【PR TIMESノウハウ】ログインエラー・パスワードを忘れた・IDがわからないときの対処法

「PR TIMESでプレスリリースを配信しよう」と思ったのに、ログインがうまくいかない!となっては困りますよね。

本記事では、ログインエラーの原因や対処法、IDやパスワードを忘れてしまったときの対処法をまとめてご紹介します。

ログインできないと思ったときには、焦らず、一度この記事を参考に、自分がどの状況に当てはまるのかを確認してみてくださいね。

ログインエラーになるときの対処法

ログインエラーで困っている

まずは、ログインエラーになってしまうときの原因と対処法についてご紹介します。

ログインエラーになってしまう場合の原因としては、以下の5つのケースが考えられるでしょう。それぞれで対処法が異なるので、まずは、自分がどれに当てはまるのかを確認してみてください

1.登録審査・登録が完了していない場合

まず1つ目に考えられる原因は、登録審査・登録が完了していないケースです。

PR TIMESでは、申請時に入力いただいた情報を元に、審査を行なっています。審査結果は、申請より1営業日以内にメールにてご案内しています。そのため、審査結果が来る前にはログインができないので、注意しましょう。

また、審査完了後に送られて来る審査結果をご案内するメール内には、URLが記載されています。そのURLをクリックすると、正式に登録が完了しご利用いただける状態になります。そのため、登録が完了する前はログインはできないので注意が必要です

2.ID・パスワードが間違っている場合

2つ目に考えられる原因は、IDもしくはパスワードが間違っているケースです。IDもしくはパスワードが間違っている場合、「入力されたID,PASSが間違っています」というアラートが表示されます。

IDが間違っている場合には、以下の2点を確認した上で、再度ログインを試してみてください。

  • 表記(大文字・小文字)の誤入力がないか
  • 前後にスペースや半角スペースが入っていないか

パスワードの入力欄は非表示になっていますが、表示に切り替えることも可能です。表示状態にして、入力内容に誤りがないか確認しましょう。

ログイン画面

上記を確認して試してみてもログインできない場合は、サポート&サクセスデスクまで問い合わせましょう。

<サポート&サクセスデスクお問い合わせ先>
お問い合わせフォーム:https://tayori.com/form/536e9f54c53fb0fa255e36237e66a8c50e2cd625
TEL:03-6455-4567

パスワードが間違っている、または忘れてしまった場合には、パスワードをお忘れの方」よりパスワードを再設定してください

3.メインユーザーが退職している場合

3つ目に考えられるケースは、メインユーザー(※)が退職してしまっていて、使用できないケースです。

その場合には、メインユーザーを変更するか、サポート&サクセスデスクまで問い合わせる必要があります。

退職者が管理していたIDやパスワードがわかっていてログインできる場合には、以下の手順にて管理画面から、別の方をメインユーザーとして登録してください。

PR TIMESの管理画面

(1)IDやパスワードが分かる場合

  1. PR TIMESトップページ右上【ログイン】
  2. 【管理画面】
  3. 画面左【設定】
  4. 【ユーザー情報】
  5. メインユーザー情報に新メインユーザーの情報を上書きして登録、パスワードも変更
  6. 新ユーザーにアドレス変更メールが送られる
  7. メール内のURLをクリック

(2)IDやパスワードが分からない場合

  1. PR TIMESトップページ右上【ログイン】
  2. 【管理画面】
  3. 画面左【設定】
  4. 【ユーザー情報】
  5. メインユーザー情報に新メインユーザーの情報を上書きして登録、ログアウト
  6. 新ユーザーにアドレス変更メールが送られる
  7. メール内のURLをクリック
  8. PR TIMESトップページ右上【ログイン】
  9. アドレスを入力し、「パスワードをお忘れの方へ」よりパスワード(英数半角6文字以上12文字以下)を再設定

IDやパスワードがわからず、ログインできない場合には、サポート&サクセスデスクまで問い合わせてください。

※メインユーザーとは
PR TIMESの自社アカウントにて代表となっているユーザーのことです。
詳細:【PR TIMESノウハウ】リリース配信権限とは?ユーザー権限によって制限される機能

4.リリース配信ページへログインできない場合

PR TIMESへのログインはできているものの、リリース配信ページが表示されない、ログインできなくなっていませんか?

プレスリリース配信だけでなく、プレスリリース受信(メディアユーザー、個人ユーザー)の登録もしている場合、プレスリリース受信サービス用のアカウントでログインしている可能性があります。

その場合は、一度ログアウトし、再度PR TIMESトップページ右上の【ログイン】より、「企業・事業主ユーザー(配信する)」の方を選択して、プレスリリース配信でご登録いただいたID(メールアドレス)とパスワードにてログインしてください。

5.スマホ・携帯からログインしようとしている場合

5つ目に考えられるケースは、スマートフォンや携帯電話からログインしようとしているケースです。

PR TIMESは、PCでのログイン・操作を推奨しています。スマホや携帯からでもログインは可能ですが、うまくいかない場合はPC環境からログインを試してみてください。

スマホからログインしようとしている

ID(アドレス)を忘れたときの対処法

次に紹介するのは、ID(メールアドレス)を忘れてしまってログインできないときの対処法です。

何のメールアドレスで登録したかわからなくなってしまったり、担当者が変わってしまってIDがわからなくなってしまっている場合もあるでしょう。

このような場合、PR TIMESのサポート&サクセスデスクにお問い合わせいただいても、個人情報にあたるためお伝えすることはできません。もし、個人メールアドレス以外に、グループメールアドレスやフリーメールアドレスで心当たりのあるアドレスがある場合には試してみてください

他のメールアドレスに心当たりが無い場合や、心当たるものを試してみてもログインできない場合は、サポート&サクセスデスクまで再度状況をご相談ください。

アドレスを変更してログインできなくなった場合

メールアドレスの変更後にログインできなくなってしまった場合には、以下のような理由が考えられるでしょう。

「メールアドレスの変更」メール内のURLをクリックしていない

アドレスを変更する際には、アドレス変更後に送られる「メールアドレスの変更」メール内のURLをクリックする必要があります。クリックしなければ、変更は完了していません。もし「メールアドレスの変更」メールが届いていないという場合には、迷惑メールに振り分けられている可能性もあるので、一度確認してみましょう。

・アドレスの表記(大文字・小文字)が異なる
・アドレスの前後にスペースや半角スペースが入っている

以上3つのケースを確認した上で、当てはまらない場合や試してみてもログインできない場合は、サポートデスクまで問い合わせてください。

パスワードを忘れたときの対処法

最後に、パスワードを忘れてしまった場合の対処法についてご紹介します。

前項でも少し触れましたが、パスワードを忘れてしまった場合には、「パスワードをお忘れの方へ」よりパスワードを再設定してください

また、パスワード変更後にログインできなくなってしまった場合には、再度ログインを試していただくか、改めて「パスワードをお忘れの方」よりパスワードを再設定していただく必要があります

その際入力間違いを防ぐため、簡単な数字などで再設定を試してみてください。試してみてもログインできない場合は、サポート&サクセスデスクまで問い合わせてくださいね

サポート&サクセスデスクで問題が解決した様子

また以下のような場合にも、ログインできないケースがあるので、必ず確認してください。

・表記(大文字・小文字)が異なる
・前後にスペースや半角スペースが入っている

以上で解決できないときは、サポート&サクセスデスクへ問い合わせよう

本記事では、PR TIMESにうまくログインできない場合の原因や対処法についてご紹介しました。本記事に記載した内容を試してみても解決できない場合には、サポート&サクセスデスクまで問い合わせてください。

ログインするためのIDやパスワードは大切な情報なので、わからなくならないように必ず控えておきましょう。また、担当者が離職する場合や変更になる場合にも、必ず引き継ぎを行うよう徹底しておきましょう。

この記事のライター

PR TIMES MAGAZINE編集部

株式会社PR TIMESのカスタマーサクセス、社内広報、社外広報、イベント運営など8年以上広報PRと向き合うメンバーが在籍しています。日本最大のプレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営すること12年。さまざまな広報担当者からのお問い合わせやPRのご相談への対応経験を活かし、すべての広報PRパーソンに捧げるノウハウ記事を執筆中

この記事に関連する記事

今注目の記事