【PR TIMESノウハウ】配信URLは配信前に確認できる?パーマリンクの変更はできるの?

プレスリリースは、自社から生まれた行動や結果を、自社にとって大切な人たちに届ける手段のひとつ。しかしかつては、その名前の通り報道関係者に向けて作成し、発信する特別な文章だと考えられていました。最近では、プレスリリースそのものが生活者の目に直接触れることも多くなり、企業発の一次情報としてニュースの役割も担いつつあります。

PR TIMESでも、日々多くの、また多種多様なプレスリリースが配信されています。そして、それらのプレスリリースは、ただPR TIMES上に掲載されるだけに留まらず、プレスリリースページそのものをSNSのタイムラインに投稿し、多くの共感者がシェアを広げることで、より多くの人たちがプレスリリースを目にするようになっています。

旬な情報をタイムリーに届けるためにも、情報解禁と同時にプレスリリースをシェアしたいものですが、自社のプレスリリースページのURL(以下、配信URL)は配信前に確認することができるのでしょうか。

本記事では、PR TIMESの配信URLはどこで確認することができるのか、配信前の確認は可能なのか、パーマリンクの変更はできるのかなどについて、まとめてご紹介します。

PR TIMESの配信URLはどこから確認できるの?

PR TIMESの配信URLはどのように確認すればよいのでしょうか。プレスリリースのURLを確認する方法について、配信後と配信前に分けてご紹介します。

配信済みプレスリリースのURL確認方法

プレスリリースの配信後であれば、プレスリリースページを開いた状態で、該当のURLを確認できます。

ウェブブラウザ上のアドレスバーに表示されているURLを確認しましょう。こちらを共有することで、プレスリリースページをシェアすることができます。

アドレスバーより確認できます

配信URLをプレスリリース配信前に知る方法

では、配信URLをプレスリリースの配信前に知るにはどうすればいいのでしょうか。

PR TIMESには、配信前のプレスリリースに表示崩れはないかなど、最終確認をおこなうための機能として「テスト配信機能」が備わっています。テスト配信では、確認者のメールアドレスを指定し送信すると、メディア関係者などに向けたプレスリリースメールの送付イメージを予め確認することができますが、そのメール下部にURLが表示されています

テストメールの最下部に、実際に配信URLがあります

こちらに表示されているURLは、プレスリリース配信後に有効化されるものなので、配信前に配信URLを確認することが可能です。テスト配信段階ではURLにアクセスしてもページを開くことはできませんのでご注意ください

なお、予約配信の設定後にテスト配信をおこなうと予約が解除されるため、予約設定前にテスト配信するように心がけておくと安心です。

PR TIMESの配信URL(パーマリンク)を変更することはできるの?

パーマリンクとは、ウェブサイトの各ページに対して個別に与えられているURLのことを指します。

ご紹介してきた「配信URL」はパーマリンクとなり、ページが増えても恒久的に変わることのないリンクとなります。そのため、配信URLをカスタマイズする等の変更は一切できません。ランダムで振り当てられたものを利用することになります。

PR TIMESの配信URLに関する注意事項

最後に、PR TIMESの配信URLに関する注意事項について、2点ご紹介します。

配信URLは配信時刻の数分後に有効化する

PR TIMESの配信URLは、配信時刻の数分後に有効化されます。

例えば、11時に配信設定していた場合、11時ぴったりにアクセスしてもまだ公開(PR TIMES上に表示)されていないという場合があります。何も知らなければ「あれ、配信設定時刻になっているのに、どうしてだろう……。不具合かな」と不安に思ってしまうかもしれません。しかし、数分後にアクセスすれば、きちんと「配信済」になっており、プレスリリースも公開されていることが確認できます。これはPR TIMES上での公開のほかに、メディアへプレスリリース配信がおこなわれているために生じるタイムラグが要因となっています。

この情報はプレスリリースの配信設定を行う担当者だけではなく、プレスリリースを閲覧する可能性のある社内へも共有しておくことをおすすめします。

社内への共有事項として「配信設定時刻の数分後には確実に有効化する」と伝えておくことで、混乱を防ぎ、不安を払拭できるでしょう。

管理画面から確認したURLとは異なる

最も注意しておきたいポイントは、企業向け管理画面上からアクセスしたプレスリリースのURLは配信URLと異なるという点です。

企業向け管理画面内から、「プレスリリース」→「プレスリリース一覧」と進み、タイトルをクリックした先で表示されるプレビューページのURLは管理画面にログインした際にのみ閲覧できるURLなので、第三者は見ることができません。管理画面内にログインしている方なら確認することが可能ですが、ユーザーであってもログアウトしていれば見ることができないのです。つまり、このURLは一般公開用とは異なるものとなります。

もしプレビューURLを配信URLとして拡散してしまっても、プレスリリースを確認することはできないため、間違えないように注意しておきましょう。

配信後のURLを管理画面から確認する際には、「プレスリリース」→「プレスリリース一覧」→「企業名クリック」→「該当のプレスリリースクリック」の流れでアクセスしてください。

該当のプレスリリースをクリックしてURLを確認!

配信URLを事前に把握してタイムリーな広報活動を

本記事では、PR TIMESの配信URLはどこから確認することができるのか、配信前に確認することは可能なのか、パーマリンクの変更はできるのかなどについて、まとめてご紹介しました。

PR TIMESの配信URLは、配信後はもちろん、配信前にも確認できます。ただし、管理画面内から確認する場合には、プレビューページのURLと間違えてしまう可能性があるので、注意しておきましょう。

プレスリリースの配信URLを事前に把握しておくことで、公開と同時に自社のSNSやメーリングリストなどで展開する事前準備をおこなうことが可能です。タイムリーな広報活動を行うためにも、ぜひ役立ててみてくださいね。

この記事のライター

アバター

PR TIMES MAGAZINE編集部

株式会社PR TIMESのカスタマーサクセス、社内広報、社外広報、イベント運営など8年以上広報PRと向き合うメンバーが在籍しています。日本最大のプレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営すること12年。さまざまな広報担当者からのお問い合わせやPRのご相談への対応経験を活かし、すべての広報PRパーソンに捧げるノウハウ記事を執筆中

この記事に関連する記事

今注目の記事