記事検索

【PR TIMESノウハウ】効果測定の方法は?PV・ヒートマップ・分析データを確認しよう

プレスリリースにはいくつかの役割がありますが、そのうちのひとつは「メディアの取材や記事掲載につなげるための情報素材」というものでしょう。プレスリリース配信サービスを利用することで、新聞や雑誌、ニュースサイトなどに転載・掲載されたり、テレビ番組で取り上げられるなどといった情報の波及が期待できます。

最近では、生活者が自らチェックできる企業発のニュースとしても広まりつつあり、プレスリリースそのものがニュースコンテンツの役割を兼ね備えているともいえます。

このように様々な副次的効果も期待できるプレスリリースですが、広報担当者の中には効果測定をどのようにおこなうべきか悩む方も多いのではないでしょうか。

今回はプレスリリースの効果測定をテーマに、プレスリリース配信後に確認しておきたいポイントや、PR TIMES管理画面における様々なデータの確認方法について詳しくご紹介します。

プレスリリースの効果測定は管理画面からチェック

PR TIMESでは、配信利用企業向けに管理画面を発行しています。この管理画面に「分析データ」という効果測定の機能があり、大きくわけて5つの項目をチェックすることができます。それぞれの項目を上手く分析・活用することで、配信したプレスリリースがどれだけの効果を及ぼしたのか確認できるようになっています

リリース配信後に確認したい5つのポイント

大前提として、プレスリリースは広告ではないため、掲載媒体を指定したり掲載先での定量的な効果をチェックすることはできません。そのため、効果測定の方法について企業ごとに方針も異なります。

ここではプレスリリース配信後にチェックしたい項目について5つご紹介します。これらは継続して定点で効果検証する際の指標として活用できますので、どのような方法があるのか悩んでいる方は、是非参考にしてみてください。

ポイント1.ページビュー数とユニークユーザー数

ページビュー数とユニークユーザー数

まず確認しておきたいのは、プレスリリースページへのアクセス数です。配信したプレスリリースの閲覧数(ページビュー:PV)と、訪問者数(ユニークユーザー:UU)をそれぞれ確認することができます。

PV数では、自社のプレスリリースページが閲覧された回数を指しており、同一ユーザーでもアクセスした回数だけカウントされます。対してUU数は、自社のプレスリリースページを訪問したユーザー数(人数)を指します

アクセス数は、プレスリリースに対するリーチ数がどれだけあったかの目安になり、日別に見ることも、プレスリリースごとに見ることも可能です。日別に見る場合は、配信初日の数値だけではなく、数週間の推移を見ることで情報の注目度を相対的に見ることができます。プレスリリースごとに見る場合は、確認時点での累計アクセス数を比較できるので、より多くの人の目に触れたのはどの発表だったのかを知ることができます。

ポイント2.ヒートマップ

ヒートマップ

2つ目の確認しておきたいポイントは、ヒートマップです。ヒートマップとは、サーモグラフィーを利用して、誰もが直観的に理解できるよう可視化する手法のことをいいます。

ヒートマップが作成される仕組みは、マウスやスクロールなど動きの追跡です。それらのログから滞在時間読了率などを算出し、色の強弱が作成されます。マウスやスクロールの動きは人の目の動きともリンクしているため、読み手の注目箇所や離脱要因を推察することができるのです

ポイント3.記事掲載数・転載数

3つ目のポイントは記事掲載数と転載数です。プレスリリースはその内容に応じて、さまざまなメディアに取り上げられたり、プレスリリース配信サービスを介して転載されたりします。

ここで混在しないように注意が必要なのは、記事掲載と転載はまったく別ものであるということ。メディア関係者がプレスリリースの内容に興味を持ち、自メディアの読者に向けて紹介する記事掲載と、プレスリリースと同一内容が露出していく転載は意味が大きく異なります

ただしいずれも、それらの露出を通じて生活者から問い合わせが入る可能性がありますので、きちんと把握しておくべきでしょう。露出先を一通り把握することで、新たなメディアの存在に気付くこともあるかもしれません。

ポイント4.SNS波及(ソーシャル)

4つ目の確認しておきたいポイントは、SNSでの波及数です。Twitter、Facebookなど、SNSでどのような反響があったのか、プレスリリースごとにチェックすることがとても大切です。

プレスリリースによる広報成果はかつて露出件数や広告換算値のみで算出されていました。しかしながらSNSの台頭で、生活者の反応・反響がいち早く見れるようになり、広報担当者はその様子を見て次の打ち手を考えることがとても簡易になりました

ポイント5.広告換算値

最後のポイントは、広告換算値です。広告換算値とは、露出を獲得した場合の金額価値について、同程度の条件で広告を出稿した際の広告費・PV数などを元に算出した参考値のことを指します。プレスリリースやPRの施策による露出成果を測る指標の1つとして、取り入れている企業もあります。

広告換算値はあくまで参考指標のため、取り扱いのルールを設けることが肝要です。同じ算出基準を使うことで、プレスリリースを相対的に比較し、どの程度の露出インパクトがあったのかを検証することはできるでしょう

PV・アクセス数の確認方法

ではこれらのポイントは、PR TIMESの管理画面上でどのように確認できるのでしょうか。効果測定機能で確認ができる5つの項目について、一つひとつご紹介していきます。

まずはじめにアクセス数の確認は、企業向け管理画面のサイドメニューにある「分析データ」内の「レポート」より確認できるようになっています。

PV・アクセス数の確認方法

アクセス数を調べたい期間は、右上の日付欄より指定が可能。何も指定しないデフォルトの状態では直近1か月が指定されています。例えばこの期間を直近1年に変更すると、折れ線グラフだけでなく、その下にあるプレスリリースごとのアクセス数も直近1年間の累計の数値に更新されます。

また、過去配信した全プレスリリースの合計アクセス数、もしくはプレスリリース毎の累計アクセス数をCSV形式でダウンロードすることも可能。期間を指定したうえで、画面右上の「リリース別データ保存」または「合計データ保存」をクリックしてください。

もしも指定した期間内に、対象のプレスリリースに対するアクセスが0件だった場合には、数値部分に「-」が表記されます。

ヒートマップの確認方法

続いて、ヒートマップの確認方法です。ヒートマップは、PR TIMES上で掲載されているプレスリリースページのアクセス数が可視化されます。パソコンとスマートフォン、それぞれでアクセスされた数値をデバイス別に確認することができます。

こちらもアクセス数と同様に、企業向け管理画面のサイドメニューにある「分析データ」内の「レポート」より確認が可能です。

ヒートマップを表示したいプレスリリースの右側にある、「炎のマーク」をクリックします。

ヒートマップの確認方法手順1

そうすると、対象ページのヒートマップが表示されます。

ヒートマップの確認方法手順2

「数値」に切り替えると、 ヒートマップ解析のもとになった数値(PV・UU)の一覧が表示されます。「デバイス」は パソコンとスマートフォンの切り替え、「ダウンロード」は、表示されている ヒートマップをPNG形式の画像としてダウンロードすることがそれぞれ可能です。

ヒートマップの確認方法手順3

ヒートマップの見方のヒントとして、まずヒートマップの上にひかれている「黒の点線」は、離脱率を表しています。例えば、上から下まで100%読まれている場合は、離脱率を表す線は非表示に。全体で25%しか離脱していない場合は75%の線のみ表示され、全体で50%しか離脱していない場合は75%の線の下に50%の線、と2本表示されることになります。

画像がなく、文章が長く続いていると早い段階で離脱されてしまうなどといった検証もできることから、どのような構成だと離脱を防げるのか、そのような情報が好まれるのかなどのヒントを得ることができます。

転載されたメディアの確認方法

次に、転載されたメディアの確認方法です。転載先の内訳は、同じく「分析データ」内の「提携オンラインメディア」より確認が可能です。

転載されたメディアの確認方法

生活者から問い合わせが入ったときに備えて、プレスリリースがどこに転載されたのか把握しておくと良いでしょう。詳しい確認方法については、こちらの記事の「プレスリリースが転載されたときの内訳の確認方法」にまとめてあるので、合わせてチェックしてみてくださいね。

参考記事:【PR TIMESノウハウ】プレスリリースが転載された内訳の確認方法

SNSでの波及効果の確認方法

次に、SNSでの波及効果の確認方法についてです。「分析データ」内にある「ソーシャル」をクリックして確認することができます。

SNSでの波及効果の確認方法

画面には、Facebookいいね数、フォロワーのいいね数がプレスリリースごとに表示されます。画面右上にある「リリース別データ保存」をクリックすれば、一覧をCSVファイルでダウンロードすることも可能です。

Twitterに関しては、公式ツイートボタンのリニューアルとカウンター廃止に伴い、2015年10月以降ツイート数が取得できなくなりました。ソーシャルに関して管理画面上で確認できる数値は限定的ですが、手動でイチから探すのは労力もかかるもの。参考として速報値を見たい人はおすすめです。

広告換算値の確認方法

最後に、広告換算値の確認方法についてです。ここでは、PR TIMESが保有する媒体の広告換算額を調べることができます。まず、「分析データ」内にある「広告換算ツール」をクリックしてください。すると媒体名などのキーワードを入力する検索窓が表示されます。

広告換算値の確認方法

「メディア種類」から、希望条件を選択して「広告換算を検索する」ボタンをクリックすると、広告換算値が表示されますし、媒体名で直接検索することも可能です。

そして、全広告換算データをCSVファイルでダウンロードすることも可能。広告換算ツール画面右上にある「広告換算データを全てダウンロード」ボタンをクリックするとダウンロードを開始します。

効果測定機能を活用してPDCAを回そう

本記事では、プレスリリースの効果測定の方法についてご紹介しました。

プレスリリースの効果測定には解がなく、様々な考え方があるでしょう。アクセス数やヒートマップ、転載先の情報、SNSの波及数、広告換算値など、考え得る様々な指標の中から、広報PR活動の目的に照らし合わせて最適な方法をとっていくことが大切です。

PR TIMESの管理画面には、それらの情報が確認できる機能が搭載されています。それぞれの情報を分析し、活用することで、広報としての新たな課題が見えてくるかもしれません。プレスリリース配信後には、次のプレスリリースが待っています。改善ポイントを明確にするためにも、効果測定機能をぜひ活用してみてください。

このシリーズの記事

前の記事 【PR TIMESノウハウ】FAXオプションでプレスリリースを効果的に配信しよう
次の記事 プレスリリースの書式は決まっているの?広報が教える基本の型【20種類のテンプレート】
最初から読む 【PR TIMESノウハウ】配信後に修正・訂正できる?プレスリリースのミス対応
このシリーズの記事一覧へ

この記事のライター

PR TIMES MAGAZINE編集部

日本最大級のプレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営すること12年。営業、カスタマーサクセス、パートナー事業に携わるメンバーが在籍しています。広報PR担当者さまからのお問い合わせやご相談の経験を活かし、広報PR担当者さまの気づきや行動につなげられる記事を執筆しています。

この記事に関連する記事

今注目の記事