記事検索

今日は何の日縁結びの日(11月5日)|意味や由来・広報PRに活用するポイントや事例を紹介

11月5日は「縁結びの日」。今回は「縁結びの日」の意味や由来を解説します。

また、「縁結びの日」をきっかけに、広報PR活動を行う効果やポイント、実際に広報PRに活かしている広報事例を紹介します。

広報やマーケティングネタを探している方、特に恋活・婚活業界の方や、恋愛をテーマとした商品を手がける企業の方は、ぜひ参考にしてみてください。

「縁結びの日」の意味・由来とは?

11月5日は「縁結びの日」です。島根県の「神話の国 縁結び観光協会」によって制定されました。

現在の暦で11月に相当する旧暦10月が「神無月」(島根県では「神在月」)と呼ばれ、全国から出雲の地(島根県)に神々が集まる日とされていることから、人々の良いご縁が結ばれることを願って定められています。

日付は、「いい(11)ご(5)えん」という語呂合わせにちなんで11月5日となりました。

縁結びの神を祀る全国の神社では、「縁結びの日」に合わせイベントが行われることもあります。

「縁結びの日」をきっかけに広報PR活動する効果

「縁結びの日」は、メディアがトレンドとして取り上げやすいテーマです。プレスリリースを始め、「縁結びの日」に関する自社の取り組みを発信することで、普段は接点が少ないメディアの目にも届く可能性が高まります。

特にSNSの場合、時節やトレンドにあった内容は、企業アカウントの投稿も受け入れられやすいもの。「縁結びの日」をネタにした投稿は、ステークホルダーとのコミュニケーションを取りやすく、自社に親しみをもってもらえるきっかけになります。

自社プロダクトやキャンペーン、自社の取り組みなどを合わせて紹介することで、より自社のことを知ってもらえるチャンスが生まれるでしょう。

「縁結びの日」を元に発信をする流れ

「縁結びの日」をきっかけとした広報PR活動は、以下の流れで行うことが一般的です。

STEP1.「縁結びの日」の由来や、意識調査などから情報収集を行い、今年の傾向を掴む

STEP2.コミュニケーションを取りたいターゲットやゴールを決める

STEP3.自社サービスやプロダクトと「縁結びの日」をかけ合わせ、発信内容を検討する

STEP4.発信するコンテンツを作成する

STEP5.媒体を選び情報発信する

特に、メディア関係者に届けたい場合はプレスリリースの配信がおすすめです。生活者とカジュアルにコミュニケーションを取りたい場合はSNSを活用するのもよいですね。

トレンドキーワードを元に、広報PR活動に落とし込む詳細は以下の記事からご確認ください。

「縁結びの日」を広報PRに活かした事例

「縁結びの日」を具体的にどのように広報PRに活かすのか悩む方も多いでしょう。

次に、これから「縁結びの日」に関するイベントやキャンペーンなどを検討する際の参考になる事例と、GOODポイントを紹介します。記念日に関した事例ではないものも、今後「縁結びの日」を広報PRに活かすうえで参考になるでしょう。

事例1.コミュニティ型結婚相談所の体験イベントを実施

ウェディング事業を展開するタメニー株式会社は、コミュニティ型結婚相談所「スマ婚縁結びメンバーズ」を体験できるイベントを実施。

「出会いのきっかけがコミュニティ内で生まれることが多い」という事実をデータで挙げ、コミュニティ型結婚相談所の重要性を伝えつつ、まだ「活動参加に至っていない状況」であり、「気軽にご体験いただける機会として」イベント実施に至ったという背景が明記されており、今後の展開に興味を惹かれる内容となっています。

参考:業界初のコミュニティ型結婚相談所「スマ婚縁結びメンバーズ」をパーティーで体験

事例2.神社と縁結びをテーマにしたかき氷店をオープン

日本茶に関する事業を展開するグリンティーナ株式会社は、「神社と縁結びをテーマにしたかき氷店『縁結かき氷』」をオープン。

”神社に参拝したときの「清々しい気持ち」”を味わってほしいという想いが込められているこちらのお店は、伊勢神宮のある伊勢市で採れたフルーツをシロップに使用し、”東京のお伊勢さん”と呼ばれる東京大神宮の街、飯田橋にオープンするというこだわりっぷりです。

参考:神社と縁結びをテーマにした「縁結かき氷」OPEN

事例3.本との偶然の出会いを「縁結び」とした恋みくじキャンペーンを実施

出版事業を手がける株式会社飛鳥新社は、「運命の一冊との縁結び」をテーマに「飛鳥新社BOOK恋みくじキャンペーン」をスタート。

キャンペーン実施の背景として、コロナ禍での外出自粛や、町の本屋さんの減少により「本との偶然の出会い」が失われているという問題意識があることを記載。2月でバレンタインデーの近い時期であることに紐づけ、「偶然の出会い」を「縁結び」とひとことで言い換えた表現がGOODです。

参考:【hontoにてポイント15倍】「運命の一冊との縁結び」飛鳥新社BOOK恋みくじキャンペーン2月11日スタート!

「縁結びの日」をきっかけに広報PRの取り組みをしてみよう

「縁結びの日」は、恋愛に注目が集まり、恋活・婚活やパワースポットを想起させるきっかけになる日です。

恋活・婚活サービスを手がける企業の方や、神社・占いにかかわる企業の方にとっては特に、「縁結びの日」を切り口として自社商品・サービスの魅力を伝えるよい機会になるでしょう。

お伝えした事例を参考に、ぜひ自社商品・サービスと「縁結びの日」をかけ合わせた広報PR施策を考えてみてください。

【関連記事】

今から準備できる、おすすめテーマ