オウンドメディアとは?企業がオウンドメディアを持つ5つのメリットと始め方

近年、急激に増加している企業のオウンドメディア。企業が持っている情報を読者に有益なかたちで届けることで、自社サイトへの流入やファン作りなどさまざまな目的で運営されています。

オウンドメディアの運営にゴールはなく、常に試行錯誤していくことこそ大切。そのような前提でも、成長するオウンドメディアを作るにはどうすればよいのでしょうか。

今回の記事では、企業がオウンドメディアをもつことのメリットやオウンドメディアの始め方、運営のポイントや成功事例などをご紹介します。

オウンドメディアとは?

オウンドメディアとは、自社で保有するメディアの総称です。自社のWebサイトや紙媒体の会報誌など、企業が制作・発信しているもの全てを含みます。日本では、Webマーケティングのために企業が運営するWebマガジンやブログのことを指すことが多いです。

認知度アップを目的に運営しているオウンドメディア

スマートフォンやSNSの普及によって、口コミをはじめ生活者が触れられる情報の量は爆発的に多くなりました。そのため広告などの一方的なコミュニケーションは、生活者から信頼性が低いと捉えられる場合も。

自社で所有している情報を読者に有益なコンテンツとして配信し、広告以外の方法でコーポレートや自社サービスの認知度・好意度を高め、マーケティングやブランディングに寄与することができるのが、オウンドメディアです。また、Webサイトへの流入やコンバージョンを増やす目的で活用されるケースもあるでしょう。

企業がオウンドメディアを持つ5つのメリット

オウンドメディアを持つことで、企業にはどんなメリットがあるのでしょうか。代表的なものを5つご紹介ます。

1.自社の資産になる

オウンドメディアは、自社が持っている情報を記事コンテンツとしてストックできるのが大きなメリットです。TwitterやInstagramなどのSNSアカウントを利用した情報発信は、リアルタイム性が強いためにコンテンツをストックするには不向きです。オウンドメディアはストックが可能なので、検索流入などから長期に渡って読者の目に触れる可能性が高くなります。

SEO対策を実施したり、自社のSNSで記事コンテンツを拡散したり、オウンドメディアを中心に自社サイトへの流入を増加を見込める施策を行いましょう。

2.読者をファン化してロイヤリティをUPできる

オウンドメディアは読者への有益性を追求して地道に運営していけば、長期的には自社のファンへ育て、ロイヤリティを向上させることができます。そのためには、読者が必要としている情報や、面白いと思ってくれる情報を発信し続けることを研究し、こつこつ取り組むことも大切です。

読者との強固なつながりが築ければ、記事コンテンツがSNSでシェアされたり、自社の商品購入を検討してくれることにもつながっていきます。好意度が高く、自社へのロイヤリティが高まるほど、LTV(顧客生涯価値)の向上も見込めるのです。

3.自社のブランディング基盤として利用できる

オウンドメディアは、自社が得意とする分野において、専門家の立場であることをブランディングするための基盤であるといえます。専門性や独自性の高いコンテンツを発信し続けることで、「あの情報といえば、この企業」という認知を獲得することができ、専門家としての地位を確率することができます。専門家としての取材依頼を増やすことも見込めるため、発信の機会を増やすことにも繋がります。

4.広報活動のPDCAをまわしやすい

オウンドメディアは広報発動の中でもPDCAをまわしやすい手法のひとつです。コンテンツの検索流入やCVRなど数値の分析が可能なので、評価や改善をスピーディーに実施できます。

数値分析を通して、自社のファンである読者への理解も深まるため、オウンドメディア以外の広報活動へ活かせることが多いのも大きなメリットです。

5.広告費を削減できる

オウンドメディアを運営することで広告費を削減することが可能です。本来、他社のメディアへ掲載費用をかけて広告記事を作成するような内容も、自社のメディアならば自由に制作や掲載ができます。記事製作費は必要ですが、広告費よりはコストを抑えられるのが魅力のひとつです。

口コミなどの増加により広告自体が信用されにくいという現状もふまえると、読者に必要とされる形で自社の情報を発信できることは、実際にかかる金額以上にメリットが大きいです。

オウンドメディアの始め方5ステップ

オウンドメディアを作るために、企画から記事作成までの流れを5つのステップにまとめました。これから新たにオウンドメディアの立ち上げを検討している方は、是非参考にしてみてください。

オウンドメディアのミーティング風景

1.目的を決める

まずは、どのような目的でオウンドメディアを運営するのかを明確にしましょう。「自社のブランディング」と一言でいっても、何がどのような状態になることを目指すのか、具体化する必要があります。サービスのリード獲得や、ファンづくりなど設定する目的は様々。

目的が明確でないと、運営方針やサイトのデザイン、コンテンツの内容などが決めづらくなります。目的が決まったら、その目的を達成するための中間目標を設定し、運営戦略を作成します。

2.運用方法を決める

続いてメディア運営方法を決定します。自社のみで全てをまかなう場合と、制作会社などへ外注する場合が考えられるので、自社の状況に合わせて選択しましょう。

自社で全てを行う場合は、運営ノウハウが蓄積されやすいことが特徴です。コンテンツだけでなく、コンテンツ制作の知見もストックできます。他にも、社内のリソースのみを利用するため、金銭的なコストが抑えられるメリットも。一方で、業務が属人化していると担当者の退職によって影響を受ける場合や、担当者が他業務と兼任している場合は、継続的な更新が難しい場合があります。

外注の場合は、すでに知見を持った制作会社が運営を行うため、短期間でメディアを軌道に乗せられるでしょう。滞りなくコンテンツを配信し続けることも可能です。ただ、自社だけで運営するよりは金銭的なコストがかかり、自社にノウハウを蓄積しづらいデメリットもあります。

3.サイトを作成する

運営戦略に基づいて、サイトを作成します。サイト作成も自社で作成する場合と外注する場合が考えられるので、自社の状況に合わせて選択をしてください。WordPressなどの外部サービスを利用して、プログラミングの知識がなくてもページを作成することもできます。

デザインなどにこだわらず、先行投資を極力抑えて始めたいという場合は、noteなどのプラットフォームを活用するパターンも増えているようです。

4.対策キーワードを決める

SEO対策のために強化したいキーワードを決定します。自社サイトへの流入増加を狙うためには、より検索ボリュームの多い検索キーワードで検索エンジンの上位に表示されることが必要です。検索ボリュームが多く、競合の少ないキーワードから対策していくことで、効率的な対策が可能になります。

キーワードの検索数や競合になりそうな記事の調査はもちろん、Googleキーワードプランナー、サーチコンソールなどのツールを利用して検索上位を狙えるキーワードを決めていきましょう。

5.記事を作成する

対策キーワードの選定ができたら、記事コンテンツを作成していきます。対策キーワードを意識したタイトルや構成を作ることがポイントです。本文中にも対策キーワードを盛り込むようにしましょう。

キーワード以外にも、検索上位に表示されるためにSEOへ影響すると考えられるポイントはいくつかあります。

  • 記事全体の文字数
  • 内部リンクを構成する
  • メタディスクリプションの設定 など

検索エンジンのアルゴリズムは日々変化するため、記事を公開したあとも検索流入などの数値分析を行い、リライトなどを行いながら常に対策を行うことが重要です。

オウンドメディアを始めるときの注意点

続いて、オウンドメディアを実際に開始するために注意したい3つのポイントをまとめました。あらかじめ想定できておくと、いざとなったときに慌てずに済むのでしっかり備えておきましょう。

1.更新頻度を保てる体制づくり

オウンドメディアの更新頻度を保てる体制を整えましょう。コンテンツがストックされるメディアだからこそ、情報が常に最新になっていることが、オウンドメディア運営では重要です。自社だけで運営しているとコンテンツ制作が間に合わない場合は、ライティングなどの一部の業務を外注することで解決できる場合もあります。

体制づくりのためのミーティング風景

2.SEOを意識する

SEOを意識したコンテンツを作りましょう。オウンドメディアは、検索エンジンの上位に表示されて流入されてこそ実力を発揮するメディアです。記事の内容が良質であることはもちろんですが、検索上位に表示されなければ読者に見つけてもらうことすらできません。SEO対策を行って、読者の目に触れるコンテンツを作ることを心がけましょう。

3.SNS拡散を意識する

サイト内でSNSで拡散されるための設計をするようにしましょう。記事コンテンツは、SNSで拡散されることで多くの人の目に触れる機会を作ることもできます。SNSのシェアボタンを設置したり、最新記事を投稿するためにSNSとの共同運営を行うなど、拡散されるための導線を作るようにしましょう。

オウンドメディアの事例

それでは、代表的なオウンドメディアの事例を3つ紹介します。一口にオウンドメディアと言っても、メディアの運営方針や、記事の作り方などは様々。多くの事例を目にすることも、大切なインプットとなります。

北欧、暮らしの道具店

https://hokuohkurashi.com/
株式会社クラシコムの運営するECサイトです。商品のストーリーや利用シーンを伝えるオウンドメディアをECサイト内に一体化しています。読者は商品購入後の自分の生活がイメージしやすくなるため、購買へ繋がります。他にもオリジナルドラマやラジオなどテキスト以外のコンテンツ配信も行っています。

ウチコト

https://tg-uchi.jp/
東京ガス株式会社が運営するオウンドメディアです。自宅での生活に役立つ、レシピや家事に関する情報を発信しています。東京ガスの提供するガスや電気に関するサービスに関わる情報を発信することで、ファンを増やしています。

FEATUReS 

https://www.cyberagent.co.jp/way/features/
株式会社サイバーエージェントが運営しているオウンドメディアで、コーポレート情報を発信しています。社員インタビューや社風など企業の取り組みが紹介され、採用面でも候補者へアプローチが可能です。

見つけてもらえるコンテンツを作ろう

オウンドメディアのメリットや実際の運営方法についてご紹介してきました。オウンドメディアは検索流入で読者に見つけてもらうことで実力を発揮できるとお話させてもらいました。

現在はさまざまなオウンドメディアが運営され、乱立している状態です。どんなに良いコンテンツを作っても、検索上位に表示されて見つけてもらえなければ宝の持ち腐れです。読者から見つけてもらえるコンテンツ作りを常に意識して運営をしていきたいですね。

この記事のライター

長瀬 みなみ

東京生まれ便秘育ち。舞台俳優から社会人未経験で広報PRに転身し、ITベンチャー広報を経て、現在はウンログ株式会社”うん広報”。メディアリレーションをはじめ、オウンドメディア編集や自身も出演するYouTubeチャンネル「ウンTube」運営など「ファンづくり」を担う。いいうんちを増やして、世界中がお腹の中からウンと健康になるために活動しています!発酵食品が好き。

この記事に関連する記事

今注目の記事