「3C分析」のやり方とは?広報・PR担当者も知っておきたい基礎知識【テンプレートあり】

3C分析」は、マーケティング部門に属する人だけではなく、広報・PR担当者にとっても積極的に活用したいフレームワークのひとつです。

本記事では、3Cの基礎知識や、やり方、ポイントについて解説します。実際に分析を行う際に活用できるテンプレートも用意したので、広報戦略を立てる際にぜひお役立てください。

そもそも、3C分析とは?

3C分析とは、マーケティング環境分析のフレームワークのひとつです。

環境分析とは、会社の内部・外部の経営環境を分析すること。3C分析の他にも、PEST分析・SWOT分析・4P分析・4C分析などがあります。

今回取り上げる3C分析の「3C」とは、「Customer(市場・顧客)」「Competitor(競合)」「Company(自社)」の頭文字のこと。3要素の経営環境を明確に分析することで、事業の方向性が見えてきます。

広報が3C分析を行う目的・メリットとは?

3C分析は、マーケティング部門でよく活用される印象ですが、広報ではどのように使われるのでしょうか。

広報が3C分析を行う目的・メリットは、以下の3点です。

1.自社の強みや弱みが明確化される

広報が3C分析を行う1つ目のメリットは、「自社の強みや弱みの明確化」です。

「Company(自社)」分析により見えてくる自社の強み弱みのだけでなく、「Competitor(競合)」分析の結果、他社と比較して見えてくるものもあるでしょう。

広報として会社のどのポイントをアピールしていくと、優位性があるのかを判断しやすくなります。

2.発信すべき情報を判断でき、企画が立てやすくなる

広報が3C分析を行う2つ目のメリットは、「企画が立てやすくなること」です。

広報として社外に何をどう発信していけばいいのか、企画の判断軸を得られるのも3C分析のメリットです。

1つ目のメリットである自社の強み弱みの把握に加え、サービスの顧客層が求めていること、ニーズは何なのかを分析しましょう。

把握した強みとニーズとを掛け合わせることで、限られたリソース・コストでより顧客に「刺さる」可能性の高い情報提供・企画の立案が可能となります。

3.自社分析と競合分析を掛け合わせることで情報発信での差別化を図れる

広報が3C分析を行う3つ目のメリットは、「情報発信での差別化」が図れることです。

3C分析は、自社を競合や市場・顧客と対比しながら分析できることから、自社の差別化ポイントを明確にしやすくなります。

自社分析と競合分析を掛け合わせることで、他社と比較された場合の自社の強みや弱みが可視化されます。その違いを広報することで、「自社の特徴や強み」をより説得力のある形で発信できるのです。

情報発信の差別化

3C分析のやり方・方法

では、3C分析はどのようなやり方で進めていけばいいのでしょうか。

3C分析の進め方は、以下の4ステップです。

STEP1.Customer:自社の顧客について掘り下げよう

まずは、市場や顧客のニーズを分析します。マクロ分析ミクロ分析顧客分析の3つの手法を用いて分析することで、より効果的に進めることができます。

マクロ分析

景気変動、法律改正、人口・流行の変化など、社会的な変化を見つけ出す分析。政治・経済・社会・技術の4つの外部要因を分析するPEST分析が用いられます。

ミクロ分析

特定業界が自社ビジネスに与える影響の分析。「新規参入の脅威・業界内の敵対関係の強弱」「代替品の脅威」「買い手の交渉力」「売り手の交渉力」の5つの脅威の要因を分析するファイブフォース分析がよく用いられます。

顧客分析

購買人口、潜在顧客ニーズ、購買決定者、購買要因、購買決定プロセスの分析を行います。

STEP2.Competitor:競合他社の存在・売上・強みを把握しよう

市場シェアを広げるためには、競合他社の分析が必須です。次に、競合他社の存在を把握、売上や他社の強みについても分析していきましょう。

ポイントは、現在存在している競合他社だけではなく、今後業界に参入してくる可能性のある潜在競合他社、自社が提供しているサービスの代替となり得るものについても情報を集めることです。

競合が行った施策とその結果、結果を出した要因について、わかる範囲で情報を集め分析しましょう。

STEP3.Company:自社の強み・弱み・顧客提供価値を洗い出そう

次に、市場分析、競合分析の結果を踏まえ、あらためて自社の強みや弱みを分析しましょう。

Value(経済価値)、Rarity(希少性)、Inimitability(模倣困難性)、Organization(組織)から分析するVRIO分析の手法を用いるとよいでしょう。

市場の流れに対してどのような施策を競合他社が行っているのか、それと比較して自社が提供できる顧客への価値は何なのかを考えていきます。

STEP4.3つの分析を掛け合わせ広報戦略を立てよう

これまでに分析してきた3つの「C」に関する分析をまとめ、広報としての戦略を立てていきましょう。

後ほど詳しく説明しますが、Strength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会)、Threat(脅威)の4観点から分析するSWOT分析の手法を用いると3C分析結果を俯瞰して捉えやすくなります。

広報担当者のミーティング

3C分析を行う際の3つのポイント

3C分析を行う際は、以下の3つのポイントを押さえておきましょう。

ポイント1.情報収集は取捨選択がカギ

3C分析を行う際の1つ目のポイントは、「情報の取捨選択」をすることです。

市場や顧客ニーズは、時間と共に変化するものです。そのため、3C分析にあまり時間をかけすぎることは得策とはいえません。

競合他社の情報を集める際は、業界トップシェアを誇る企業や、自社のビジネスにより近い企業に絞るなど、取捨選択を行いましょう。自社データに関しても同様です。

また、情報は信憑性のあるものを集めることが重要です。市場データ、競合データといった社外データを集める際には、信頼できる最新のデータなのかよく確認しましょう。

ポイント2.希望的観測ではなく「事実」で分析を

3C分析を行う際の2つ目のポイントは、希望的観測ではなく、冷静に「事実」を分析することです。

分析を行う際は、客観的に行わなければ意味がありません。

特に気を付けたいのは、自社分析です。強みであってほしいといった願望や、無意識的に見据えたくない弱みなどが入り込みがちであることを認識した上で、客観的な視点での分析を心がけましょう。

ポイント3.上手く進めない場合は順序を変更する工夫を

前章では、「Customer(市場・顧客)」、「Competitor(競合)」、「Company(自社)」の順で進めると説明しました。しかし、これらの順番は必ず守らなければならないものではありません。

市場・顧客分析で詰まってしまったときには、まず競合分析から進めてみるなど、柔軟に分析を進めていきましょう。最終的に、3つのCに関して一貫性を持たせた結果を目指すことが大切です。

3C分析を行うためのテンプレート

3C分析を行う際には、テンプレートを活用すると便利です。

3C分析を行うためのテンプレート

上記のテンプレートを用い、3C分析を行ってみましょう。まずは事実となる情報を集め、情報をもとに分析を進めてみてはいかがでしょうか。

3C分析の事例・具体例

3C分析の事例としてよく挙げられる代表例が、スターバックスコーヒーやマクドナルドです。世界的な大手企業の3C分析を参考にしてみてください。

スターバックスコーヒーの3C分析

Customer(市場・顧客):学生~シニアまで年齢層は幅広い。年齢層によってニーズのある製品は異なる

Competitor(競合):ドトール、タリーズなどカフェチェーン

Company(自社):おしゃれ、高級感、コーヒーの質の高さ。一方で価格帯は競合と比べると高めであり、庶民的ではない

マクドナルドの3C分析

Customer(市場・顧客):年齢層は幅広い。ファーストフードの特徴である「商品提供までの速さ」や「安さ」といった手軽さ、ジャンクフードを求めるニーズがある

Competitor(競合):ハンバーガー業界においてはトップを走っているが、「手軽さ」「速さ」になると、イートインスペースのあるコンビニ等も競合になり得る

Company(自社):低価格、商品数の多さ、期間限定商品など豊富な新商品

3C分析を広報に活かす

3C分析で顧客のニーズや自社について把握することは、広報として発信していく内容を左右するだけでなく、炎上を防ぐ効果もあります。

2020年には、Twitterの企業公式アカウントでの炎上騒ぎが立て続けに起こりました。購買層のニーズと大きくズレた発言が、炎上の火種となったケースも少なくありません。

昨今では、無理やり難癖を付けられるかのようにして炎上させられる事例も出てきていますが、炎上しないために細心の注意を払うことは、危機管理としても大切です。

自社サービスの顧客にとって必要とされる情報は何なのか、どういった方法で伝えればその層に届きやすいのかについて考え意識しておくことは、広報にとって非常に重要です。

広報では多くの人に届けることも求められますが、バズらせることを安易に目的に据えず、冷静に戦略を練りましょう。

>【企業のSNSルール】ソーシャルメディアガイドライン・ポリシーとして制定しておきたい10のこと (opens in a new tab)”>>>【企業のSNSルール】ソーシャルメディアガイドライン・ポリシーとして制定しておきたい10のこと

3C分析を広報に活かす

3C分析と合わせて利用される分析方法

マーケティングに用いられる手法、フレームワークにはさまざまなものがあります。冒頭では、3C分析の他にも、PEST分析・SWOT分析・4P分析・4C分析などがあると紹介しました。

最後にそれぞれの分析方法について合わせて紹介いたします。

PEST分析

PEST分析とは、自社を取り巻く外部環境(マクロ環境)について把握するために「Politics(政治)」「Economy(経済)」「Society(社会)」「Technology(技術)」の4つの要素から行う分析方法です。

外部的要因が、将来的にどのような影響を及ぼすのかを把握するために利用されます。

SWOT分析

SWOT分析とは、「Strength(強み)」「Weakness(弱み)」「Opportunity(機会)」「Threat(脅威)」の4要素から行う分析です。

強み×機会や強み×脅威など、掛け合わせて分析することで、分析結果を戦略に落とし込むことができます。

4P分析

4P分析とは、「Product(製品)」「Price(価格)」「Place(場所)」「Promotion(プロモーション)」の4つのPからなる分析方法。

つまり、商品を販売する立場から「何を」「いくらで」「どこで」「どのようにして」売るのかを考える分析です。

4C分析

4C分析とは、「Customer Value(顧客にとっての価値)」「Cost(価格/経費)」「Convenience(利便性)」「Communication(顧客とのコミュニケーション)」の4つの要素から行う分析です。

4P分析が販売側の立場から行う分析に対し、4C分析では顧客・購入する側の立場から分析を行います。

3C分析を広報活動に役立てよう

広報の役目は、自社のことを顧客・潜在顧客に広く知ってもらうための施策を打つことです。しかし、「とにかく世間で話題に上ればいい」のではないことはすでにご存知でしょう。

3C分析を行うことで、顧客ニーズを可視化し、競合他社と比較した際の優位点も把握することで、「誰に」「どのような情報を」伝えれば自社にとってプラスになるのかを把握できます。

一度自社についての3C分析を行い、広報活動に活かしてみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

PR TIMES MAGAZINE編集部

日本最大級のプレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営すること12年。営業、カスタマーサクセス、パートナー事業に携わるメンバーが在籍しています。広報PR担当者さまからのお問い合わせやご相談の経験を活かし、広報PR担当者さまの気づきや行動につなげられる記事を執筆しています。

この記事に関連する記事

今注目の記事