調査リリースとは?書き方・作成の3つのポイント・事例など基本事項を確認しよう

「新商品発売や新サービスローンチ以外にも、プレスリリースを出したいけどネタがない」こんなときに、調査リリースを配信する広報担当者も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、「調査リリースを配信してみたいけど、書き方がわからない……」と不安に感じている広報担当者に向けて、書き方や作成のポイントについてご紹介します!

そもそも、「調査リリース」とは?

調査リリース」とは、企業が自社のサービスや商品に関係する調査を実施し、プレスリリースとして配信する広報手段の一つです。客観的なデータをある視点でまとめて発信することにより、メディアにもアプローチしやすく、質の高いデータであればメディアに取り上げてもらえやすくなります。

調査リリースのミーティング風景

調査リリースを配信する3つのメリット

調査リリースはメディアに取り上げてもらう以外に、どんなメリットがあるのでしょうか。調査リリースを配信するメリットを3つご紹介します。

1.業界データを有していることを知ってもらえるチャンス

調査リリースは、業界データを有していることをメディアに知ってもらえるチャンスです。配信した調査リリースが貴重なデータや質の高いデータであれば、メディア関係者の目に止まり、掲載にも繋がります。それだけでなく一度メディア関係者の目に止まることで「○○についてだったらこの企業がいい調査出してた」「ここに一旦話を聞こう」といった、企業への信頼度も高まります。

2.新商品に依存しない情報発信機会になる

調査リリースは新商品発売や新サービス開始という切り口に依存せず、データの開示を新情報として情報を発信することが可能です。

調査リリースは、必ずしも商品に直結する情報発信機会になるばかりではありません。調査リリースの目的は「有益な情報としてユーザーに届けること」です。

調査リリースは、直接的な成果が見えづらい場合も、長期的に企業やブランドへの信頼に繋がる場合があります。 メディア掲載時には企業や商品、サービスの紹介に必ずしも直結しない場合もあることは念頭に置いておきましょう。

3.営業ツールとして二次利用ができる

調査リリースは、広報で使用する以外にも使い道があります。それは営業ツールとして二次利用することです。自社の商品やサービスの営業資料として、市場から求められていることを見える化する訴求資料として使用できます。

調査リリース書くべき内容は?構成の大枠を把握しよう

調査リリース執筆時、「文章やグラフ以外になにを記載したらいいの……?」と迷う広報担当者も多いはず。ここでは、調査リリースに必要となる構成や大枠をご紹介します。

調査リリースは、主に下記5つの項目で構成されています。

1.調査概要

調査の詳細を記載しましょう。詳しくは「調査リリースを書くとき5つのポイント」でご紹介します。

2.調査背景

なぜ自社がこの調査を行う意味があるのかを、簡潔に記載しましょう。

3.サマリー

調査リリースの概要を簡潔にまとめたものを記載しましょう。詳しくは「調査リリースの書き方・作成方法3ステップ」にて、ご紹介します。

4.本文

本文はわかりやすい言葉で簡潔にまとめ、見やすいグラフを挿入しましょう。

5.まとめ

今回の調査リリースから「なにが読み取れたのか」「これからどんなことが考えられるのか」を、まとめとして記載しましょう。

調査リリースの書き方・作成方法3ステップ

調査リリースは、集計結果を載せて完成ではありません。誰が読んでも分かりやいように簡潔に執筆すること、データが正確であることが重要となります。ここでは、調査リリースの書き方や作成方法をご紹介します。

STEP1.サマリーには、調査で一番伝えたいことを持ってくる

調査リリースでいう「サマリー」とは、調査リリースの概要を簡潔にまとめたものです。サマリーでは、一番伝えたいことを3つ程明記しましょう。サマリーには、プレスリリースの冒頭で要点を伝える役割があります。サマリーが多すぎても、結局何が伝えたいのかがわからず、プレスリリース自体をスルーされてしまう可能性もありますので、注意しましょう。

STEP2.リリース本文は、分かりやすい言葉で簡潔にまとめて書く

調査リリースはなるべくA4、3枚以内にまとめましょう。メディア関係者には1日に何百通ものリリースが送られてくるため、冗長なプレスリリースをすべて読む時間はありません。工数をかけて作成した調査リリースが記者に読まれない、どこにも取り上げてもらえないことは避けたいですよね。データ量が多い場合は、プレスリリースには要点を絞ってまとめ、詳しい調査結果は参考資料としてPDFリンク等を貼り付けるようにしましょう。

STEP3.情報が正確かチェックする/してもらう

作成した調査リリースは、情報が正確かどうかを必ずチェックしましょう。広報部にメンバーが数名いるのであれば、広報部メンバーに、広報部メンバーがいない場合は上長に、必要であれば、法務部にリーガルチェックを通します。

また、メディアが恐れることは、間違った情報を掲載してしまうことです。掲載後に「この情報が間違ってました」というミスはあってはなりません。プレスリリース1つで、企業の信頼や広報担当者、取り上げたそのメディアまでもが信頼を失ってしまうので、細心の注意を払いましょう。

調査リリース用にデータをまとめている

調査リリースを書くときの5つのポイント

調査リリースが上手な企業はどんなことを詳細に記載しているのでしょうか。ここからは、調査リリースを書くときの5つのポイントを紹介します。

ポイント1.調査概要を詳細に明記する

調査リリースでは、調査概要を必ず記載しましょう。調査概要で書くべき項目は、下記4つです。

1-1.調査対象

どこのユーザーにアンケート調査を実施したかを明記しましょう。

例)○○○株式会社に登録している、2022年新卒入社予定の学生300名

1-2.調査集計期間

調査実施日は、いつからいつまでかを明記しましょう。

例)2020年10月1日〜2020年10月10日

1-3.調査方法

どんな方法で調査を行ったかを明記しましょう。

例)インターネット調査・会場調査・郵送での調査など

1-4.有効回答数

有効回答数とは、調査後に回収した回答から、集計に不適正な無効回答を除いた回答数のことです。実際に得られた有効回答数はいくつかを必ず、明記しましょう。

例)有効回答数:295

ポイント2.なぜ当社がこの調査を今行う意味があるのかを明記する

調査リリースには、なぜこの調査を行ったのかの背景を明記しましょう。調査背景が明記されていないリリースも多いのが現状です。なぜ、自社がこの調査をやる意味があるのか、なぜ今この調査をやろうと思ったのかを明記することは、非常に重要です。社会問題や時事問題に絡めていることを明記すると、メディアも記事にしやすく、記事掲載率もあがります。

ポイント3.見やすく、分かりやすいグラフを挿入する

調査リリースには、グラフや画像が必ず入ります。グラフはメディア掲載の素材として使用されることも視野に入れ、誰にでも見やすく、分かりやすいデザインで作成することをおすすめします。また、グラフには「グラフタイトル」「数値」「n数」は必ず入れます。使う調査データや打ち出したいメッセージに適したグラフを使用し、見た目(デザイン)にもこだわりましょう

ポイント4.有識者コメントを入れる

可能であれば、調査リリースの最後に「有識者コメント」を入れましょう。「有識者」といっても、難しく考えなくて大丈夫です。代表や役員、事業部長、そのサービスに詳しい人であれば問題ありません。このコメントを入れることによって、メディア取材が入ったとき、コメント対応者として自社の社員をアサインしやすくなります。

ポイント5.時間があれば自社社員だけでなく、他社の広報担当者にも見てもらう

調査リリースを作成するとき、一人ですべてを完結しようとすると「これで合ってるかな」「大丈夫かな」と不安になる広報さんも多いはず。

上長や広報部メンバー、法務部の確認を通して事前にミスを防ぎ、調査リリースの質を上げていきましょう。他社の広報担当者にアドバイスを求めるのも、広報観点でのアドバイスが貰えるのでおすすめです。

お手本になる!調査リリースの事例

ここでは、お手本となる調査リリースを配信している企業の事例を4つご紹介します。是非参考にして、調査リリースの質をあげていきましょう!

事例1.ビズリーチ

リード文に「この調査結果から何が言えるのか」を記載しているため、「どんなことがリリースに書かれているのか」がひと目で理解できます。まとめ部分で有識者のコメントを挿入しているのも、是非参考にしましょう。

>>新型コロナウイルス感染症拡大をきっかけに、約6割がキャリア観に変化 うち9割以上が「企業に依存しないキャリア形成が必要」と回答

事例2.コエテコ

全体的に見やすいデザインで、重要箇所は黄色いマーカーがひかれています。「予想されます」などの文言を使用するときに、なぜそう言えるのかが注釈で補足で記載されていて、とても丁寧です。

>>「2020年 子ども向けプログラミング教育市場調査」 2025年には2020年の2倍超の約300億円市場に

事例3.freee株式会社

本文で伝えたいことがそれぞれの小見出しで簡潔にまとまっており、分かりやすい調査リリースとなっています。グラフも見やすくデザインされており、メディアが掲載しやすい工夫が感じられます。「※二次利用の使用許可の確認は不要です」という文言についても、プレスリリースを見たメディア側への配慮がされています。是非参考にしましょう。

>>freee、テレワークに関するアンケート調査を実施 | プレスリリース

事例4.Retty株式会社

PR TIMES上でプレスリリースを配信し、プレスリリースでは伝えきれなかった部分をnoteで公開しています。また、なぜこの調査を自社がやるのかがはっきりと明記されており、飲食店を経営する方が「今後消費者はどういう行動を起こすか」を理解できるような有益な資料となっています。

>>今後の回復に期待!!「外食したい」が94%!消費者アンケートから見る緊急事態宣言解除後の外食意向│プレスリリース

>> 〜飲食店の皆さまへ〜消費者アンケートから見る緊急事態宣言「解除後」の外食意向|Retty.Inc|note

調査リリースの注意点

調査リリースを書くときの3つの注意点

実際にメディアは、どんな部分を意識して企業の調査リリースをチェックしているのでしょうか。そして、調査リリースを書く広報担当者はどんなことに注意して執筆するべきでしょうか。ここでは、調査リリースを書く際の3つの注意点をご紹介します。

1.偏りがでない調査リリースを作成する

調査リリースを作成する際は、調査結果に偏りが出ないように作成しましょう。

回答者数が30名や50名といった、回答者数が少ない場合は、世間一般的に見て貴重なデータとはいえないかもしれません。信頼レベルの高いデータとして十分な回答者数を用意しましょう。回答者数は「300」ほど取れるとベストです。

2.商品アピールに固執せず客観性ある情報を発信する

自社アピールに固執して調査リリースを作成すると、発信する内容の客観性を欠く場合があります。客観性の低い情報は、ニュースとして報道される可能性は低くなります。調査リリースは、自社や自社商品、サービスを直接訴求するものではありません。読み手からしても、商品やサービスのPRに強引に結び付けた調査リリースは、あまり良い印象を抱かないので注意しましょう。

3.メディアは読者にとって有益な情報を届けたい

メディアは読者に有益な情報を届けるために、調査リリースを取り上げます。生活者にとって価値のない情報をメディアは取り上げません。その調査リリースが、「誰にどう有益な情報なのか」を意識しながら調査リリースを企画することをおすすめします。

調査リリースは、継続的な発信が重要

本記事では、調査リリースの構成や書き方、注意したいポイントについてお伝えしました。

調査リリースは直接的なPRに繋がりにくく、継続的に情報発信をすることが重要となります。ただ、やみくもに調査リリースを配信するのではなく、その調査の目的や背景設定を忘れずに、調査リリースの作成に取り組んでみてくださいね

まだ調査リリースの作成に取り組んだことがない方も、いまからでも遅くはありません。

他社の調査リリースを参考にしたり、他社広報担当者やメディアからフィードバックをもらったりしながら、調査リリースの質をあげ、メディアやユーザーにとって有益な情報を発信していきましょう。

調査リリースを作成するための調査方法や注意点は以下の記事で紹介してますので合わせてご覧ください。

この記事のライター

絹本桃子

2017年度にレバレジーズ株式会社に入社。入社後は、フリーター・既卒向け就職支援サービス「ハタラクティブ」にてキャリアアドバイザーとして半年間従事。事業部の決定ギネス記録を更新し、2017年度にはベストセールス賞を受賞。受賞後、広報にキャリアチェンジし、現在は1300人以上の広報を1人で担う。2020年度の露出数は180を超え、テレビ露出も複数獲得。

この記事に関連する記事

今注目の記事