採用ブログとは?メリット・始め方・運用方法まで徹底解説

組織を強化し、事業成長の要ともいえる採用活動。さまざまな採用手法の中で「採用ブログ」や「オウンドメディアリクルーティング」という言葉を聞いたことありませんか?

自社の風土にマッチした人材を獲得する手段として活用したい「採用ブログ」について、そのメリットや始め方、運用するときのポイントをまとめました。

採用ブログとは?

採用ブログとは、自社のコーポレート情報や採用情報をコンスタントにリアルタイムで発信できるメディアのことです。会社説明会やインターンなどの採用関連情報や、社内の雰囲気・様子、組織イベントなどの企業文化に関する情報などが発信できます。新卒や中途を問わず、採用候補者に自社を認知してもらうきっかけをつくり、応募への興味喚起・動機付けをするなど、幅広い目的で活用されています。

採用広報の様々な取り組みの中でも、ブログは手厚く情報発信ができるメディアであり、誰でもスタートすることができます。採用広報の取り組み強化を検討している場合は、ぜひ取り入れたい活動のひとつです。

採用広報について詳しく知りたい方は、「採用強化のキーとなる「採用広報」とは?重視される背景や、活動する3つのポイントを紹介」もチェックしてみてください。

採用ブログを始める3つのメリット

採用ブログにはどのようなメリットが期待できるのでしょうか。代表的なものを3つ紹介します。

1.採用サイト以上の情報を発信できる

採用ブログでは、採用サイトや広告に掲載できる情報以上に様々な切り口の発信ができます。外部サイトで掲載できる情報は、テンプレートが決まっているために限られた情報のみになってしまう場合があるのです。一方で採用ブログでは、自社で方針を定めることが可能。採用候補者に対してオープンにしたい情報であれば、自由に掲載することができるため、情報の非対称性を極限まで小さくすることもできるのです

また更新タイミングも自由なので、社内でのイベントの様子や、社員の働きかたなどのソフトな面もリアルタイムに発信できます。

2.入社後ミスマッチや内定辞退を減らせる

採用ブログの運営を通じて、入社後のミスマッチや内定辞退を減らす効果も期待できます。採用ブログでは、社内での出来事や社員の様子を逐一発信できるので、採用候補者に入社前から会社の雰囲気や企業文化を伝えることができ、よりリアルな入社後の働くイメージを持ってもらいやすくなるのです。

入社前に知っておきたいであろう情報や「この会社で働くのは面白そう!」と思ってもらえるような情報発信をこつこつ継続していくことで、自分とマッチするかどうかを採用候補者自身が判断できるようになります。採用広報の立場としてミスマッチを防ぐ意味合いだけでなく、候補者本人のキャリアイメージとマッチするかどうか事前に確かめてもらう素材提供になるといえます。

3.コーポレートブランディングにも役立つ

採用ブログはコーポレートブランディングにも貢献できます。コーポレートに関する情報発信の場は、プレスリリースやコーポレートサイトなどいくつかありますが、採用ブログもそのひとつになり得るのです。

採用ブログを通じて企業理念や行動規範、コーポレートのニュースを継続的に発信し続けていくと、 コーポレートブランディングの基盤にもなります。社会における自社の存在意義など、企業に根付く価値観を社外の人に知ってもらう機会として最大限に活用したいですね。

コーポレート広報についてもっと詳しく知りたい方は、「社会から愛され、選ばれる会社を作る「コーポレート広報」とは?業務の5つのポイント」もチェック!

採用ブログの始め方

採用ブログを始めるためにどのような準備をすればいいのかを3つのステップでご紹介します。

STEP1.担当者を決める

まずは、採用ブログの運営担当者を決めましょう。採用ブログは、広報としての役割と採用人事としての役割との、どちらも兼ね備えたメディアです。運営の取りまとめは誰がメインに行うのかを明確にしておきましょう。

記事の作成も、部署の持ち回りで書いてもらう、好きなときに好きな人が自由に書く、特定の担当者だけが行うなど様々な方法が考えられます。一定の更新頻度を保つことができる体制づくりを最初に決めておきましょう。ブログのネタ出しは社員全員の協力が必要となるので、リアルタイムにネタが集まる仕組みも作っておくと運営開始後に役に立ちます。

STEP2.メディアを決める

次に、採用ブログを作るためのメディアを決めます。採用ブログは、オウンドメディアとして自社のサイト内に作成するか、採用系のサイトの外部サービスを利用することができます。

自社サイト内に作成すると、サイトデザインなども含めて企業のブランド色を強く発信することが可能。会社の雰囲気を伝えやすいので、コーポレートのファンを作る役割も期待できます。ただし、サイト制作にはある程度コストがかかります。

外部サービスを利用する場合はすぐに更新を始めることが可能で、サイト制作のコストがかかりません。現在すでに就職を希望している人たちの目に触れる機会が多いので母集団の形成に役立ちます。デザインなどは用意されたものを利用するので、ブランド色を押し出す部分については、自社サイトほどの効果は期待できないかもしれません。

自社の状況と運営しやすさ、目的に合わせて何を利用するか選択するようにしてください。

STEP3.テーマを決める

採用ブログで発信する情報のテーマや具体的な内容を決めていきます。採用やコーポレートに関する情報であれば、テーマをひとつだけに絞られなければいけないわけではありません。様々な視点から多角的に自社のアピールができるように、多様なテーマの記事を作成することがポイントです。

【おすすめのコンテンツ例】

  • 創業者や経営者へのインタビュー
  • 自社で開催したイベントのレポート
  • 社内制度や働き方の紹介
  • 社員インタビュー
  • 新サービスやプロダクトの制作秘話

採用ブログを運営するときの5つのポイント

採用ブログを運営するときに重要な5つのポイントをまとめました。

1.長期的なKGI・KPIを立てよう

採用ブログを運営するにあたって、長期的なKGIとKPIを設定しましょう。採用ブログを始めたからといって、すぐに採用人数が増加するわけではありませんし、採用人数だけがすべてではありません。採用ブログを何のために、誰のために運営するのか。しっかり言語化することが重要です。

その上で、採用ブログにおけるKGIは明確に達成がイメージできるものに設定しましょう。サイト経由の応募者数や、応募者の中でどの程度の人が採用ブログをチェックしているかなどが例としてあげられます。KPIは、KGIを達成するための中間目標なので、測定可能かつPDCAを回して具体的な改善が可能なものに設定しましょう。

2.更新頻度を決めよう

継続的に情報発信ができるように、更新頻度を決めておきましょう。採用ブログは継続的に情報が更新されることがポイントです。常に新しい情報を発信するためにも決めた更新頻度は必ず守ります。

一方で更新頻度にこだわりすぎて、ひとつひとつの情報の価値が低くなることも考えものです。一定の更新頻度を保ち続けることは重要ですが、ひとつひとつの情報がフローではなくストックコンテンツになる意識を持って、表層的な発信にならないよう気を付けることも大切です。

3.ネタのピックアップは社員の力を借りる

採用ブログのネタは、社員の協力を得てなるべく幅広く集めるられるとベストです。ブログの運営担当者だけで社内の情報を網羅的にピックアップすることは困難です。一定の更新頻度を保つためにも、社員の協力を得ながら、様々なネタでブログ記事を作成しましょう。

それでも自分自身でネタをピックアップする機会が多いと思います。そんなときは、社員の日報や会議の議事録などをチェックしたり、社内ポータルなど情報が集約された場所を確認したりするなどして情報収集をしましょう。また、定期的にネタ出し会議の場を作って各部署から参加をしてもらうなど、ピックアップできる機会を作ることがポイントです。

4.社員が自分の言葉で伝えるコンテンツを作ろう

採用ブログの中には、社員が自分自身の言葉で思いを伝えられるコンテンツを作るのがおすすめです。採用ブログの責任者が社員インタビューをするなどして、わかりやすくまとめるコンテンツももちろん良いのですが、本人の飾らない言葉で思いや届けるものは、リアリティーがあります。社員本人の実際の言葉で伝えることで、読者は自分が会社の一員になったイメージをより膨らませやすくなります。

特にエンジニアやデザイナーなど専門性の高い仕事は、本人に一部執筆を協力してもらうのも良いでしょう。具体的な技術の話や働き方など、同職種だからこそ共感できるポイントも多いはずです。

5.ターゲットを明確にしよう

採用ブロブのターゲットを明確にして記事の執筆を行います。採用は、大きく新卒採用と中途採用に分けられますが、それぞれに対して発信するべきコンテンツの内容は異なります。どちらの情報も入り乱れて読者がどの情報を見ればいいのかわからない状態にならないように工夫が必要です。新卒向けと中途向けでブログを分けてしまうのも良いですし、同じブログの中でカテゴリ分けをするのも良いでしょう。

採用ブログには自社のことをよく知ることが大切

自社のカルチャーとマッチする人材と出会うための、採用ブログの活用についてご紹介してきました。

会社の雰囲気や企業文化を丁寧に届け、共感してくれる人材と共に働くためには、入社前の段階から、社内で起きている様々な出来事をなるべくオープンに発信していくことが必要です。

鍵になるのは、まさしく情報収集。ブログの運用担当者1人で、社内のすべてのネタをキャッチアップするのは非現実的ですので、社員の協力を得ながら進めていきましょう。

この記事のライター

長瀬 みなみ

長瀬 みなみ

東京生まれ便秘育ち。舞台俳優から社会人未経験で広報PRに転身し、ITベンチャー広報を経て、現在はウンログ株式会社”うん広報”。メディアリレーションをはじめ、オウンドメディア編集や自身も出演するYouTubeチャンネル「ウンTube」運営など「ファンづくり」を担う。いいうんちを増やして、世界中がお腹の中からウンと健康になるために活動しています!発酵食品が好き。

この記事に関連する記事

今注目の記事