスデスクがすべて目視でチェックするためです。また、転載メディアの情報が分析データとして管理画面上に反映されるのにも一定の時間を要するため、1営業日ほど時間をおいてから転載結果を確認するのがベストでしょう。

プレスリリースのタイトルと完全一致している場合のみ反映される

もう一つ注意したいのが、PR TIMESの管理画面で確認できる転載結果は、配信時のプレスリリースのタイトルと「完全一致」している情報のみとなる点です。記者や編集者がプレスリリースを見て取り上げる記事掲載では、内容やタイトルもほぼ編集されるため、これらの情報が混ざらないようなっています。

転載先だけでなくパブリシティ状況を把握したいときは、GoogleやYahooなどの検索エンジンで社名や文中のキーワードで検索するのが一番。もしくはこの後に紹介するクリッピングサービスを活用することで、手間なく確認をとるのができるようになります。

記事掲載につながった情報はクリッピングサービスで把握

プレスリリースの情報をもとにメディア関係者が要点をまとめたり、コメントを加えたりして「記事」としてメディアに掲載された場合は、クリッピングサービスを活用して掲載先とその内容を確認しましょう。

PR TIMESでは「Webクリッピング」のサービス提供もおこなっており、プレスリリース後の結果を効率的に追いたい場合や、自社に関するあらゆる報道をチェックしたい場合など、オンラインメディアでの掲載状況を随時把握できるサービスです。

プレスリリースが転載されたメディアを確認するメリット

転載先の内訳の確認方法についてお伝えしてきましたが、そもそも転載先を確認する作業はどのような理由で必要なのでしょうか。ここでは、大きく分けて2つのメリットを紹介します。

問い合わせやSNSシェア時の情報源として管理できる

まずは広報担当者として欠かせない情報管理の観点でのメリットです。プレスリリースの転載によって「メディアに掲載された」といえども、転載はあくまでも 報道記事とは別の扱い。メディア関係者によって取材・執筆された記事とは別のカテゴリやページで表示されます。

※参考:スタートアップメディア「BRIDGE」でのプレスリリース転載ページ
URL:https://thebridge.jp/prtimes

しかし、情報の受け手である生活者やエンドユーザーは、インターネット上で入手できる情報のひとつとして転載されたプレスリリースと遭遇することがあります。そのため、「〇〇新聞オンラインで見ました」と問い合わせがきたり、SNSで転載されたプレスリリースがシェアされることも少なくありません。

「あれ、このメディアからは連絡なかったけど掲載されている…?」という場合は、プレスリリースの転載のことを意味していることがありますので、確認してみてください。

新たなメディアと出会う機会になる

次にメディアリレーションの観点でのメリットです。一見、メディア関係者が関与しないプレスリリースの転載は、メディアリレーションとは関係ないと思うかもしれません。
しかし、むしろこれまでリレーションが構築できていなかったメディアや、自分たちでは配信先候補としてピックアップできていなかったメディアとの新しい接点を持つ機会となり得ます。それに自社と相性の良いメディアがわかる可能性もあります。

「この媒体も文脈次第では掲載されるチャンスがあるのか」「こんな相性の良さそうな媒体があったのか」という新たな発見につながる可能性も高いですよ。

プレスリリース転載も活用次第で広報活動を前進できる

「プレスリリースの転載では効果が少ない」と感じる方もいるかもしれません。しかし、露出機会を増やすことで、多くの人が目にする可能性は高まり、それがひいてはメディアの目にとまるきっかけにつながっていきます。

プレスリリースから新しいチャンスを掴むきっかけにもなり得るため、活用次第では広報活動を前進させるチャンスを広げられます。報道記事とは異なる扱いであることを理解しながら、転載の内訳を把握し、今後の広報活動へ役立てる第一歩としてみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

アバター

PR TIMES MAGAZINE編集部

株式会社PR TIMESのカスタマーサクセス、社内広報、社外広報、イベント運営など8年以上広報PRと向き合うメンバーが在籍しています。日本最大のプレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営すること12年。さまざまな広報担当者からのお問い合わせやPRのご相談への対応経験を活かし、すべての広報PRパーソンに捧げるノウハウ記事を執筆中

この記事に関連する記事

今注目の記事