マスメディアとは?4大媒体の種類・役割・影響力など基本情報や、広報活動におけるマスコミの役割を紹介

世間への幅広い情報伝達や、社会の声を自社経営にフィードバックすることを職務とする広報担当者にとって、不特定多数の多くの生活者にリーチできるマスメディアは心強い存在です。

今回は、そんなマスメディア4大媒体の種類や役割、それぞれの影響力について解説します。また、第5のマスメディアに成長しつつあるWebメディアやソーシャルメディアについてもご紹介。広報活動におけるマスコミの役割について学び、明日からの広報活動にお役立てください。

まず、マスメディアとは?

マスメディアとは、「マス=大衆」に対して情報伝達をする「メディア=媒体」のこと。 具体的には、新聞・雑誌・テレビ・ラジオなどの媒体を指します。

マスメディアは不特定多数の生活者を対象に、多様な情報を伝達する「マスコミュニケーション」の役割を担っており、略称でマスコミと呼ばれることも多いです。マスメディアは、報道、解説・啓蒙、教育、娯楽、広告など複数の役割を果たし、社会的影響力が大きいことも特徴です。

参考:広告用語辞典

マスメディアの種類

一般的にマスメディアとは、新聞・雑誌・テレビ・ラジオの4媒体を指します。本項では4大媒体をそれぞれ解説したうえで、マスメディアに匹敵するほど影響力を拡大させ続けているインターネット上のWebメディアやSNSについても説明します。

4大媒体の特徴を解説

1. 新聞

新聞とは、ニュース、意見、特集など、大衆が関心をもつ情報を提供する日刊や週刊などの定期刊行物です。紙で発行されることが一般的ですが、近年はスマートフォンやタブレットで購読できる電子版や、Web上で読むことができるネット配信も普及しています。

新聞は大きく一般紙専門紙に分類できます。一般紙の中でも発行されている地域の広さにより全国紙、ブロック紙、地方紙と分類されます。地域により多く読まれている新聞が異なるため、広報担当者はその地域での影響力や読者層などを参考にアプローチすべき媒体を決めていきましょう。専門紙には、経済紙、スポーツ紙、業界紙など、特定の分野に特化した情報を掲載するものが分類されます。その他、機関紙や点字新聞などがあり、新聞は多種多様です。

新聞の特徴の1つ目は、地域密着性です。地方紙は地元で絶大な支持を得ており、県によっては全国紙よりも地元紙を読んでいる人のほうが多いくらいです。全国紙にも数ページの地域面があります。2つ目の特徴は、共有性の高さです。購入した新聞を回し読みしたり、切り抜きを掲示したりと、複数人と共有しやすい性質があります。3つ目の特徴は、安価であることです。前日のニュースを翌朝には詳しく確認することができるうえ価格も安く、コストパフォーマンスの高い媒体と言えるでしょう。

参考:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

2. 雑誌

雑誌とは、特定の誌名を冠し、種々の記事を掲載した定期刊行物です。週刊、月刊が主流ですが、隔週刊、季刊などもあります。種類も豊富で、総合雑誌、専門雑誌(文芸雑誌、ビジネス誌など)、娯楽雑誌(ファッション雑誌、漫画雑誌、スポーツ雑誌など)、教育雑誌、各種団体の機関誌、個人雑誌、広報誌などの分類があります。購読層によって一般誌、男性誌、女性誌、ティーンズ誌などに分けることもできます。広報担当者は情報伝達したい生活者の志向や関心に合わせて、アプローチすべき雑誌媒体を変えていきましょう

雑誌は書店やコンビニエンスストアなどで販売していることが多いですが、前述の新聞同様、スマートフォンやタブレットで電子書籍として販売する形態も普及しています。

雑誌の特徴として、紙媒体特有の五感への訴求が挙げられます。編集者は媒体ごとに使用する紙の質感を検討しており、触り心地や印刷技法によって読み手が受けるイメージが異なります。鮮やかなビジュアルで読者の視覚にもより強い印象を与えることができる媒体です。

参考:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
参考:Marketing Story Lab『紙媒体のメリット・デメリットとは? 紙媒体は衰退するのか、元紙媒体編集者が語る未来』

3. テレビ

テレビとは、電波を用いて、遠隔地に映像を伝送し、受像機にその映像を再現する技術のことです。あるいは、そのために用いられる装置、特にテレビ映像機を指すことも多いです。

テレビの放送局には、公共放送(NHK)と民放放送(日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBSテレビ、フジテレビジョン、テレビ東京、日本BS放送などを含む全国独立放送協議会)があります。

テレビ番組の種類には、報道番組(ニュース、天気予報、国会中継など)、娯楽番組(スポーツ、テレビドラマ、音楽番組、トークなどのバラエティ番組、テレビアニメなど)、ドキュメンタリー番組、ワイドショー、教育番組(子ども向け番組、語学番組など)があります。

他の4大媒体と大きく異なるのは、映像と音声で情報を伝えられること、そして多くの視聴者を有するため放映のインパクトが大きいことが挙げられます。速報性も高いうえに動画で情報を得ることができ、かつ民放放送は視聴料もかかりません。またローカル局(地方局)では地元に密着した番組も多いです。

近年は動画配信サービスが台頭しテレビの視聴率低下なども取り沙汰されていますが、TVer(ティーバー)やParavi(パラビ)などのポータルサイトで場所や時間を選ばす番組が視聴できる体制も整えられており、依然としてテレビは大きな影響力を持った媒体であると言えるでしょう。

参考:IT用語辞典バイナリ

4. ラジオ

ラジオとは、電波を利用して放送局から送る報道・音楽などの音声放送のことです。音声形式でリアルタイムに情報を得ることができるため、その特性から運転や勉強、料理などの作業と平行して番組を楽しむ聴取者が多いのが特徴です。パーソナリティとリスナーの双方向コミュニケーションがとれることもラジオならではの特徴です。

また速報性が高く、交通情報やニュース全般、災害時の情報発信に優れています。テレビと比較すると送信システムが簡単な構造になっているため災害時にも放送を続けやすいというメリットがあり、停電でテレビが見られない状況でもラジオなら情報発信が可能です。

近年ではインターネット配信サービスradiko(ラジコ)で若年層へのアプローチやSNSでの拡散性の向上を目指しており、ローカル局のコンテンツも全国へ配信する仕組みが構築されています。

参考:デジタル大辞泉
参考 :一般社団法人 日本民間放送連盟『ラジオの意義と課題』

インターネットやSNSはマスメディアに含むの?

ここまで新聞・雑誌・テレビ・ラジオという4大媒体について説明してきました。では、急速に発達してきたインターネットやSNSもマスメディアに含まれるのでしょうか。本項では、今や社会のインフラと言っても過言ではないインターネット上のメディアについて説明します。

ネット上のメディアは大きくWebメディアとソーシャルメディアの2つに分類されますWebメディアとは、インターネット上でなんらかの情報を発信しているWebサイトのことを指し、具体的にはニュースサイト、キュレーションサイト、コーポレートサイトなどが分類されます。ソーシャルメディアとは、個人による情報発信、個人間のつながりなどの社会的な要素を含んだメディアを指します。具体的には、Twitter、Instagram、Facebook、YouTube、TikTok、ニコニコ動画などが該当します。

インターネットを主戦場とするWebメディアやソーシャルメディアは、すでにマスメディアと肩を並べるほどの影響力を持っており、第5のマスメディアになりつつあります。電通が16年2月に発表した『2015年 日本の広告費』によれば、インターネット広告費は1兆1594億円で、新聞の5679億円の倍に達し、テレビの1兆9323億円に次ぐものになっています。米eMarketer社の調査によれば、すでに米国市場では16年中にデジタル広告は720億900万ドルに達し、テレビの712億9000万ドルを上回るとされており、ネット広告が近い将来にテレビを抜いて世界最大の広告媒体になることは確実な状況であると言えます。

インターネット上のWebメディアやソーシャルメディアはその拡散性の高さが特徴です。速報性にも優れており、膨大な情報の中から自分が求めている情報を瞬時に検索できる点も強みです。一方で、個人が容易に情報発信できるため誤情報やフェイクニュースが出回ってしまうというデメリットもあります。

参考:クラウドソーシングTIMES
参考:論座『第5のマスメディアとなったネットが目指すのは?』 

マスメディアの役割とは?

マスメディアの機能について、コミュニケーション学の父とも呼ばれるアメリカの学者ウィルバー・シュラムは、「見張りの機能」「討論の機能」「教師の機能」の3つに分類しています。

まず「見張りの機能」は、社会環境の現状や変化に対し情報を伝え警告を発する役割です。政治や経済の動向をマスメディアが発信することにより、大衆が危機感や自身の考えを持つきっかけになります。企業や団体に世間から見られているという意識を与えることで見張りとして機能します。

次に「討論の機能」です。これは社会環境に関して構成員間の意見を整理し世論を形成させる役割です。従来の4大媒体に加え近年は第5のマスメディアになりつつあるWebメディアやソーシャルメディアで個人が意見を表明することが容易になり、メディアが持つ討論の機能がより活性化しています。

最後の「教師の役割」は、価値観や社会的規範、知識などを次の世代へと繋いでいく役割です。特に新聞は共有性、雑誌は保存性が高いメディアであり、次代への情報伝達に向いているマスメディアです。

またアメリカの学者、ハロルド・ラスウェルもそれぞれを「環境の監視」「構成員の相互作用」「社会的遺産の世代的伝達」として分類しています。役割の名称は異なりますが、内容は前述の「見張りの機能」「討論の機能」「教師の機能」と同様です。

参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 

マスメディアが与える影響とは?

不特定多数の大衆に情報伝達をおこなうマスメディア。世間に及ぼす影響にはどのようなものがあるのでしょうか。今回は「政治への影響」「経済への影響」「文化・教養としての影響」の3つの観点で解説します。

1.政治への影響

マスメディアが政治的な事実を報道・解説することにより市民は情報を得て、政治関連のトピックスを何らか判断する際の基準とします。新聞の見出し・ニュースのテロップなどのマスコミ報道が与えるイメージや、ワイドショーに出演するコメンテーターの意見など、ひとつひとつが世論の形成に影響を与えます。その影響力は大きく、立法・司法・行政と並ぶ「第四の権力」と言われることもあります。

2.経済への影響

マスメディアから流れる情報は人々の経済活動に多大な影響を与えています。マスメディアで目にする商品やサービスの情報は、企業が出稿した広告の場合もあれば、広報活動の結果の露出の場合もあります。

広告の具体例は、テレビCM、雑誌の広告ページ、新聞の広告欄、ラジオCMなどです。日常生活で頻繁にかつ繰り返し目にするものであり、強く消費者の印象に残ります。

広報活動の結果であれば、ニュース番組やバラエティ番組で企業や商品が紹介されたり、ドキュメンタリー番組に社長が出演したりといったケースが挙げられます。

マスメディアで特定の事象が複数回取り上げられることで「これが人気なのだ」という共通認識を生み出し、経済効果に繋がります。テレビ・雑誌で紹介されたスポットに人が集まったり、紹介された物が完売することなどが分かりやすい例です。

3.文化・教養としての影響

先述の通りマスメディアには「教師の機能」、つまり価値観や知識などを次の世代へ繋いでいく役割があります。テレビであれば言語学習の番組、子ども向けの教育番組、手話や将棋などの趣味の番組などがあります。雑誌であれば様々なジャンルの専門誌(新聞は専門紙)があり、文化・教養の土壌作りに影響を与えています。

さらにマスメディアには娯楽としても大きな存在意義があります。具体的には、映画やドラマ、スポーツ中継、余暇やレジャーを楽しむための娯楽情報を提供する番組、トークやお笑いなどを中心としたバラエティ番組などがあります。これらの娯楽コンテンツは人々が広く楽しむ大衆文化を成立させ、ある対象に対する人気を確立させることで流行を生み出しています。

参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 

広報活動におけるマスコミの役割 

広報活動の目的は企業・組織の存在意義を見出し、経営を持続し、社会に対する価値を高めていくことです。これらを達成するためには自社、商品、サービスの認知拡大が欠かせません。その際、不特定多数への情報発信が可能なマスメディアは広報担当者にとって強力な存在となります。

マスメディアが世間に与える影響は想像以上に大きいため、丁寧かつ慎重、そして迅速なコミュニケーションが求められます。たとえば認知度の高いテレビ番組であれば数分間自社が紹介されるだけでも、ホームページのアクセスが集中したり、問い合わせが激増して電話が鳴りやまない状況になったり、製品の生産が追いつかなくなったりするほどの反響を巻き起こす場合があるのです。

新聞・雑誌・テレビ・ラジオといった4大媒体は広報活動としてメディアリレーションズをおこなう際に必ずアプローチすることになるメディアです。広報担当者は日頃から媒体研究を怠らないようにしましょう。

マスメディアが与える影響力の大きさを理解しておこう

本記事では、4大媒体と呼ばれるマスメディアについてや、急成長し第5のマスメディアになりつつあるWebメディアやソーシャルメディアについて説明しました。

新聞・雑誌・テレビ・ラジオといったマスメディアは人々の暮らしと密接な関係にあり、発する情報が世の中に与える影響も絶大です。世間の信頼も大きいメディアであるため、ポジティブな情報もネガティブな情報も一気に広がります。マスメディアが与える影響の大きさを念頭に、迅速かつ丁寧なコミュニケーションをとり、日頃からきめ細かなメディアリレーションズを心掛けましょう。

また、それぞれの媒体がWeb版や電子版を展開するなど、時代に合わせて少しずつ変化しています。広報担当者は動向を逐一チェックしましょう。

この記事のライター

ならきち

ならきち

在宅ライター主婦。会社員時代は中古IT機器の専門商社で広報をしていました。取材対応をはじめとするメディアリレーション全般、プレスリリース執筆、危機管理対応、記者会見の企画・運営、自社ブログ記事の企画・執筆などを担当した経験を活かし、広報担当者の役に立つ記事を書きたいです。現在はわんぱくな息子に翻弄されながら在宅でライターの仕事をしています。

この記事に関連する記事

今注目の記事