失敗しないオウンドメディアの作り方7ステップを徹底解説

広報活動の中でも集客や採用などさまざまな用途に役立てることができるオウンドメディア。成果も見えやすく、広報施策の中にぜひ取り入れたい手法の1つです。しかし、運用開始したものの、なかなか上手くいかないという話が多いのも事実。

この記事では、オウンドメディアを成功させるために必ずおさえておきたいポイントをまとめました。企画から運用までを7つのステップにしてご紹介します。

オウンドメディアの作り方7ステップ

オウンドメディア運営で失敗せずに、成果を出すためのポイントはどんなことなのでしょうか。オウンドメディアの作り方を7つのステップにまとめてみました。

成果を出すためのポイント

STEP1.オウンドメディアを作る目的・ターゲットを考える

まず、どうして作るのか、どのようなことを実現したいのか、オウンドメディアを作る目的を考えます。営業のリード獲得、商品やサービスの認知度拡大、ブランディングなど、オウンドメディアの目的はさまざま。発信するコンテンツやサイトデザインなどは、達成したい目的によって決まります。目的が曖昧なままだと、何を目指して制作や運用をするのか方針がわからず、失敗してしまうリスクが高いです。目的は最初に、明確に決定しましょう。

目的に合わせたターゲット設定もオウンドメディアを成功させる重要なカギです。目的を達成するために必要なKPIを設定し、KPI達成のためには誰にアプローチをするべきなのかを考えます。例えば、営業のリード獲得が目的で、KPIにオウンドメディア内の資料請求の数を設定した場合、ターゲットは営業先になりうる企業の担当者です。ターゲットは、目的から分解をしていくとおのずと決定します。目的がぼやけているとターゲットを絞り込むことが難しいので、明確なターゲット像が見えない時は目的に立ち返ると良いでしょう。

STEP2.オウンドメディアの運用の体制を検討する

オウンドメディアの運用体制は、長く運用を続けていくためには重要です。オウンドメディア成功の1番のポイントは、継続的にコンテンツを発信し続けることです。新しいコンテンツはもちろん、分析によって見えた課題から既存記事のテコ入れも行います。常に最新の情報が持続的に発信可能な体制を整えるようにしましょう。

自社で制作を行う場合

自社内で制作を行う場合は、金銭面の負担を外注よりも少なく抑えられるメリットがあります。ただし、自社内で編集部を作る場合は、長期的に担当者のリソース確保が必要になることを考慮します。オウンドメディアはコンテンツを作って終わりではありません。サイトを成長させていくには、分析の担当者や全体を統括するプロデューサーなど幅広い人材が必要です。オウンドメディアだけの部署を作る場合は問題ありませんが、他の業務と兼業で編集部を作る場合には、継続的に更新が可能な体制かどうかをよく検討する必要があるでしょう。

自社で行う場合は、コンテンツ制作の知見をストックすることができるため運営ノウハウが蓄積されやすいことも大きなメリットです。

制作業者に依頼をする場合

制作業者に依頼をする場合は、すでに知見のあるプロに運営をお任せするため、立ち上げてからスピード感を持って軌道に載せることが期待できます。継続的なコンテンツ制作についても滞りなく可能になるのが大きなポイントです。

STEP3.オウンドメディアのデザインや導線を検討する

オウンドメディアのデザインや導線も、目的やターゲットから分解して決定します。ターゲットのペルソナに合わせたサイトデザインや、目的達成のためのサイト内導線を検討しましょう。導線はサイト内のどこに設置するかによって効果が全く違ってきます。ユーザーに見つけてもらいやすい場所に設置したり、バナーを作成して目に留まりやすい工夫を行います。

オウンドメディアのデザインや導線を検討

STEP4.分析するためのツールを導入する

オウンドメディアはコンテンツを作って終わりではなく、改善を繰り返して成長させていきます。そのため数値分析を行うツールは必要不可欠。ツールによって分析できるポイントも異なるので、目的に合わせて使い分けましょう。

Google Analytics

Googleが提供しているアクセス解析ツールです。ページ内でのユーザーの行動分析を目的に使用します。訪問数や利用デバイスに加えて、記事ごとのページ滞在時間、直帰率もみることができます。

リスティング広告など、流入増加の施策を行った場合は、そこからどれくらいの流入があったのかを測定することも可能です。

Google Analytics
https://analytics.google.com/analytics/web/

Google Search Console

こちらもGoogleが提供している解析ツールです。記事の検索状況を知るためにはGoogle Search Consoleを利用しましょう。Googleの検索エンジン上でのクリックや流入キーワードを知ることができるため、キーワード対策には欠かせません。

Google Search Console
https://search.google.com/search-console

juicer

ユーザーに対する顧客理解を深めたい場合は、juicerがおすすめです。最初のサイト訪問からコンバージョンまでを5段階に分類し、それぞれのステージにどのくらいの人数がいるのかや、ユーザー1人ひとりのサイト内での行動まで分析が可能です。

juicer
https://juicer.cc/

STEP5.オウンドメディアで獲得するキーワードを検討する

オウンドメディア記事の流入は、ほぼ検索流入からです。流入数を増やすためには、検索エンジンで上位表示されるためにSEO対策を行います。検索ボリュームの多いキーワードで検索上位に表示されると流入の増加が見込めます。

検索ボリュームが多く、競合の少ないキーワードから対策をして、効率よく流入数を増やせるようにしましょう

STEP6.コンテンツを作成する

キーワードを決定したら、いよいよコンテンツを作成します。検索で見つけてもらえるコンテンツを作るためにキーワードを意識して執筆しましょう。

  • タイトルにはキーワードを含める
  • タイトルの文字数は30字以内にまとめ、なるべく頭にキーワードを入れる
  • 見出しや本文にもなるべくキーワードを含める

キーワード以外にも、記事内容の全体の文字数など検索上位に表示されるために影響するポイントがあります。キーワード対策ばかりを重視して、記事の質が低下してしまうことがないようにしてください。

STEP7.効果検証を行いながらPDCAを回す

分析ツールを利用しながら定期的に効果検証を実施します。効果検証の頻度は更新頻度にも左右されますが、週次でウォッチをしていくのがおすすめ。検索エンジンのアルゴリズムは日々変化するため、短いスパンでチェックをすることで環境変化にもすぐに対応することが可能です。

効果検証の結果、課題が見つかった場合は改善を行いPDCAサイクルを回します。既存記事のリライトなども行い、検索トレンドに対応できるコンテンツに改善をして質を高めていきましょう。

分析ツールを利用
shutterstock_654201319_/Shutterstock.com

オウンドメディアは長期戦、まずは運用目的から考えよう

オウンドメディアの作り方を7つのステップに分けて解説してきました。

オウンドメディアは作って終わりではなく、PDCAサイクルを回して成長させていく長期戦の施策です。長期にわたって運用する中で目指すべきゴールを見失わないように、1番最初に明確なゴールになる運用目的を決めることが、成功への条件になります。また、数値の分析を行って、課題抽出することも欠かせません。ユーザーがゴール達成するための行動を起こしてくれているのかどうかをウォッチし、違うのであれば改善をして成長させていきましょう。

今回の記事を参考に、目的にあったオウンドメディア運営をしてくださいね。

この記事のライター

長瀬 みなみ

東京生まれ便秘育ち。舞台俳優から社会人未経験で広報PRに転身し、ITベンチャー広報を経て、現在はウンログ株式会社”うん広報”。メディアリレーションをはじめ、オウンドメディア編集や自身も出演するYouTubeチャンネル「ウンTube」運営など「ファンづくり」を担う。いいうんちを増やして、世界中がお腹の中からウンと健康になるために活動しています!発酵食品が好き。

この記事に関連する記事

今注目の記事