調査リリースを作成するための調査方法・調査の流れとは?知っておきたい注意点まで解説

調査リリース」とは、企業が自社のサービスや商品に関係する調査を実施し、プレスリリースとして配信する広報手段のひとつです。調査リリースを作成するには、まずは調査実施にあたり調査方法や注意点ついて知る必要があります。今回の記事では、調査方法や調査の流れ、注意点をご紹介します。

調査リリースのための「調査方法」は?

まずはじめに、調査を取るための「調査方法」をご紹介します。調査方法は主に「定量調査」と「定性調査」に分けられます。広報担当者が作成する調査リリースでは主に「定量調査」を使用することが多いので、ここでは「定量調査」の調査方法をご紹介します。それぞれのメリット・デメリットを見分けながら、適切な調査方法を選びましょう。

調査方法1.インターネット調査

インターネット調査は、Webサイトやメールを利用してアンケートを行う調査方法です。一気に回答が収集できるほか、大きなコストもかからない場合が多いため、人気のある調査方法のひとつです。インターネット調査は、集計も簡単に行えるため、短期間で多くの回答数を集めたい場合におすすめします。

調査方法2.会場調査

会場調査は、セミナーやイベントが開催されたときに直接ユーザーに調査を取る方法です。紙でのアンケートになる場合、集計が手作業になるため、多少の手間がかかってしまいます。会場でQRコードを読み取ってもらい、Web上でアンケートを回答できるようにすると、効率的に集計しやすくなります。

調査方法3.郵送調査

郵送調査は、ユーザーの自宅に直接アンケートを送付し、回答してもらう調査方法です。なかなか見てもらえない、留守時間が多くて受け取ってもらえない、返送するのが手間となるため、回収率は低くなる傾向があります。

調査方法4.電話調査

電話調査は、ユーザーに直接電話を掛け、アンケートに回答してもらう調査方法です。電話での回答のため、具体的な回答を聞けることはメリットですが、設問量が多い場合は向いていません。

調査リリースのための調査

調査リリースのための調査の流れ、5ステップ

次に、調査の流れを5つのステップに分けてご紹介します。

STEP1.目的とゴールの設定

まずは「目的」と「ゴール」を設定しましょう。どんな目的で調査を実施するか、集まった調査結果をどのように使用するかを決めます。 調査票やリリース作成の際に軸がぶれてることを防ぐため、目的やゴールを決めることが大切です。目的とゴールを設定した後、調査の対象者設定や、どんなデータをどのくらい集めることができればいいのか、などの具体的な設定を行いましょう。

STEP2.調査の種類決め

次に、調査の種類を決めます。主な調査の種類は「web調査」と「紙調査」の2種類です。回答数を多く見込む場合や若い対象ユーザーに対しては、普段から操作に慣れているweb調査をおすすめします。普段からインターネットやスマートフォン操作に慣れていない高齢者向けの調査などは、紙での調査がおすすめです。対象ユーザーや集計のことを考えて調査の種類を決めましょう。

STEP3.調査票とアンケートフォームの作成

次に、調査票の作成し、それを基にアンケートフォームをつくります。これまでに、直接アンケートフォーム上で調査項目を作成した経験のある広報担当者も多いかもしれません。いきなりアンケートフォーム上で調査項目を作成すると、「設問の順番がおかしい」「SAなのかMAなのか排他なのか分からない」「重複している項目がある」など、結局修正する手間がかかってしまいます。

一度Excelなどで調査票を作成し、設問文と選択肢を洗い出し、適切な設問の配置決めを行いましょう。Excelでの調査票が完成後、広報部メンバーや上長に確認してもらい、その後アンケートフォームへ落とし込みを行います。

次に、「SA」「MA」「排他」について簡単にご紹介します。

3-1.SA(単一回答)

SAは、単一回答という意味を持つ「シングルアンサー」の略語です。これは、ひとつの質問に対して、選択肢から回答をひとつだけ選んでもらう回答方法です。

例:「下記の選択肢から、当てはまるものをひとつだけお選びください」など

3-2.MA(複数回答)

MAは、複数回答という意味を持つ「マルチアンサー」の略語です。これは、ひとつの質問に対して、選択肢から複数の回答を選んでもらう回答方法です。

例:「下記の選択肢から、当てはまるものを3つお選びください」、「下記の選択肢から複数お選びください」など

3-3.排他

排他とは、MA(複数回答)の選択肢で「当てはまるものはない」「その他」など、他の選択肢と重複することがあり得ない選択肢です。

STEP4.調査の実施

実際に調査を実施します。調査実施中は、調査の回答数の収集状況を見ながら、回答期限を伸ばすのか、期日通りでいくのか、臨機応変に対応しましょう。

STEP5.集計

調査完了後、集計に入ります。集計方法は2つあり、「単純集計」と「クロス集計」です。「単純集計」は、設問ごとのトータルを示す集計方法です。「クロス集計」は設問と設問をかけ合わせて集計する方法です。

単純集計のみでも問題ありませんが、クロス集計を行うと、おもしろい集計結果が見つかることもあるので、是非試してみてください。

調査リリースでの注意点

調査リリースのための調査で気をつけたい5つの注意点

次に、調査で気をつけたい5つの注意点をご紹介します。調査を依頼したからといって、全ての回答者が回答してくれる訳ではありません。回答者の負担を少しでも減らして回答率を上げるためには、どんなことに注意して、調査を行えばいいのでしょうか。

注意点1.事前に調査の目的、期限、所要時間を伝える

どの調査方法でも、いきなり設問に入らずに「目的」「期限」「所要時間」の3つを記載、または、口頭説明してください。調査目的の説明がないと、回答者は「何のためにアンケートを取るのか」「どのようにして自分の回答が使われるのか」などの、疑問を抱いてしまいます。きちんと説明することで、回答者は安心し、回答のモチベーションもあがります。

1-1.目的

まず、調査の目的を記載します。「この調査の目的はなにか」「この調査結果がどのように使われるのか」、調査に協力する意味を回答者に理解してもらいましょう。

1-2.期限

回答期限はいつまでなのかを記載します。回答期限がないと、回答を先延ばしされたり、調査自体をスルーされてしまう可能性が出てきます。

例:2020年10月30日(金)23:59まで 

1-3.所要時間

アンケートにかかる所要時間を記載しましょう。アンケートの所要時間が短いと、回答者の回答モチベーションもあがります。

例:約3分ほどで、ご回答いただける内容となっています。是非ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

注意点2.回答者の負担にならない設問数の設定

次に、調査の設問の数です。設問数は約10個ほどが、ストレスなく回答できる数と言われています。10個以上は回答者にストレスがかかってしまい、調査を離脱される可能性が高くなるので、注意が必要です。設問数が多い場合には、本当にその設問が必要なのかを改めて考えましょう。

注意点3.誰が見ても分かりやすい言葉で作成する

設問文や選択肢は、誰が見ても分かりやすい言葉で作成をしましょう。専門用語や難しい言葉は使用せず、平易な言葉に変えて作成することが大切です。また、設問文選択肢ともに、長々と書かずに、簡潔にまとめて書くことを意識して作成しましょう。

注意点4.設問文を適切な順番に配置

設問文は適切な順番に配置を行い、回答者がスムーズに回答できるように心がけましょう。適切な順番で設問文が配置されていないと、回答者が混乱してしまいます。答えづらい設問が一番はじめにあると、調査から離脱してしまうこともあります。設問は、いったりきたりすることのないよう、時系列で聞くことを心がけましょう。

注意点5.回答者へのメリット記載

回答者へのメリットがあれば記載しましょう。調査に回答して、抽選でギフト券などの特典がプレゼントされる場合は、是非その旨を記載してください。特典が抽選で当たる場合、回答内容と抽選には関係のないことを記載しましょう。

質の高い調査リリース

正しい調査方法で、質の高い調査リリースを作成しよう

今回の記事では、調査リリース作成の際の調査方法についてご紹介しました。調査は、一見簡単そうに見えるものの、実際にやってみると「なかなか回答数が集まらない」「集計結果がありきたり」といった、悩みが最初は出てきます。今回ご紹介した、調査のポイントや注意点を参考に、回答者にストレスを与えない、答えやすい調査を作成してみてください

是非、この機会に正しい調査方法を身に付け、質の高い調査リリースを作成しましょう。

調査リリースの書き方は、以下で紹介してますので合わせてご覧ください。

この記事のライター

絹本桃子

2017年度にレバレジーズ株式会社に入社。入社後は、フリーター・既卒向け就職支援サービス「ハタラクティブ」にてキャリアアドバイザーとして半年間従事。事業部の決定ギネス記録を更新し、2017年度にはベストセールス賞を受賞。受賞後、広報にキャリアチェンジし、現在は1300人以上の広報を1人で担う。2020年度の露出数は180を超え、テレビ露出も複数獲得。

この記事に関連する記事

今注目の記事