「内定式」を採用広報が発信する意味とは?作成TIPS・盛り込みたい5つの内容を紹介【事例あり】

企業にとって「内定式」とは、単に内定者を迎え入れるイベントというだけでなく、対外的にその内容を配信することで企業カルチャーを広く伝える絶好の機会でもあります。

「内定式」を実施していても、内定式の内容をプレスリリース配信している採用広報はまだ多くはありません。

本記事では内定式についてプレスリリースや事後レポートを配信するメリットや、盛り込みたい内容について事例を含めて紹介します。

採用広報が内定式のプレスリリース・事後レポートを配信する意味・役割

内定式は、企業が内定者に自社のカルチャーを紹介する場。入社後のモチベーションが上がるように、また辞退者などが出ないようになど、各社さまざまな趣向を凝らして実施しているのではないでしょうか。

内定式は、社内向けのイベントといった位置づけをされることが多く、社外に向けての発信をしている企業は多くありません。しかし、内定式をプレスリリース、事後レポートとして配信することで、会社の魅力や文化を社外にも伝え、来期以降の採用の活性化にもつなげることができます

次に、内定式を社外に発信する意味や役割、メリットについて紹介します。

広報担当者のミーティング風景

1.企業の認知度を高める

内定式を発信する1つ目のメリットは、企業の認知度を高められることです。

内定式は、実務的・形式的な式典というだけでなく、企業と内定者のビジョンやミッションの共有の場として行われます。このような企業精神やカルチャーの共有にまつわる催しは、企業のイメージアップにつながるため、配信する価値のあるメッセージになります。

また、内定式の魅力的なコンテンツは、会社の企画力や制作力の証明であり、広報として内容をしっかりと伝えることで、企業の認知度や対外的評価を高めることができます。

2.採用の透明性を上げる

内定式を発信する2つ目のメリットは、採用の透明性を上げられることです。

内定式の様子を配信することで、企業と内定者の交流がわかりやすく現れ、採用の透明性があがり、対外的に会社のイメージをアップできます。入社後のイメージが伝わりやすいので来期以降の採用広報としても見映えのよいトピックといえるでしょう。

3.内定者フォローにつながる

内定式を発信する3つ目のメリットは、内定者フォローにつながることです。

内定式の後でも、内定ブルーやモチベーションの低下によって内定辞退となるケースもあります。内定式の実施をリリースすることや事後レポートの形で配信することで、内定者にとって改めて企業カルチャーを思い出す契機となり、モチベーションを保つことが期待できます。

内定式が行われる時期は、ほとんどの内定者がまだ就学期間中であるため、内定式の記事が学生の間で話題になることでホワイト企業としてのPRにもなります。

内定式のプレスリリース・事後レポートに盛り込みたい5つの内容

内定式のプレスリリースや事後レポートは、採用広報として採用率を高める役割と取引先や一般的な生活者に向けて企業情報を改めて配信する機会となります。

では、具体的に内定式のプレスリリースや事後レポートではどのような内容を配信したらいいのでしょうか。次に、配信を効果的にするために盛り込みたい5つの内容を紹介します。

交流風景の撮影

1.内定通知書の授与

内定式のハイライトともいえる内定通知書の授与はリリース・レポートに欠かせない要素です。企業の代表と内定者が触れ合う瞬間であり、内定者が採用試験通過の証明である通知書を受け取ることで改めて入社を実感して喜びを感じ、気持ちを引き締める場面で、内定式の様子が伝わりやすいシーンです。

ポイント
代表や内定者一人ひとりの表情が読み取れる写真を撮り、会場の雰囲気が伝わるようにすることがポイント。内定式がオンライン開催の場合でも、画面を通じて代表と内定者の交流が行われる様子をスクリーンショットなどでうまく表現するとよいでしょう。

2.社長・役員、人事などの祝辞

社長や役員、人事などからの祝辞や講話は、授与式と並んで式典の重要なシーンです。企業カルチャーや代表のポリシーを直接的に伝えられるコンテンツであり、内定式のプレスリリースにおいてもメインとなる内容です。

ポイント
企業カルチャーや今後の展望を伝えるプレスリリースにおいては、授与式以上に重要な要素といえるでしょう。取引先や生活者の目線を意識しながら、企業のイメージアップに結びつくように、そのメッセージの内容をこぼさないよう大切に構成を練りながらリリースを作成しましょう。

3.事業内容・ビジョンなどの説明

内定式では、内定者のモチベーションを高め、実際に働く時のイメージが湧くように、事業内容の説明を行ったり、これからの事業のビジョンなどを紹介する企業もあるでしょう。企業のイメージアップにつながる内容が詰まっている内容のため、スライドなどがあればそのビジュアルも含めて配信すると、より興味を惹きつける記事になります。

ポイント
ただの事業紹介ではなく、あくまで内定式における事業紹介のため、内定者の反応や感想などを記事内に盛り込むことで臨場感のある魅力的なリリース・レポートになります。

4.内定者社内見学・研修

オンラインでの内定式を行う企業も増えていますが、オフラインでの開催の場合は、内定式に社内見学のプログラムが含まれている場合があります。

内定者が見学や研修を通じて業務を体験している場面をレポートすることで、企業としての取り組みにフォーカスできます。

ポイント
社内見学は会社の雰囲気を直接的に伝える場面であり、内定者と社内の人たちとの交流を表現することで、学生はもちろん、取引先や生活者に対しても安心感のある企業イメージを発信できます。内定式とは少しそれますが、インターンシップや研修などを実施している場合は、併せて紹介するのも効果的です。

5.内定者懇談会(交流、レクリエーション)

内定者同士や先輩たちと触れ合う懇談会は、これからともに働き、切磋琢磨していく仲間とのコミュニケーションが取れる最初の場です。また社風に合ったユニークなレクリエーションを行っている企業もあるでしょう。

交流の場面をリリースやレポートとして配信することは、事業内容とは異なる企業カルチャーを対外的に紹介するよいチャンスです。

ポイント
企業の雰囲気を伝えるとともに、内定者の記念撮影やお祝いの空気感をしっかり盛り込むことが大切です。こうした場面に採用広報として参加した場合は、内定者に積極的に話しかけてリラックスしてもらうことや、パーソナリティを把握すること。一人ひとりのキャラクターを把握することで、今後の広報活動にもつながります。

広報が内定式当日に行いたい3つのこと

進行する広報担当者

内定式当日は、プレスリリースや事後レポートになる内容を準備できるような行動が求められます。採用広報として欠かせない、当日に行いたい3つのことを確認しておきましょう。

1.内定式の進行

広報担当者は、企業を盛り上げる裏方ともいえるポジションです。内定進行のメインは人事部が行いますが、滞りなく進められるように連携をして進行のサポートを行いたいところ。内定者が楽しんで参加でき、企業の印象がポジティブなものになるように努めましょう。

2.内定式の記録

内定式のプレスリリースや社内ブログなどで事後レポートをするために内容の記録、動画や写真などの撮影を行うことは必須です。

雰囲気をしっかり伝えるために、重要な場面の聞き逃し、撮り逃しがないように事前にスケジュールを把握しておきましょう。

3.内定者のパーソナリティをチェック

当日は、内定者と積極的にコミュニケーションを取り、内定者一人ひとりの特徴やパーソナリティを覚えておくことも広報として大切です。

事後の記事作成の際のヒントとして活用できたり、入社後の活躍を発信していく際にもその人物のスタート地点を知っていることが活きてきます。

内定式のプレスリリース・事後レポートの事例

最後に、単なる内定式の報告だけにとどまらず、採用広報につながるようなカルチャーを配信しているプレスリリースや事後レポートの事例を紹介します。

GOOD事例をもとに、自社の内定式の発信方法について検討してみてはいかがでしょうか。

事例1.企業の功績と組み合わせた内定式のプレスリリース

オーダーメイド枕の店「まくらぼ」を運営するFutonto株式会社の内定式についてのプレスリリースでは、見出しに「前年比」の数字を出すことで、業績がよいことを併せて発信しています。

Futonto株式会社の内定式

採用の背景としては、コロナ禍で主力商品のオーダーメイド枕が好調に推移しており、2019年第1四半期の経常利益60,579千円に対し、2020年第1四半期の経常利益76,077千円、前年比も125%と堅調であることを踏まえ、将来の海外出店への布石として国内店舗での外国人社員の育成を想定しているからである。

引用: 前年比125%の会社の、2021年度グローバル社員選考内定式

業績アップによる採用であったこと、グローバルな採用も積極的に行っていくことなど今後の企業展開もわかりやすい事例です。

参考:Futonto株式会社

事例2.オンライン開催の内定式のプレスリリース

ソシオークグループの内定式のプレスリリースでは、コロナ禍の情勢にあわせて、内定式をオンラインで行った様子を伝えています。直接対面がないオンライン開催ですが、記事内で一人ひとりとの交流があることをしっかりと伝えることで、社員を大切に思いやる企業というイメージが際立っています。

ソシオークグループの内定式のプレスリリース

Zoomのブレイクアウトセッション機能を使用し、グループに分かれて内定者が1人ずつ入社の意気込みを発表しました。その後全体に向けて先輩社員から入社に向けた励ましの言葉が贈られました。

オンライン内定式終了後、内定者からは「改めてソシオークグループに入社を決めて良かった」「今から入社が楽しみ」というポジティブな感想がたくさん寄せられました。1人1人が離れた場所にいながら、絆を深めることができました。

引用: 2021年度内定式をオンラインで開催しました

オンライン開催でも内定者同士はもちろん、先輩社員との交流ができたことの報告や内定者の言葉を取り上げることで、企業のポジティブな印象が高まります。

参考:ソシオークホールディングス株式会社

事例3.企業カルチャーを厚く盛り込んだプレスリリース

株式会社プログリットの内定式のプレスリリースでは、当日のプログラムや内定者の声を取り上げるだけでなく、社名の由来など企業カルチャーを内容に入れることで、企業への興味関心を高めるレポートになっています。

株式会社プログリットの内定式のプレスリリース

株式会社プログリットでは、春から一緒に働く内定者の仲間一人一人が、「世界で自由に活躍できる人を増やす」というミッションと、「FIVE GRIT」というバリューを体現できるよう、充実した環境を整えて参ります。

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000090.000020729.html

起業が今回の採用に関してどのような背景を持っていたか、また内定者と一丸になって今後の業務に取り組んでいこうという意思表示をしっかりと見せて、企業のミッション、バリューをプレスリリースに盛り込むことで、企業カルチャーが伝わりやすい事例となっています。

参考:株式会社プログリット

内定式の事後レポートは企業カルチャーの発信機会としても積極的に活用しよう

内定式の内容をプレスリリース・事後レポートとして配信することは、採用広報として多くのメリットがあります。内定辞退を防ぎ、内定者の入社への思いを強めるだけではなく、採用背景と企業カルチャーを同時に伝えられる絶好の機会ともいえるでしょう。

内定式を実施しているけどプレスリリースを配信したことがない広報担当者は、本記事で紹介したポイントをもとに、積極的に機会を活用し、自社の魅力を存分にアピールしてみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

PR TIMES MAGAZINE編集部

日本最大級のプレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営すること12年。営業、カスタマーサクセス、パートナー事業に携わるメンバーが在籍しています。広報PR担当者さまからのお問い合わせやご相談の経験を活かし、広報PR担当者さまの気づきや行動につなげられる記事を執筆しています。

この記事に関連する記事

今注目の記事