記事検索

今日は何の日ノーベル賞制定記念日(11月27日)|意味や由来・広報PRに活用するポイントと事例を紹介

11月27日は「ノーベル賞制定記念日」。今回は「ノーベル賞制定記念日」の意味や由来を解説します。

また、「ノーベル賞制定記念日」をきっかけに広報PR活動を行う効果やポイント、関連の広報事例もご紹介。マーケティングネタを探している方、特に科学・物理学・文学といった専門分野に携わっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

「ノーベル賞制定記念日」の意味・由来とは?

11月27日は「ノーベル賞制定記念日」です。ダイナマイトを発明した化学者アルフレッド・ノーベル氏が、1895(明治28)年の11月27日付の遺言書でノーベル賞制定の意思を示していたことから、記念日として知られるようになりました

ダイナマイトによって得た巨万の富を、世界的な功績を残した人々に配分するよう示されたのが、ノーベル賞制定のきっかけです。ノーベル氏の死後、財団が設立され、1901年11月27日に、第1回受賞式が執り行われました。

当初対象となった学問は、物理学・化学・生理学医学・文学・平和事業の5つ。現在は経済学を加えた計6分野となり、ノーベルの命日である12月10日にスウェーデンで授賞式が実施されています。

「ノーベル賞制定記念日」をきっかけに広報PR活動する効果

「ノーベル賞制定記念日」は、メディアがトレンドとして取り上げやすいテーマです。プレスリリースを始め、「ノーベル賞制定記念日」に関する自社の取り組みを発信することで、普段は接点が少ないメディアの目にも届く可能性が高まります。

特にSNSの場合、時節やトレンドにあった内容は、企業アカウントの投稿も受け入れられやすいもの。「ノーベル賞制定記念日」をネタにした投稿は、ステークホルダーとのコミュニケーションを取りやすく、自社に親しみをもってもらえるきっかけになります。

自社プロダクトやキャンペーン、自社の取り組みなどを合わせて紹介することで、より自社のことを知ってもらえるチャンスが生まれるでしょう。

「ノーベル賞制定記念日」を元に発信をする流れ

「ノーベル賞制定記念日」をきっかけとした広報PR活動は、以下の流れで行うことが一般的です。

STEP1.「ノーベル賞制定記念日」の由来や、意識調査などから情報収集を行い、今年の傾向を掴む

STEP2.コミュニケーションを取りたいターゲットやゴールを決める

STEP3.自社サービスやプロダクトと「ノーベル賞制定記念日」をかけ合わせ、発信内容を検討する

STEP4.発信するコンテンツを作成する

STEP5.媒体を選び情報発信する

特に、メディア関係者に届けたい場合はプレスリリースの配信がおすすめです。生活者とカジュアルにコミュニケーションを取りたい場合はSNSを活用するのもよいですね。

トレンドキーワードを元に、広報PR活動に落とし込む詳細は以下の記事からご確認ください。

「ノーベル賞制定記念日」を広報PRに活かした事例

「ノーベル賞制定記念日」を具体的にどのように広報PRに活かすのか悩む方も多いでしょう。

次に、これから「ノーベル賞制定記念日」に関するイベントやキャンペーンなどを検討する際の参考になる事例と、GOODポイントを紹介します。記念日に関した事例ではないものも、今後「ノーベル賞制定記念日」を広報PRに活かすうえでヒントになるでしょう。

事例1.ノーベル賞を受賞した素材「グラフェン」をアイマスクに採用

株式会社MEDISANA JAPANは2022年7月、クラウドファンディングサイトの「Makuake(マクアケ)」にて、新商品の先行予約販売をスタートしました。「グラフェン」と呼ばれる、ノーベル賞受賞の先進素材を採用したアイマスクです。

場所を選ばず目元をケアできる、薄型で柔らかい素材にこだわったのが本商品の特徴。自宅での自由時間はもちろん、仕事の休憩中にも手軽に取り出せるため、デスクワーカーを中心としたターゲットに有用な商品企画といえます。

参考:多彩な振動×温熱で目元スッキリ気持ちがいい。薄くて超軽量の「グラフェンアイマスク」Makuakeにてプロジェクトスタート!

事例2.ノーベル賞受賞候補者が登壇するサミットの開催情報を発表

世界がん撲滅サミット2022実行委員会は2022年7月、同年の11月3日に開催される「世界がん撲滅サミット2022 in OSAKA」のプレスリリースを発表しました。大阪国際会議場で開かれるサミットで、ノーベル賞受賞候補に浮上した中村祐輔氏の講演が決定。

プレスリリースでは、同氏の功績をあらためて紹介し、取り組みについて解説しているのがGOODポイントです。さらに、サミットの告知動画として、30秒程度の映像コンテンツをYouTubeで公開しています。

参考:世界がん撲滅サミット2022 in OSAKA ノーベル賞候補 中村祐輔氏の登壇決定!

事例3.夏休み中に英語を勉強するための方法を説く無料オンラインセミナー

オンライン英会話「QQキッズ」を運営する株式会社QQ Englishは、「世界トップティーチャーから学ぶ!子どもの英語勉強法」と題した無料セミナーの開催を決定しました。夏休みの前に、子どもが効率的に勉強できるよう、保護者向けに英語勉強方法を説くオンラインセミナーです。

セミナーには、教育界のノーベル賞ともいわれる「Global Teacher Prize 2019」でトップ10に選ばれた講師が登壇。QQキッズの生徒や保護者が参加できるだけでなく、外部の人でも無料で参加OKとしているのが魅力的です。

参考:【2022年7月17日】オンライン英会話「QQキッズ」が「世界トップティーチャーから学ぶ!子どもの英語勉強法」オンライン無料セミナーを開催

「ノーベル賞制定記念日」をきっかけに広報PRの取り組みをしてみよう

11月27日の「ノーベル賞制定記念日」は、ノーベル賞に注目が集まり、化学や文学といった学問を想起させるきっかけになる日です。専門的な分野に関する商材を扱う方や、ノーベル賞にまつわる企画を検討している方にとっては特に、「ノーベル賞制定記念日」を切り口として自社商品・サービスの魅力を伝える良い機会になるでしょう。

お伝えした事例を参考に、ぜひ自社商品・サービスと「ノーベル賞制定記念日」をかけ合わせた広報PR施策を考えてみてください。

【関連記事】

今から準備できる、おすすめテーマ